(Plesk for Linux)パッシブ FTP モードを構成する

デフォルトで、Plesk はアクティブ FTP 接続のみ許可します。この結果、顧客がサーバに FTP 経由で接続できなくなる可能性があります。これを回避するために、パッシブ FTP を有効にすることをお勧めします。このトピックでは、Plesk for Linux でパッシブ FTP モードを有効にする方法を説明します。

Plesk for Linux でパッシブ FTP モードを有効にするには:

  1. SSH 経由で root ユーザとしてサーバにログインします。
  2. /etc/proftpd.d/55-passive-ports.conf ファイルを作成し、以下の行を追加して、変更を保存します。

    <Global>

    PassivePorts 49152 65535

    </Global>

  3. 以下のコマンドを実行します。

    systemctl restart xinetd

これで Plesk サーバがパッシブ FTP 接続を受け付けるようになります。Plesk ファイアウォールをインストール済みで、そのデフォルト構成をオンにした場合、パッシブ FTP を許可するファイアウォールルールを追加する必要があります。

  • 一致方向:着信
  • アクション:許可
  • ポート:TCP 49152-65535
  • ソース:(あらゆるホスト)

    4