rake ユーティリティを使用して、さまざまなメンテナンス作業を実行できます(詳しくは、 http://docs.seattlerb.org/rake/ を参照してください)。たとえば、データベース構造の作成や、データベースへのテストデータの入力といった Rake タスクがあります。

この機能は、アプリケーションに Rakefile が含まれている場合に使用できます。ここに、使用可能な Rake タスクが記述されています(詳しくは、『 Rakefile format 』ドキュメントを参照してください)。Gemfile に ‘rake’ gem をリストすることが推奨されます。

[ウェブサイトとドメイン] に移動して、  [Ruby] をクリックします。gem のインストール後、  [rake タスクを実行] をクリックして、Rake タスクの実行を試みることができます。表示されたダイアログにパラメータをいくつか入力して、 [OK] をクリックします。これは、コマンドラインで rake ユーティリティにパラメータを指定して実行するのと同じです。

たとえば、使用可能なタスクをリストに表示するには、 -T を入力して [OK] をクリックします(これは、 rake -T コマンドを実行するのと同じです)。

image-77355.png

特定のタスク( about など)を実行するには、タスク名をパラメータとして使用します(これは、 rake about コマンドを実行するのと同じです)。

image-77356.png

その他の Rake コマンドの例:

  • デフォルトタスクを実行するには、パラメータなしで rake ユーティリティを実行: rake
  • 環境変数付きでタスクを実行するには、タスク名の前に [変数=値] の形式で変数の値を指定: rake RAILS_ENV=production SECRET_KEY_BASE=my-secret-key about
  • パラメータ付きでタスクを実行するには、パラメータの値を括弧内に指定: rake assets:clean[1]
  • 使用可能な rake オプションをリストに表示するには、 -h オプションを使用: rake -h