WordPress Toolkit

WordPress Toolkit is a single management interface that enables you to easily install, configure, and manage WordPress. It is available if the WordPress Toolkit extension is installed in Plesk.

Note: The WordPress Toolkit extension is commercial. It is included into the Web Pro and the Web Host Plesk editions by default, and is available as premium extension in the Web Admin edition.

Installing WordPress

To install a new WordPress instance, go to Websites & Domains > WordPress and click Install. The following installation options are available:

  • For an express installation, click Install (Quick). The latest version of WordPress will be installed, and the default settings will be used.
  • If you want to change the default installation settings, click Install (Custom). This enables you to set up the administrator user, select the desired WordPress version, specify the database name, select autoupdate settings, and more.

    WP_install

Note: Installation of WordPress via the WordPress Toolkit is performed from the wordpress.org site.

The installation path of the installed WordPress site has the https prefix by default.

To view the list of all installations attached to the WordPress Toolkit, go to Websites & DomainsWordPress.

WP_list_of_installations

Adding existing WordPress Installations to WordPress Toolkit

All WordPress installations added using the WordPress Toolkit or through the Applications page appear in the WordPress Toolkit automatically; those installed manually need to be attached to the WordPress Toolkit. If you have upgraded from an earlier version of Plesk and you used WordPress, we recommend you to attach all existing WordPress installations to the WordPress Toolkit. To attach WordPress installations to the WordPress Toolkit, go to Websites & DomainsWordPress and click Scan. Note that if you install new copies of WordPress manually after the scan, these WordPress installations will not be attached to the WordPress Toolkit.

To detach a WordPress installation from the WordPress Toolkit, go to Websites & DomainsWordPress, click the WordPress installation name, and then click Detach. Note that a detached WordPress installation will be attached to the WordPress Toolkit again after you perform a new scan for WordPress installations.

You can completely remove any installation, no matter how it was installed: using the WordPress Toolkit, through the Applications page, or manually. To remove a WordPress installation from the WordPress Toolkit, go to Websites & DomainsWordPress, click the WordPress installation name, and then click Remove.

Importing WordPress Installations

You can use the "Web Site Migration" feature to migrate WordPress websites owned by you but hosted elsewhere to Plesk. When you migrate a WordPress website, Plesk copies all its files and the database to your server. Once a website has been migrated, you can manage it using WordPress Toolkit.

To migrate an existing WordPress website, go to Websites & Domains > WordPress, click Import, and then follow the instructions here.

Managing WordPress Installations

To manage settings of a WordPress installation, go to Websites & Domains > WordPress and click the name of the WordPress installation.

WP_overview

On the opened page, you can do the following:

  • Change the database user name, the administrator's email, the site name, or the interface language for a WordPress installation, by clicking Preferences.
  • Log in to a WordPress installation as an administrator, by clicking Log in to Admin Dashboard.
  • Change the administrator's access credentials, by clicking change password. In the opened Access credentials dialog, you can specify the password for the administrator account of the WordPress installation - it will be used to log in to WordPress from Plesk. If there is more than a single administrator account created for the WordPress installation, select the one that will be used for logging in to WordPress from the list. If you do not remember the password for the administrator account, you can reset it here.
  • If you have changed any settings directly in WordPress, click Refresh to re-read the installation data and display these changes in the WordPress Toolkit user interface.
  • To open WordPress site in a browser, click Open Site.
  • To manage the site files in the File Manager, click Manage Files. The folder where the WordPress is installed will be opened.

    Note: Files cannot be managed if the subscription is suspended.

  • View the current security status of the WordPress installation in the Security section. Click change to view and edit the security settings. For more information, refer to Securing WordPress.
  • Check if updates for WordPress and installed themes and plugins are available and set automatic updates in the Updates section. For more information, refer to Updating WordPress Installations.
  • Manage the database associated with the WordPress installation and change database user name in the Database section.
  • Manage WordPress plugins and themes. For more information, refer to Managing Plugins and Managing Themes.
  • Clone the WordPress installation (for details, refer to Cloning a WordPress site).
  • Synchronize WordPress data with another installation (for details, refer to Synchronization of WordPress Sites).
  • Back up the WordPress installation by clicking Back Up / Restore. The Backup Manager will be opened.
  • If your website is not ready for public viewing yet, deactivate the Search engine indexing option to make sure that search engines do not show your website in the search results. Deactivation of this option enables the "Discourage search engines from indexing this site" option in WordPress, which in turn adds the "noindex, nofollow" tags to your website's header and adds the Disallow directive into the virtual robots.txt file.
  • If you are installing WordPress for testing or development, enable the Debugging option. This will allow you to manage the native WordPress debugging tools in the opened Debug Settings dialog. You can select the following debug options:
    • WP_DEBUG - enable the main debug mode in WordPress. When this option is selected, you can select the following options:
      • WP_DEBUG_LOG - save all errors to the debug.log file inside the wp-content directory.
      • WP_DEBUG_DISPLAY - show debug messages inside HTML pages.
    • SCRIPT_DEBUG - force WordPress to use non-minified versions of core CSS and JavaScript files. This is useful when you are testing changes in these files.
    • SAVEQUERIES - save the database queries to an array that can be displayed to help analyze those queries. Note that this will have a noticeable performance impact on your site, so it is not recommended to leave this option enabled if you are not debugging.

    More information on the debug options can be found here. Debugging is shown as enabled if at least one debugging option is selected.

このセクションの内容:

Updating WordPress Installations

プラグインを管理する

テーマを管理する

WordPress のセキュリティを強化する

WordPress サイトを複製する

Synchronization of WordPress Sites

 

Updating WordPress Installations

You can update your WordPress installations manually or automatically.

You can use different update settings depending on a situation. For example:

  • You maintain a publicly available (production) website you want to keep secure, but you are concerned that applying updates automatically may negatively affect it in some way. In this case, you can configure WordPress Toolkit to only install security updates automatically.
  • You maintain a non-public (staging) version of a WordPress site you want to keep up-to-date to ensure that, should an update break something, it happens on the staging installation and not on the production website. In this case, you can configure WordPress Toolkit to install all updates automatically.

Note: To ensure the security of your site, we recommend you to keep your WordPress instances up-to-date by switching the automatic updates on.

WordPress Toolkit uses WP-CLI for updating instances and sending you notifications.

To check if updates for WordPress and installed themes and plugins are available:

Go to Websites & DomainsWordPress and click Check for Updates.

To update one or more WordPress installations:

Go to Websites & Domains > WordPress, select the checkboxes corresponding to the WordPress installations you want to update, and click Update.

To set up automatic updates for one or more WordPress instances:

Go to Websites & DomainsWordPress, click Auto-Update, select the WordPress instances for which you want to set up automatic updates, and click one of the buttons:

  • Off (not recommended) - Install no updates. This option is the least secure of the three.
  • Minor - Install minor (security) updates only (for example, install 4.7.1, but not 4.8). This option is used by default and should not disrupt the correct operation of plugins.
  • Major & Minor - Install all (minor and major) updates (for example, to install 4.7.1 and 4.8). Please note that installing major updates may affect the operation of WordPress plugins.

    WP_autoupdate_buttons

To edit automatic updates settings of a particular WordPress instance:

Go to Websites & DomainsWordPress, click the name of the WordPress instance, and click change near Automatic updates. On the opened page, select one of the options:

  • Do not install updates automatically (not recommended)- Install no updates. This option is the least secure of the three.
  • Automatically install only minor (security) updates - Install minor (security) updates only (for example, install 4.7.1, but not 4.8). This option is used by default and should not disrupt the correct operation of plugins.
  • Automatically install all (minor and major) updates - Install all (minor and major) updates (for example, to install 4.7.1 and 4.8). Please note that installing major updates may affect the operation of WordPress plugins.

    WP_autoupdate

Auto-Update settings after upgrading WordPress Toolkit

When you upgrade the WordPress Toolkit extension to version 2.0 from an earlier version, the value of the Automatic Updates option will depend on two factors:

  • The previously configured value of the corresponding option in WordPress Toolkit.
  • The value of the WordPress constant WP_AUTO_UPDATE_CORE defined in the wp-config.php file (find more information here). The below table describes this dependence.
WP_AUTO_UPDATE_CORE before upgrade Automatic Updates option in WordPress Toolkit before upgrade Automatic Updates option in WordPress Toolkit after upgrade

None

Off

Minor

None

On

Major & Minor

Minor

Off

Minor

True

Off

Major & Minor

False

Off

None

True, Minor, False

On

Major & Minor

Important: Do NOT change the value of the WP_AUTO_UPDATE_CORE constant manually because this value will not be synchronized with the corresponding WordPress Toolkit settings.

 

プラグインを管理する

WordPress プラグインとは、WordPress に新機能を追加するサードパーティ製ソフトウェアです(詳しくは、https://wordpress.org/plugins/ を参照してください)。WordPress Toolkit を使用して、1 つ以上の WordPress インスタンスにプラグインをインストールできます。

プラグインをインストールまたは削除する

1 つ以上の WordPress インスタンスにプラグインをインストールするには、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress]>[プラグイン]タブで[インストール]を選択します。

WP_plugins

インストールしたいプラグインの名前を入力し、Icon_search をクリックして検索します。検索が完了したら、必要なプラグインをリストから探し、対応するチェックボックスをオンにします。現在選択されている契約上のすべての WordPress インスタンスにプラグインをインストールするか、プラグインをインストールする WordPress インスタンスを選択することができます。選択したプラグインは、選択したすべての WordPress インスタンスにインストールされます。デフォルトで、新たにインストールされたプラグインは即時にアクティブ化されます。これを回避するには、[インストール後にアクティブ化]チェックボックスをクリアします。

注:プラグインを検索してチェックボックスをオンにしてから、そのプラグインをインストールせずに新たに検索を実行すると、最初の検索結果は失われてしまいます。このため、プラグインは一度に 1 つずつインストールすることをお勧めします。

WP_install_plugin

1 つ以上の WordPress インスタンスからプラグインを削除するには、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress]に進みます。プラグインを削除したい WordPress インスタンスの名前の横のチェックボックスをオンにして、[プラグイン]をクリックします。プラグインの横の trashcan アイコンをクリックして、選択した WordPress インスタンスからこのプラグインを削除します。

また、契約のすべての WordPress インスタンスから 1 つ以上のプラグインを削除することもできます。これには、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress]>[プラグイン]タブで、削除したいプラグイン名の横のチェックボックスをオンにして、[アンインストール]をクリックします。

プラグインをアクティブ化/非アクティブ化する

1 つ以上の WordPress インスタンス上の 1 つ以上のプラグインをアクティブ化/非アクティブ化するには、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress]に進み、プラグインのアクティブ化/非アクティブ化を行う WordPress インスタンス名の横のチェックボックスをオンにして、[プラグイン]をクリックします。選択された WordPress の少なくとも 1 つにインストールされているすべてのプラグインが、そのアクティベーションステータスと共にリストに表示されます。プラグインごとに、選択したすべての WordPress でアクティブ化または非アクティブ化するか、あるいはプラグインのアクティブ化ステータスを変更しないかを選ぶことができます。

また、ある契約に属するすべての WordPress インスタンスに対し、1 つ以上のプラグインをアクティブ化/非アクティブ化することもできます。これには、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress]>[プラグイン]タブで、アクティブ化/非アクティブ化したいプラグイン名の横のチェックボックスをオンにして、[アクティブ化]または[非アクティブ化]をクリックします。

プラグインを更新する

1 つ以上のプラグインを更新するには、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress]>[プラグイン]タブで、更新したいプラグイン名の横のチェックボックスをオンにして、[更新]をクリックします。

 

テーマを管理する

WordPress テーマとは、サイトが表示されるスタイルに変更を加えるファイルを集めたものです(詳しくは、https://codex.wordpress.org/Using_Themes を参照してください)。WordPress Toolkit を使用して、1 つ以上の WordPress インスタンスにテーマをインストールできます。

テーマをインストールまたは削除する

1 つ以上の WordPress インスタンスにテーマをインストールするには、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress]>[テーマ]タブで[インストール]を選択します。

WP_themes

インストールしたいテーマの名前を入力し、looking_glass をクリックして検索します。検索が完了したら、必要なテーマをリストから探して、チェックボックスをオンにします。選択されている契約上のすべての WordPress インスタンスにテーマをインストールするか、テーマをインストールする WordPress インスタンスを選択することができます。

注:テーマを検索してチェックボックスをオンにしてから、そのテーマをインストールせずに新たに検索を実行すると、最初の検索結果は失われてしまいます。そのため、テーマは一度に 1 つずつインストールすることをお勧めします。

WP_install_theme

1 つ以上の WordPress インスタンスからテーマを削除するには、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress]に進みます。テーマを削除したい WordPress インスタンスの名前の横のチェックボックスをオンにして、[テーマ]をクリックします。テーマの横の trashcan アイコンをクリックして、選択した WordPress インスタンスからこのプラグインを削除します。

また、契約のすべての WordPress インスタンスから 1 つ以上のテーマを削除することもできます。これには、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress]>[テーマ]タブで、削除したいテーマ名の横のチェックボックスをオンにして、[アンインストール]をクリックします。ある WordPress で現在アクティブになっているテーマは、この WordPress インスタンスから削除できません。WordPress インスタンスから特定のテーマを削除するには、まず他のテーマを 1 つアクティブ化します。

テーマをアクティブ化/非アクティブ化する

1 つ以上の WordPress インスタンスでテーマをアクティブ化するには、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress]に進み、テーマをアクティブ化したい WordPress インスタンスの名前の横のチェックボックスをオンにして、[テーマ]をクリックします。選択された WordPress の 1 つ以上にインストールされているテーマがアクティベーションステータスと共にリストに表示されます。テーマを選び、それがインストールされているすべての WordPress でアクティブ化することができます。

契約に属するすべての WordPress インスタンスでテーマをアクティブ化/非アクティブ化することもできます。これには、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress]>[テーマ]タブで、アクティブ化したいテーマの横の[アクティブ化]をクリックします。

テーマを更新する

1 つ以上のテーマを更新するには、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress]>[テーマ]タブで、更新したいテーマ名の横のチェックボックスをオンにして、[更新]をクリックします。

 

WordPress のセキュリティを強化する

WordPress インスタンスのセキュリティステータスを表示し、セキュリティ設定を変更できます。

WordPress インスタンスのセキュリティステータスは、[ウェブサイトとドメイン]>[WordPress][S]列に表示されます。

WordPress インスタンスのセキュリティをチェックして強化するには:

  1. [ウェブサイトとドメイン]> [WordPress]に進みます。
  2. 以下のいずれかを実行します。
    • すべての WordPress インスタンスのセキュリティをチェックするには、[セキュリティチェック]をクリックします。
    • 単一の WordPress インスタンスのセキュリティを強化するには、WordPress の名前の横の[S]列にあるアイコンをクリックします。
    • 2 つ以上の WordPress のセキュリティを強化するには、対象の WordPress のチェックボックスをオンにして、[セキュリティチェック]をクリックします。
  3. 適用したいセキュリティ強化項目のチェックボックスをオンにして、[セキュリティ強化]をクリックします。

    WP_check_security

注意:ロールバックできないセキュリティ強化項目もあるため、WordPress のセキュリティ強化を実行する前に、該当する契約のバックアップをとることをお勧めします。

WordPress セキュリティ強化項目の説明
  • wp-content フォルダ:wp-content ディレクトリには、安全ではない PHP ファイルが格納されている可能性があり、サイトに被害を与える恐れがあります。WordPress のインストール後、wp-content ディレクトリから PHP ファイルを実行できるようになります。このセキュリティチェックでは、wp-content ディレクトリでの PHP ファイルの実行が禁止されているかどうかを検証します。.htaccess または web.config ファイル内のカスタムディレクティブにより、このセキュリティ強化がオーバーライドされる可能性があります。また、wp-content フォルダを保護すると、一部のプラグインの機能が停止する場合があります。
  • wp-includes フォルダ:wp-includes ディレクトリには、安全ではない PHP ファイルが格納されている可能性があり、サイトに被害を与える恐れがあります。WordPress のインストール後、wp-includes ディレクトリから PHP ファイルを実行できるようになります。このセキュリティチェックでは、wp-includes ディレクトリディレクトリでの PHP ファイルの実行が禁止されているかどうかを検証します。.htaccess または web.config ファイル内のカスタムディレクティブにより、このセキュリティ強化がオーバーライドされる可能性があります。また、wp-includes フォルダを保護すると、一部のプラグインの機能が停止する場合があります。
  • 構成ファイル:wp-config.php ファイルには、データベースアクセス用のクレデンシャルやその他の機密情報が格納されます。WordPress のインストール後、wp-config.php ファイルが実行可能になります。何らかの理由で、ウェブサーバによる PHP ファイルの処理がオフに変わると、ハッカーが wp-config.php ファイル内のコンテンツにアクセスできるようになります。このセキュリティチェックでは、wp-config.php ファイルへの許可されないアクセスがブロックされるかどうかを検証します。.htaccess または web.config ファイル内のカスタムディレクティブにより、このセキュリティ強化がオーバーライドされる可能性があります。
  • ディレクトリブラウジングのパーミッション:ディレクトリブラウジングが有効になっていると、ハッカーがサイトの情報(使用されているプラグインなど)を取得できるようになります。デフォルトで、Plesk ではディレクトリブラウジングがオフになっています。このセキュリティチェックでは、WordPress インスタンスでディレクトリブラウジングがオフになっているかどうかを検証します。
  • データベースプレフィックス:WordPress のデータベーステーブル名は、すべての WordPress インスタンスで同じです。データベーステーブル名のプレフィックスとして標準の「wp_」が使用されている場合、WordPress データベース全体が秘密ではなくなり、誰でもデータを取得できるようになります。このセキュリティチェックでは、データベーステーブル名のプレフィックスが「wp_」以外のものに変更されます。メンテナンスモードがオンになり、すべてのプラグインが非アクティブ化され、構成ファイルでプレフィックスが変更され、データベースでプレフィックスが変更され、プラグインが再アクティブ化され、パーマリンク構造が更新された後で、メンテナンスモードがオフになります。
  • セキュリティキー:WordPress では、ユーザの Cookie に保存される情報の暗号化に、セキュリティキー(AUTH_KEYSECURE_AUTH_KEYLOGGED_IN_KEYNONCE_KEY)が使用されます。セキュリティキーは、長さ 60 文字以上で、ランダムかつ複雑である必要があります。このセキュリティチェックでは、セキュリティキーがセットアップされており、少なくともアルファベットと数字の両方が含まれていることを検証します。
  • ファイルとディレクトリのパーミッション:ファイルやディレクトリのパーミッションがセキュリティポリシーを遵守していない場合、これらのファイルやディレクトリがサイトへのハッキングに悪用されてしまう恐れがあります。WordPress のインストール後、ファイルとディレクトリにさまざまなパーミッションが付与されます。このセキュリティチェックでは、wp-config.php ファイルのパーミッションが 600 に、その他のファイルのパーミッションが 644 に、ディレクトリのパーミッションが 755 に設定されていることを検証します。
  • 管理者のユーザ名:WordPress のコピーをインストールすると、管理者権限を持つユーザの名前がデフォルトで admin になります。WordPress ではユーザ名を変更できないため、パスワードを推測するだけで、管理者としてシステムにアクセスすることができます。そのため、セキュリティチェックでは、管理者権限を持つ admin という名前のユーザが存在しないかどうかを検証します。
  • バージョン情報:WordPress の各バージョンには、既知のセキュリティ脆弱性があります。このため、WordPress インスタンスのバージョンを公開していると、ハッカーが脆弱性を足掛かりに簡単に攻撃できます。保護されていない WordPress インスタンスのバージョンは、ページのメタデータおよび readme.html ファイルで確認可能です。そのため、セキュリティチェックでは、すべての readme.html ファイルが空になっているか、またすべてのテーマの functions.php ファイルに「remove_action(\'wp_head\', \'wp_generator\');」という行が含まれているかが検証されます。
 

WordPress サイトを複製する

WordPress サイトを複製すると、すべてのウェブサイトファイル、データベース、設定ごとサイトのフルコピーが作成されます。

次のような状況で WordPress サイトを複製する必要が生じます。

  • 別のドメインまたはサブドメインで WordPress サイトの非公開(ステージング)バージョンを管理している。このバージョンを本番ドメインに発行して一般に公開する。
  • 一般公開している(本番)WordPress サイトがある。この非公開(ステージング)コピーを作成し、本番サイトに影響を与えずに変更を加えたい。
  • 事前構成した設定、プラグイン、テーマで WordPress サイトの「マスター」コピーを作成し、これを複製してクライアント用に新しい開発プロジェクトを開始したい。
  • WordPress サイトのコピーを複数作成し、それぞれに異なる変更を加えたい(たとえば、クライアントに見せて、気に入ったものを選んでもらうため)。

WordPress サイトを複製する:

  1. [ウェブサイトとドメイン]に進み、右側のメニューで[WordPress]をクリックします。

    Subscription_Wordpress

  2. 複製したい WordPress インスタンスの名前の横にある[複製]ボタンをクリックします。

    WP_Clone_2

  3. [new subdomain](新規サブドメイン)をクリックし、WordPress サイトをどこに複製するかを選択します。

    WP_Clone_3

    選択可能なオプションから 1 つ選択します。

    • 新規サブドメインを作成する。必要なサブドメイン名を入力します。次に、必要な親ドメインを選択します。
    • 同じ契約または別の契約上で既存のドメインまたはサブドメインを使用する。必要なドメインまたはサブドメインをリストから選択します。
    • 複製している WordPress サイトがサブドメインにインストールされている場合、[新規サブドメイン]ではなく[existing domain/subdomain](既存のドメイン/サブドメイン)リンクが表示されます。この場合、既存のドメインまたはサブドメインを複製先として選択する必要があります。

      WP_Cloning_subdomain_name_1

      :複製先として選択するドメインまたはサブドメインが既存のウェブサイトで使用されていないことを確認してください。複製中に、複製先にあるウェブサイトのデータが上書きされ、復元できなくなる可能性があります。

      WP_Cloning_from_subdomain_select_domain

  4. 複製中に、作成中の WordPress インスタンスにデータベースが作成されます。自動生成されたデータベースの名前(たとえば wordpress_9)を変更するには、名前をクリックします。Plesk に複数の MySQL サーバが登録されている場合、このデータベースをホストするサーバを選択することができます。

    WP_Cloning_database_name

  5. 選択した複製先とデータベース名でよければ、[OK]をクリックします。

    WP_Cloning_Progress_2

複製が終了すると、WordPress インスタンスのリストに新しく複製されたインスタンスが表示されるようになります。

 

Synchronization of WordPress Sites

You can synchronize the content of your WordPress site including files and database with another WordPress site.

Let us say you maintain a non-public (staging) version of a WordPress site on a separate domain or subdomain and a publicly available (production) version of this site on a production domain. You may want to synchronize your WordPress sites in the following situations:

  • You want to copy the changes you made to the staging version to the production version.
  • You want to copy the data from the production site to the staging site to see how the changes (for example, a new plugin) work with the production data. After checking that everything works fine, you may copy your changes to your production site.
  • You have made some changes (for example, installed a new plugin) to the staging site, and these changes resulted in new tables being added to the database. You want to copy only these tables to the production site without affecting other data.
  • You have upgraded the staging site to a newly released version of WordPress and fixed the post-upgrade issues (if any). You now want to push these changes to the production site.

You can choose to synchronize the WordPress files, the WordPress database, or the files and the database both. When synchronizing the database, you can choose to synchronize all tables, tables that are present on the source server but absent from the destination server, or specify individual database tables to be synchronized.

When performing the sync, keep in mind the following:

The selected data are copied from the source site to the destination site. Any files and/or database tables present both on the source and the destination that are not identical are copied from the source to the destination. Files and database tables present only on the destination are not affected.

  • During synchronization, the destination site enters maintenance mode and becomes temporarily unavailable.
  • If the WordPress version on the destination site is earlier than on the source site, WordPress Toolkit first upgrades WordPress on the destination site to match the version installed on the source site, and then runs the synchronization.
  • If the WordPress version on the source site is earlier than on the destination site, synchronization is aborted. To synchronize data, you need to upgrade WordPress on the source to the version installed on the destination or later.
  • If the database prefix on the source and the destination differs, WordPress Toolkit will change the database prefix on the destination site to match that on the source during sync.
  • Synchronization of data between a regular WordPress instance and a multisite one is not supported. We recommend using cloning instead.

Caution: During synchronization, files and database tables copied from the source overwrite those present on the destination. Any changes made to the files and database tables on the destination prior to synchronization are discarded and lost without warning.

To synchronize a WordPress site data with another site:

  1. Go to Websites & Domains and click WordPress in the menu on the right.

    Subscription_Wordpress

  2. Click the Sync button next to the name of the WordPress installation you want to synchronize.

    WP_Sync1

  3. Under Destination WordPress Installation, select the destination WordPress installation you want to synchronize the data with. This WordPress installation may be related to the same or another subscription.

    Sync_settings

  4. Under Select Content to be Copied, select which data you want to synchronize with the destination WordPress site. The following options are available:
    • Files Only (the default option) - synchronizes only the website files including the WordPress core files and the files related to themes and plugins.

      Note: The files wp-config, .htaccess, and web.config will not be synchronized as changing of these files may disrupt the operation of WordPress.

    • Database Only - synchronizes only the database. You can select to import all, new, or selected database tables (for details, see the Database synchronization section below).
    • Files and Database - synchronizes both the website files and the database. You can choose to import all, new, or selected database tables by selecting the corresponding option (for details, see the Database synchronization section below).
  5. When you are satisfied with the selected destination and the content to be synchronized, click OK.

    Sync_progress

When the synchronization is finished, you will see a page displaying the settings of the source WordPress installation. On it, you can see the last time synchronization was performed.

Sync_result

Database synchronization

When you choose to synchronize databases (that is, you have selected either the Database Only or the Files and Database option), you need to specify which database tables you want to synchronize:

  • All Tables (the default option)
  • New tables
  • Selected tables. If you select this option, you can see the list of available database tables and select which tables you want to synchronize. If you want to synchronize all changes except for pages, posts, and users, you can select all database tables except the tables with the _postmeta, _posts, _username, and _users suffixes, by clicking the corresponding link.

Sync_select_tables

 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.