IIS ウェブサーバ(Windows)

Plesk for Windows では、ウェブサイトのホスティングに IIS HTTP サーバhttp://www.iis.net/)を使用します。

デフォルトのウェブサーバ設定

デフォルトの IIS 構成は、ホスティング事業者が IIS マネージャなどの IIS ツールを使用して定義します。デフォルト構成はサーバ上のすべてのウェブサイトに適用されますが、Plesk UI で、個々のウェブサイトの各種構成パラメータを変更することもできます。

カスタムのウェブサーバ設定

ウェブサイトの所有者が、デフォルト構成では提供されないカスタムのウェブサーバ機能を必要とする場合があります。たとえば、特殊なインデックスファイルを使用したい場合や、IP アドレスによってサイトへのアクセスを制限したい場合などです。

管理者またはサイト所有者は、顧客パネルで IIS 設定を指定してウェブサイトのウェブサーバ設定を構成することができます。カスタムウェブサイト構成はデフォルト構成よりも優先されます。カスタム IIS 構成については、「ウェブサイトの IIS 設定を調整する」を参照してください。

このセクションの内容:

ウェブサイトの IIS 設定を調整する

IIS アプリケーションプール

失敗した要求トレース

IIS 動的圧縮の対応

 

ウェブサイトの IIS 設定を調整する

管理者またはサイト所有者は、顧客パネルの[ウェブサイトとドメイン]> ドメインを選択 >[IIS 設定]で特定のウェブサイトの IIS 構成をカスタマイズすることができます。すべての設定は、以下の 3 つのグループに分類されています。

  • 共通設定

    [共通設定]セクションには、ウェブサイト所有者が調整することの多い設定が含まれています。たとえば、カスタムインデックスファイルの追加や、IP アドレスによるサイトアクセスの制限などです。各パラメータに対して、カスタム値を入力するか、([デフォルト]を選択して)デフォルトの IIS 構成を使用することができます。

  • ディレクトリセキュリティ設定

    [ディレクトリセキュリティ設定]セクションの設定では、HTTPS 接続を強制したり、サイトへの匿名アクセスを禁止したりすることができます。

  • アクセス制限設定

    [アクセス制限設定]セクションの設定では、IP アドレスでウェブサイトへのアクセスを制御することができます。

    注:その他のウェブサーバ設定と違い、「サイトへのアクセスを拒否」パラメータは、デフォルト構成で提供される IP アドレスリストをオーバーライドするのではなく、これを補足します。競合が発生した場合は(デフォルト構成では拒否されているアドレスを、許可するように設定する場合など)、管理者が設定した値が使用されます。

    IIS_settings