1. サーバに RDP 経由でログインします。

  2. Plesk インストーラをダウンロードします。

  3. 必要なオプション付きでインストーラを起動します。

    ユーザの入力を一切必要とせずに Plesk をインストールするには、すべての必要な情報を該当するオプションに指定してインストーラスクリプトを実行します。

    plesk-installer.exe <OPTIONS> --upgrade-installed-components <OTHER_OPTIONS>
    

以下のインストーラオプションは、Plesk のアップグレードを自動化するためによく使用されます。

オプション 用例 説明

--source

--source <URL>

または

--source <PATH>

パッケージソースオプションは、インストーラがアップグレードまたはインストール対象の Plesk パッケージを取得する場所を定義します。「--source <URL>」を使用して Plesk アップデートサーバのミラーの URL を指定するか、ファイルシステムにパッケージがローカル保存されている場合は「--source <PATH>」を使用します。どちらも使用しない場合、Plesk パッケージは Plesk アップデートサーバから取得されます。

ローカルミラーリポジトリの管理に関する情報は、「Plesk 自動インストールサーバのミラーリング」を参照してください。

--select-release-id

--select-release-id <ID>

This option defines what version Plesk will be upgraded to. <ID> is a unique Plesk version identifier (e.g. PANEL_17_0_17_WIN).

公開されているバージョンのバージョン ID のリストを表示するには、以下を実行します。

plesk-installer.exe --show-releases

製品のレビューやテストを目的とするバージョンを含め、利用可能なバージョン ID をすべて表示するには、以下を実行します。

plesk-installer.exe --show-releases --skip-branch-filter

--installation-type

--installation-type <TYPE>

いずれかの事前定義されたコンポーネントセットをインストール対象として選択します(Recommended、Full、Custom)。

以下を実行すると、利用可能なインストールタイプが表示されます。

plesk-installer.exe --select-release-id <ID> --show-installation-types

--install-component

--install-component <COMPONENT_1> ^ [--install-component <COMPONENT_2> ^ [... [--install-component <COMPONENT_N>]]]

(The caret ^ character splits a single long command into multiple lines to make it more readable.)

--installation-type の代わりに、インストール対象のコンポーネントを具体的に列挙して指定することもできます。

特定のバージョンで利用可能なコンポーネントをすべて表示するには、以下を実行します。

plesk-installer.exe --select-release-id <ID> --show-components

インストーラオプションをすべて表示するには、以下を実行します。

plesk-installer.exe --help

例 1:デフォルトアップデートサーバから Plesk をアップグレードする

The following command performs the upgrade to the Plesk 17.0.17 release version (ID is PANEL_17_0_17) from the Plesk updates server. All installer output is redirected to an XML file.

plesk-installer.exe --select-release-id PANEL_17_0_17_WIN ^
    --upgrade-installed-components --enable-xml-output

例 2:ミラーから Plesk を特定のコンポーネントとともにアップグレードする

The following command upgrades Plesk to the 17.0.17 release version (ID is PANEL_17_0_17_WIN) from the mirror set up on the server 'mirror.example.com' available via HTTP. Installation files will temporarily be stored in the %SystemDrive%\Parallels\ folder, and the installation status will be reported to the email 'admin@example.com'. The Bind name server component is additionally installed.

plesk-installer.exe --source http://mirror.example.com/ ^
     --target %SystemDrive%\Parallels ^
     --select-release-id PANEL_17_0_17_WIN ^
     --upgrade-installed-components ^
     --install-component dns ^
     --notify-email admin@example.com

(The caret ^ character splits a single long command into multiple lines to make it more readable.)