Rake タスクを実行する

rake ユーティリティを使用して、さまざまなメンテナンス作業を実行できます(詳しくは、http://docs.seattlerb.org/rake/ を参照してください)。たとえば、データベース構造の作成や、データベースへのテストデータの入力といった Rake タスクがあります。

この機能は、アプリケーションに Rakefile が含まれている場合に使用できます。ここに、使用可能な Rake タスクが記述されています(詳しくは、『 Rakefile format』ドキュメントを参照してください)。Gemfile に ‘rake’ gem をリストすることが推奨されます。

[ウェブサイトとドメイン]に移動して、 [Ruby]をクリックします。gem のインストール後、 [rake タスクを実行]をクリックして、Rake タスクの実行を試みることができます。表示されたダイアログにパラメータをいくつか入力して、[OK]をクリックします。これは、コマンドラインで rake ユーティリティにパラメータを指定して実行するのと同じです。

たとえば、使用可能なタスクをリストに表示するには、-T を入力して[OK]をクリックします(これは、rake -T コマンドを実行するのと同じです)。

特定のタスク(about など)を実行するには、タスク名をパラメータとして使用します(これは、rake about コマンドを実行するのと同じです)。

その他の Rake コマンドの例:

  • デフォルトタスクを実行するには、パラメータなしで rake ユーティリティを実行:rake
  • 環境変数付きでタスクを実行するには、タスク名の前に [変数=値] の形式で変数の値を指定:rake RAILS_ENV=production SECRET_KEY_BASE=my-secret-key about
  • パラメータ付きでタスクを実行するには、パラメータの値を括弧内に指定:rake assets:clean[1]
  • 使用可能な rake オプションをリストに表示するには、-h オプションを使用:rake -h
 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.