ライセンス概要

Plesk には Web Admin、Web Pro、Web Host という 3 つのエディションがあります。それぞれのライセンスに、以下の 2 種類のプラットフォームタイプがあります。

  • VPS: Virtuozzo(コンテナおよび VM)、VMware、Xen、Hyper-V などあらゆる仮想プラットフォームで使用可能
  • 専用:VPS または専用サーバのいずれかにインストール可能

月額リースライセンスをお使いの場合に限り、エディション間でのアップグレード/ダウングレードが可能です。以下のアップグレードパスがあります。

  • Web Admin から Web Pro/Web Host
  • Web Pro から Web Host

また、アップグレードは、同じプラットフォームタイプ内でのみ可能です。たとえば、VPS ライセンスは VPS ライセンスにのみ、専用ライセンスは専用ライセンスにのみアップグレードできます。

Plesk エディションには次のような拡張が含まれています。

拡張 Web Admin Web Pro Web Host
WordPress Toolkit あり なし* なし*
Atomicorp 社の Atomic Standard ModSecurity ルールをすべて搭載したセキュリティコア あり あり あり
開発者パック あり なし* なし*

* エディションにあらかじめ含まれている拡張をこのエディション用に購入することはできません。

有料の拡張を追加した下位エディションのライセンスから、同じ拡張が標準で含まれる上位エディションにアップグレードすると、この拡張は無料に変わります。無料の拡張が含まれるライセンスから、この拡張が含まれない下位エディションに再びダウングレードすると、アドオンは有料に戻ります。

ソフトウェアアップグレードサービス(SUS)

これまで、SUS はドメインフィーチャーに含まれていました。Plesk Onyx と Obsidian では、ドメイン上限がライセンスタイプの一部となっているため、買い切りライセンス用の SUS は個別フィーチャーとして購入する必要があります(Plesk 用 1 年 SUS(買い切り))。初回購入時には SUS が必須です。

旧ライセンスとの互換性

Plesk Onyx と Obsidian は Plesk 10.x/11.x/12.x 以降のリースライセンスに対応します。

購入済みの Plesk 旧バージョンのライセンスは、SUS フィーチャーが付属していれば Plesk Onyx 以降にアップグレードできます。ライセンスのアップグレードについてはこちらをご確認ください。