アップデート/アップグレードの取得元を変更する

デフォルトで、Plesk および OS のアップデートとアップグレードは、公式アップデートサーバ(https://autoinstall.plesk.com)からダウンロードされます。

ネットワーク内のその他の場所から Plesk アップデートを入手するには:

  1. [ツールと設定]>[アップデートとアップグレード]にアクセスします。アップデータが新しいブラウザウィンドウまたはタブで開きます。
  2. 設定だけ変更したい場合は、アップデートのダウンロードが開始されたら[キャンセル]をクリックします。
  3. [アップデートソースおよびインストール設定]をクリックして、アップデートパッケージのソースを指定します。
    • デフォルトでは、公式 Plesk アップデートサーバが選択されています。インストールファイルの保存場所を指定します。初期設定では、インストールファイルはすべて /root/parallels ディレクトリに格納されます。
    • ミラーサーバを選択する場合、[.inf3 ファイルのあるディレクトリの URL].inf3 ファイルの場所を指定してください。インストールファイルの保存場所を指定します。初期設定では、インストールファイルはすべて /root/parallels ディレクトリに格納されます。
    • ローカルメディアを選択した場合は、[.inf3 ファイルの絶対パス]フィールドに .inf3 ファイルの場所を指定します。
  4. プロキシサーバを使用している場合は、[プロキシを使用して接続]チェックボックスをオンにして以下の設定を指定します。
    • [プロキシアドレス]および[ポート]フィールドに、プロキシホスト名およびポート番号を指定します。
    • このプロキシサーバで認証が必要な場合、[認証が必要]チェックボックスをオンにして、ユーザ名とパスワードを指定します。
  5. [保存]をクリックして設定を保存します。

    updates_source