提供されている製品構成

DigitalOcean では以下の Plesk 構成を使用できます。

Plesk コンポーネントセット
Plesk Web Admin Edition SE(Ubuntu 18.04) 推奨セット*(Fail2Ban、ModSecurity、Plesk ファイアウォール、**WordPress Toolkit がデフォルトでインストールされています)。また、DigitalOcean DNS 拡張はデフォルトでインストールされています。

注釈: * 推奨コンポーネント には、ウェブホスティングに必要なすべてのコンポーネント(ウェブサーバ、メールサーバ、データベースサーバなどを含む)に加え、よく使用される人気機能が含まれています。Plesk Web Admin Edition SE(Ubuntu 18.04)について詳しくは、「 Plesk Web Admin SE 」トピックを参照してください。

注釈: ** Plesk Web Admin Edition SE(Ubuntu 18.04)の WordPress Toolkit には、基本的な機能しかありません。有料の WordPress 機能を使用するには、Plesk ライセンスを Web Pro または Web Host Edition にアップグレードしてください。

DigitalOcean に Plesk をインストールする

  1. 既存の DigitalOcean アカウントにログインするか、新規アカウントを作成します

  2. [Marketplace] (左ナビゲーションバーの[DISCOVER]の下)をクリックし、[Blogs & Forums]タブを開きます。

    image-79869.png

  3. Plesk にカーソルを動かして [Create Droplet] をクリックします。

    image-79870.png

  4. 3 つのプランのいずれかを選択し、メモリ容量に注意してドロップレットを選択します。

    付属するメモリ容量に注意して、標準ドロップレットのいずれかを選択できます。

    ホストするウェブサイト数が増えると、ウェブサイトによって生成されるトラフィックが増加するため、多くのメモリ容量が必要になります。 セットアップに必要なメモリ容量を概算します

    Plesk on DigitalOcean を試す場合、最も容量の小さいドロップレット( Standard プランで 1 GB/1 vCPU )を選択すればテストには十分です。後でリソース不足になったら ドロップレットをアップグレードできます

    image-79872.png

  5. バックアップブロックストレージ を追加しなくても Plesk は機能します。これらのオプションをスキップして次のステップに進みます。

  6. データセンターのリージョンを選択します。小規模企業のウェブサイトをホスティングする予定がある場合は、近くにいる訪問者のページ読み込み時間を短縮するために、会社所在地に近いゾーンを選択することをお勧めします。

  7. ほとんどの Plesk ユーザには [Private networking][IPv6][User data][onitoring] などの追加オプションは不要です。これらをスキップして次のステップに進みます。

  8. ドロップレットへのログイン方法を選択します。

    ユーザ名 root とパスワードを使用する方法が最も簡単です。この情報は、ドロップレットを作成するとメールで届きます。この方法でログインする場合、[Add your SSH keys]ステップはスキップして次のステップに進みます。

    あるいは、SSH キーを使用してログインできます。それには、 [New SSH key] をクリックして 新しい SSH キーを追加 するか、以前に追加したキーを選択します(もしあれば)。

  9. デプロイする Plesk インスタンスの数を選択し、各インスタンスに認識可能な名前を付けます。

    image-79878.png

  10. (オプション)この段階で、Plesk インスタンスがデプロイ可能になります。複数のインスタンスをデプロイする予定がある場合、次の方法でグループにまとめられます。

    ドロップレットの作成後にいつでもドロップレットをタグ付けしたり、ドロップレット用にプロジェクトを選択したりできます。

    image-79881.png

  11. [Create] をクリックします。

Plesk インスタンのデプロイが行われます。デプロイメントが終了したら、Plesk での作業を開始できます。

Plesk への初回ログイン

root ユーザ名とパスワードを使用すると、Plesk に最も素早くログインでき、ドロップレットのコマンドラインにアクセスする必要はありません。

Plesk への初回アクセスにコマンドラインを使用しない場合:

  1. https://<your-droplet-IP>:8443 リンクを開きます。
  2. Plesk ログインページで、DigitalOcean からのメールで受け取った root ユーザ名とパスワードを指定します。
  3. Plesk 開始画面にリダイレクトされます。担当者名とメールアドレスを入力し、EULA に同意して、管理者パスワードを設定します(以降はこのパスワードで Plesk にログインします)。
  4. 終了したら、 [Plesk にログイン] をクリックして Plesk にログインします。
  5. (オプション)セキュリティを強化するために、後でコマンドラインにログインして、メールで受け取った root パスワードを変更できます。コマンドラインから自動でそのように指示されます。

あるいは、ドロップレットのコマンドラインにアクセスして Plesk に初回ログインすることもできます。

Plesk への初回アクセスにコマンドラインを使用するには:

  1. 次のいずれかを使用して、ドロップレットのコマンドラインにアクセスします。

    • SSH
    • 任意の SSH クライアント(PuTTY、iTerm2 など)
    • (root パスワードのみ)DigitalOcean コンソール
  2. root パスワードを変更します(使用する場合)。コマンドラインからそのように指示されます。

  3. 以下のコマンドを実行して、一度限りのログインリンクを生成します。

    sudo plesk login
    
  4. Plesk がログインリンクを 2 つ生成します。2 番目のログインリンク https://<public-ip-address>:8443/ にアクセスします(たとえば https://192.0.2.1:8443/login?secret=hlHH450sx%2FAlSJHj1VWJC2qKxK6gqVxtsMkYG6bf6wc%3D )。

  5. Plesk 開始画面にリダイレクトされます。担当者名とメールアドレスを入力し、EULA に同意して、管理者パスワードを設定します(以降はこのパスワードで Plesk にログインします)。

  6. 終了したら、 [Plesk にログイン] をクリックして Plesk にログインします。

注釈: デプロイ中の Plesk インスタンスにログインすると、メンテナンス画面が表示されます。デプロイメントが終了すると、メンテナンス画面が消え、Plesk の使用を開始できるようになります。

image-79882.png

フローティング IP アドレスを割り当てる

ドロップレットを作成したら、DigitalOcean によって静的パブリック IP アドレスが自動的に割り当てられます。この IP アドレスは、ウェブサイトのステージングや Plesk のテストには十分です。ドロップレットを再起動したり、オン/オフを切り替えたり、再構築したりできます。ドロップレットを破棄した場合にのみ、静的 IP アドレスが失われます。

ただし、本番ウェブサイトのホスティングでは、ドロップレットに ローティング IP アドレス を使用して、 ドロップレットのバックアップをとる ことをお勧めします。  静的 IP アドレスと違い、フローティング IP アドレスはドロップレット間を移動できます。

ドロップレットが壊れたり誤って破棄したりすると、ドロップレットを修復または新規作成するまでウェブサイトを利用できなくなります。こうしたダウンタイムを回避する最も簡単な方法は、フローティング IP アドレスをバックアップドロップレットに移す方法です。これにより、DNS 設定を変更する必要なくウェブサイトをすぐに回復できます。

メール送信での問題

Plesk からメールを送信できない場合、TCP ポート 25 番がブロックされていないか確認してください。ブロックされている場合は DigitalOcean サポートまでお問い合わせください