アクシデントや悪意ある攻撃に対する対策として、ウェブサイトコンテンツのバックアップコピーを保持しておくことをお勧めします。Plesk でバックアップコピーを作成するには、バックアップおよび復元機能を使用します。この機能で、構成およびコンテンツ(ウェブサイトコンテンツ、メールアカウント、データベースなど)のバックアップを作成でき、必要な場合にはデータを復元できます。さらに、Plesk で作成したバックアップファイルのダウンロードや、バックアップファイルのアップロードができます。旧バージョンの Plesk で作成したバックアップファイルであってもアップロード可能です。作成したバックアップは、ローカルに保存することもリモート FTP ストレージに保存することもできます。

アカウントとウェブサイトをバックアップする

自分のアカウントとすべての契約に関連するすべてのデータをバックアップするには、 [アカウント]> [マイ・アカウントとウェブサイトのバックアップ] を選択します。

image-77094.png

現在選択している契約に関連するウェブサイトをバックアップするには、 [アカウント]> [ウェブサイトのバックアップ] に進みます。

image-77095.png

次に、 [バックアップ] をクリックして、新規バックアップを作成します。

image-77096.png

バックアップを復元する

Plesk Onyx までのバージョンで作成したバックアップを復元できます。ただし、Plesk 8.6 より古い場合は復元できません。以下の復元オプションがあります。

  • Plesk 11.5 以前のバージョンでバックアップを復元するか、Plesk 11.5 以前のバージョンで作成したバックアップを復元する。バックアップファイル内のすべてのオブジェクトが復元されます。同じ名前のオブジェクトがサーバに存在する場合は、既存のオブジェクトが上書きされます。たとえば、ドメインコンテンツを含む example.com ドメインのバックアップファイルを復元する場合、サーバ上に example.com ドメインのコンテンツがもしあれば、バックアップファイルに含まれるデータによって上書きされます。
  • Plesk 12.0 以降のバージョンでバックアップを復元するか、Plesk 12.0 以降のバージョンで作成したバックアップを復元する。バックアップファイル内のどのオブジェクトを復元するか選択することができます。特定のサイト、ファイル、データベースなどを選んで復元できます。これにより、復元したいオブジェクトだけを復元でき、他のオブジェクトは上書きされません。たとえば、ドメイン example.com の DNS ゾーンだけを復元したい場合、他のドメインの構成はどれも復元する必要がありません。

バックアップファイルを復元するには、 [アカウント]> [ウェブサイトのバックアップ] または [ウェブサイトとドメイン]> [バックアップマネージャ] に進みます。次に、必要なバックアップをクリックし、復元するオブジェクトを指定して、 [復元] をクリックします。

image-77097.png