タスクをスケジューリングする(Linux)

決まった時間にホスティングアカウントでスクリプトを実行する必要がある場合は、Plesk のタスクスケジューラを使用して、スクリプトを自動実行することができます。

Plesk のインストール時に、以下のタスクが自動的に作成されます。

  • autoreport.php - ドメインに関するレポートを毎日、毎週、毎月配信します(3 つの別々のタスク)。
  • backupmng - スケジュールされたドメインバックアップを 30 分ごとに開始します。
  • statistics - ドメイン別のリソース使用率の統計を生成します。
  • mysqldump.sh - psadump、MySQL、Horde データベースという 3 つの MySQL データベースのバックアップコピーを作成します

これらのタスクは統計、データベース、レポートに関連しているため、変更または削除しないことをお勧めします。

タスクをスケジューリングするには:

  1. [ウェブサイトとドメイン]>[スケジュール済みタスク]に進みます。
  2. [タスクを追加]をクリックします。
  3. [スイッチオン]チェックボックスはオンのままにします。
  4. コマンドを実行する時間を指定します。
    • 分:0〜59 の間の値を指定します。
    • 時:0〜23 の間の値を指定します。
    • 日:1〜31 の間の値を指定します。
    • 月:1〜12 の間の値を指定するか、ドロップダウンボックスから月を選択します。
    • 曜日:0〜6の間の値を指定するか(日曜日が 0)、メニューから曜日を選択します。

    UNIX crontab エントリ形式を使用して、時間をスケジュールできます。この形式では、以下の操作が可能です。

    • 複数の値をコンマ区切りで入力する。2 つの数字をハイフンでつなげると、包含範囲を意味します。たとえば、ある月の 4 日、5 日、6 日、20 日にタスクを実行するには、「4-6,20」と入力します。
    • そのフィールドで許可されるすべての値を指定するには、アスタリスクを使用します。たとえば、タスクを毎日実行する場合、[日]テキストボックスに「*」と入力します。

    「N」ごとに実行するようにタスクをスケジュールするには、「*/N」という組み合わせを入力します(「N」はフィールドの値で、単位は分、時、日、月)。たとえば、[分]フィールドに「*/15」と入力すると、15 分ごとに起動するタスクがスケジュールされます。

    月と曜日は省略名で入力できます (Aug、Jul、Mon、Sat などの最初の 3 文字)。ただし、省略名をコンマで区切ったり、数字と一緒に指定することはできません。

  5. 実行するコマンドを指定します。[コマンド]入力ボックスにコマンドを入力します。

    たとえば、バックアップ作成タスクを指定の時間に実行し、バックアップファイルを自分のメールアドレスに送信するには、[コマンド]入力ボックスで次のコマンドを指定します。

    /usr/local/psa/admin/sbin/backupmng

  6. [OK]をクリックします。

タスク開始時に通知を受け取るには:

  1. [ウェブサイトとドメイン]>[スケジュール済みタスク]に進みます。
  2. [設定]をクリックし、通知ポリシーを指定します。

スケジュール済みタスクの実行を一時停止するには:

  1. [ウェブサイトとドメイン]>[スケジュール済みタスク]に進みます。
  2. 一時停止するタスクのリンクを、[コマンド]列でクリックします。
  3. [スイッチオン]チェックボックスをオンにして、[OK]をクリックします。

スケジュール済みタスクの実行を再開するには:

  1. [ウェブサイトとドメイン]>[スケジュール済みタスク]に進みます。
  2. 実行を再開するタスクのリンクを、[コマンド]列でクリックします。
  3. [スイッチオン]チェックボックスをオンにして、[OK]をクリックします。

タスクをキャンセルするには:

  1. [ウェブサイトとドメイン]>[スケジュール済みタスク]に進みます。
  2. キャンセルするタスクの左側にあるチェックボックスをオンにして、[削除]をクリックします。
  3. 削除を確認して[OK]をクリックします。