dist-upgrade のサポート

Plesk 12.5 から、Plesk サーバで OS のアップグレードが可能になりました。以下の dist-upgrade アップグレードパスがサポートされています。

  • Debian 6 から Debian 7
  • Debian 7 から Debian 8
  • Ubuntu 12.04 から Ubuntu 14.04
  • Ubuntu 14.04 から Ubuntu 16.04(Plesk Onyx のみで可能)

注:現在、Ubuntu も Plesk も、Ubuntu 16.04 から Ubuntu 18.04 以降への dist-upgrade をサポートしていません。

dist-upgrade は単純なプロセスではありません。実行するには、システム管理に関する十分な経験があり、システムとコンポーネントについて理解している必要があります。

これまで dist-upgrade を実行したことがない場合は、まず以下を行うことをお勧めします。

  1. テストサーバ上または仮想マシン内に以前のバージョンの OS をインストールします。OS ベンダーが提供するドキュメントの指示に従い、アップグレードを行います。
    • Debian 6 から Debian 7
    • Debian 7 から Debian 8

      注:Debian の dist-upgrade ドキュメントによると、Debian 7 から Debian 8 へのアップグレード時に aptitude を使用することは推奨されません。Ubuntu で推奨される dist-upgrade の実行方法は、do-release-upgrade ツールを使用する方法です。

    • Ubuntu 12 から Ubuntu 14 - テストサーバ上でプロセスを繰り返します。ただし、OS ベンダーのドキュメントとこの記事の手順に従って Plesk 12.5 をインストールした状態で行います。
  2. 潜在的な問題をすべて解決し、Plesk がアップグレード後に正しく機能していることを確認します。必ずこのことを確認した後で、本番サーバでアップグレードを行ってください。

Ubuntu 14 から Ubuntu 16(Ubuntu 16 は Plesk 12.5 ではサポート対象外)

Ubuntu 14 から Ubuntu 16 へのアップグレード中に、OS ベンダーから提供された PHP 5.x が PHP 7.x にアップグレードされます。そのため、PHP の互換性に関する問題を回避するために、アップグレード前に、OS ベンダーから提供された PHP ハンドラ 5x を使用するすべてのサイトで適切なカスタム PHP ハンドラに切り替えることをお勧めします。詳しくは、KB 記事KB #213382129KB #213933525 を参照してください。

注:大部分の APS アプリケーションは PHP 7.x では機能しません。

Ubuntu 14 から Ubuntu 16 への dist-upgrade を実行する

Ubuntu 14 から Ubuntu 16 への dist-upgrade を実行するには:

  1. 以下のスクリプトを実行し、ウィザードに従います。

    # /opt/psa/bin/distupgrade.helper.ubt14-ubt16.x64.sh

    このスクリプトは、すべての作業を /var/log/plesk/install/plesk-distupgrade.log に記録します。

  2. スクリプトの実行中に、サーバを再起動するよう要求されます。サーバを再起動します。
  3. サーバの再起動後に、スクリプトをもう一度実行します。
Debian 6、7 および Ubuntu 12 からの dist-upgrade を実行する

サーバをアップグレード用に準備する:

  1. サーバのフルバックアップを作成します。アップグレードを開始する前に、サーバのフルバックアップを作成します。また、1 〜 3 時間のダウンタイムが予定されていることを顧客に伝達します。
  2. 前回の dist-upgrade 後に残されていた可能性があるソースリストのバックアップファイルを削除することを検討します。

    /etc/apt/sources.list.saved_by_plesk_distupgrade

    /etc/apt/sources.list.d/50sw_autoinstaller.list.saved_by_plesk_distupgrade

  3. アップグレード前のヘルパースクリプト(この場合、Debian 7 から Debian 8 への dist-upgrade)を実行し、Plesk とシステムをアップグレード用に準備します。

    # /opt/psa/bin/distupgrade.helper.deb7-deb8_pre.x64.sh

    このスクリプトは、すべての作業を /var/log/plesk/install/plesk-distupgrade.log に記録します。

  4. OS アップグレード中の systemd への切り替えを無効にします。/etc/apt/preferences.d/local-pin-init ファイルを作成し、以下の内容にします。
# cat /etc/apt/preferences.d/local-pin-init
Package: systemd-sysv
Pin: release o=Debian
Pin-Priority: -1

dist-upgrade を実行する

  1. システムパッケージに関する情報を更新します。

    # apt-get update

  2. システムをアップグレードします。
    • Debian の場合:

      # apt-get dist-upgrade

    • Ubuntu の場合:

      # do-release-upgrade

    このコマンドは、システムの完全なアップグレードを実行し、すべてのパッケージの最新バージョンをインストールし、異なるリリースのパッケージ間で考えられる依存関係の変更を解決します。

    アップグレード中、以下のようなプロンプトが表示される可能性があります。

Configuration file `/etc/mysql/my.cnf'
==> Modified (by you or by a script) since installation.
==> Package distributor has shipped an updated version.
What would you like to do about it ? Your options are:
Y or I : install the package maintainer's version
N or O : keep your currently-installed version
D : show the differences between the versions
Z : start a shell to examine the situation
The default action is to keep your current version.
*** my.cnf (Y/I/N/O/D/Z) [default=N] ?

Y を選択し、構成ファイルを新しいものに置き換えることを選びます。

アップグレードを終了する

  1. アップグレード後のヘルパースクリプトを実行します。

    # /opt/psa/bin/distupgrade.helper.deb7-deb8_post.x64.sh

    このスクリプトは、すべての作業を /var/log/plesk/install/plesk-distupgrade.log に記録します。

  2. /etc/apt/preferences.d/local-pin-init ファイルを削除し、systemd-sysv パッケージをインストールします。

    # rm -f /etc/apt/preferences.d/local-pin-init

    # apt-get install systemd-sysv

  3. サーバを再起動します。
  4. Plesk とそのすべてのサービスが機能していることを確認します。
 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.