IIS アプリケーションプールには、サイトにインストールされたすべてのウェブアプリケーションが含まれます。サービスプロバイダによりサイトに専用 IIS アプリケーションプールが付与されている場合、自分のドメインで使用するウェブアプリケーションを、同じサーバ上でウェブサイトをホスティングしている別のホスティングユーザが使用しているウェブアプリケーションから分離することができます。各アプリケーションプールは独立して動作するため、あるアプリケーションプールでエラーが発生しても、別のアプリケーションプールで動作しているアプリケーションには影響がありません。

一度アプリケーションプールを有効にすると、ドメイン上のすべてのウェブアプリケーションで使用されます。

ウェブサイト用の専用 IIS アプリケーションプールをスイッチオンするには:

  1. [ウェブサイトとドメイン] > [ウェブサイト用の専用 IIS アプリケーションプール]に進みます。
  2. [スイッチオン]をクリックします。
  3. IIS アプリケーションプールへのサービス要求が許可される最大ワーカープロセス数、およびワーカープロセスがアイドルになりシャットダウンするまでの時間(分)を指定します。
  4. IIS アプリケーションプールで使用できる CPU リソース量を制限するには、[無制限]チェックボックスをオフにして[最大 CPU 使用率(%)]フィールドに数値(パーセント)を指定し、設定された最大 CPU 使用率をワーカープロセスが超過したときに IIS が実行する処理を選択し、アプリケーションプールでの CPU 使用率監視のリセット周期を指定します。前回のリセットから一定期間(分単位)が経過すると、IIS はロギングおよびリミット間隔用の CPU タイマーをリセットします。
  5. IIS アプリケーションプールを定期的にリサイクルするため、あるいはアプリケーションのクラッシュ、ハング、メモリリークを生じさせる不安定な状態を回避するために、経過時間またはリソース消費量に基づいて必要なリサイクルオプションを選択します。
  6. [OK]をクリックします。

アプリケーションプールで稼働しているアプリケーションをすべて停止するには:

  1. [ウェブサイトとドメイン] > [ウェブサイト用の専用 IIS アプリケーションプール]に進みます。
  2. [停止]をクリックします。

アプリケーションプール内のアプリケーションをすべて起動するには:

  1. [ウェブサイトとドメイン] > [ウェブサイト用の専用 IIS アプリケーションプール]に進みます。
  2. [開始]をクリックします。

デフォルトで、IIS アプリケーションプールは 64 ビットモードで機能します。特定のバージョンが古いアプリケーションを実行するには、32 ビットモードを有効にする必要がある場合があります。

アプリケーションを 32 ビットモードで実行するために IIS を有効にするには:

  1. [ウェブサイトとドメイン] > [ウェブサイト用の専用 IIS アプリケーションプール]に進みます。
  2. [32 ビットアプリケーションを有効にする]チェックボックスをオンにして[OK]をクリックします。

既知のメモリリークがあるか、長期的な使用により状態が不安定になったアプリケーションを実行している場合は、アプリケーションを再起動した方がよい場合があります。

アプリケーションプールで実行中のアプリケーションをすべて再起動するには:

  1. [ウェブサイトとドメイン] > [ウェブサイト用の専用 IIS アプリケーションプール]に進みます。
  2. [リサイクル]をクリックします。

ウェブサイト用の専用 IIS アプリケーションプールをオフにするには:

  1. [ウェブサイトとドメイン] > [ウェブサイト用の専用 IIS アプリケーションプール]に進みます。
  2. [オフにする]をクリックします。