Apache ウェブサーバを最適化する

以下の方法により、Apache ウェブサーバのパフォーマンスを向上できます。

  • Apache モジュールをオン/オフにする:ウェブサイトを正常に実行するために最低限必要な Apache モジュールのみをサーバで使用することによって、サーバリソースの消費を抑えます。
  • パイプログ機能を有効にして Apache を実行する:サーバ上のウェブサイトの集積度を高めます。
  • Apache の再起動間隔をセットアップする: Apache が再起動する回数を減らします。

このセクションの内容:

Apache モジュールをオン/オフにする

パイプログ機能を有効にして Apache を実行する

Apache の再起動間隔をセットアップする

 

Apache モジュールをオン/オフにする

[ツールと設定]>[Apache ウェブサーバ]で、ホスティングサービスに不要な Apache ウェブサーバモジュールをオフにすることができます。これにより、サーバのリソース消費量を抑えて(VPS で重要なメモリ使用量を抑えるなど)、1 台のサーバでより多くの顧客にホスティングを提供できるようになります。

他のモジュールと相互依存しているモジュールの場合、オン/オフを切り替えるには、依存しているモジュールもオン/オフする必要があります。たとえば、cache モジュールは disk_cachefile_cachemem_cache モジュールに依存しています。したがって、これら 3 つのモジュールをオフにしなければ、cache モジュールをオフにできません。

注: これは上級ユーザ用の機能です。どのような結果が生じるかを熟知している場合に限り、モジュールのオン/オフ切り替えを行ってください。変更次第では、Apache のパフォーマンスが低下したり、Apache が機能しなくなる可能性があります。また、これらの変更によって、Plesk の機能が影響を受ける場合もあります。たとえば、mod_perl または mod_php をオフにすると、Perl スクリプトまたは PHP スクリプト(ウェブメールを含む)がウェブサイトで機能しなくなります。これにより、サービスプランで提供している機能が停止してしまう可能性があります。

使用している OS に応じて、以下に挙げる Apache モジュールが常にオンになります。

Debian または Ubuntu:

  • env
  • auth_digest
  • authn_file
  • authz_host
  • authz_user
  • actions
  • alias
  • dav
  • dav_fs
  • mime
  • ssl

Redhat または CentOS:

  • env
  • auth_digest
  • authn_file
  • authz_host
  • authz_user
  • actions
  • alias
  • autoindex
  • dav
  • dir
  • log_config
  • mime
  • negotiation
  • setenvif
  • ssl
 

パイプログ機能を有効にして Apache を実行する

サーバ上で 300 以上のドメインやウェブサイトをホスティングする場合は、Apache ウェブサーバでパイプログ機能を有効にすることをお勧めします。デフォルトで、ログローテーションなどのためにログファイルを処理する必要がある場合、Apache の再起動が行われます。サーバ上にウェブサイトが 300 以上ある場合、Apache が頻繁に再起動するため、サーバの速度が低下します。パイプログ機能を有効にすると、Apache のエラーログやアクセスログはログファイルに直接書き込まれず、パイプを経由して別のプロセスへ書き込まれます。この結果、Apache がログ処理のたびに再起動しなくなります。

パイプログ機能を有効にするには、[ツールと設定]>[Apache ウェブサーバ]>[パイプログ]オプションを使用します。

注: サーバ上でホストするウェブサイト数が 256 を超えると、nginx 構成の limit 値が自動調整されます。

このオプションを使用する場合、HTTP トラフィックと HTTPS トラフィックはいずれも access_log ファイルに記録されます。日次メンテナンスタスクがこれを解析して、access_log.processed および access_ssl_log.processed という 2 種類の "processed" ファイルを作成します。ウェブ統計はこれらのファイルに基づいて計算されます。

HTTPS トラフィックと HTTP トラフィックを別々に解析する必要がある場合、以下のコマンドを使用してください。

grep HTTPS access_log

grep HTTP access_log

 

Apache の再起動間隔をセットアップする

ユーザがドメインやサブドメインに対して構成の作成、削除、変更などの操作を行う場合、変更を反映するためには Apache を再起動する必要があります。

Apache が頻繁に再起動するのを回避するには、Plesk による Apache の再起動間隔を固定することができます。この間隔を 0 秒に設定すると、毎回の変更後に Apache が直ちに再起動します。そのため、特にユーザが Plesk から頻繁にドメインやサブドメインを操作するような場合には、この間隔を 0 秒より長めに設定しておくことをお勧めします。

指定した間隔の間にドメインに変更が加えられなかった場合には、Apache が再起動しません。