ウェブサイトプレビュー

Plesk には、DNS のプロパゲーションが完了していなくても管理者や顧客がウェブサイトをプレビューできる機能があります。これは、プレビューしたいウェブサイトを別のドメインのサブドメインとして表示することにより実現します。サイトのプレビュー設定を変更するには、[ツールと設定]>[ウェブサイトプレビュー]に進みます。以下の 4 種類の設定から選択できます。

  • デフォルトのクイックプレビュー: デフォルトで有効になっている推奨オプションです。Plesk の IP アドレスをサイトプレビューに使用します。
    • 認証が必要:このオプションを選択すると、ウェブサイトプレビューがパスワードで保護されます。この設定の場合、ユーザがウェブサイトプレビューを表示するためにはシステムユーザのクレデンシャル(契約作成時に指定したもの)を入力する必要があります。このオプションはデフォルトで無効になっており、Plesk for Windows でのみ使用できます。
  • Plesk ドメイン名のクイックプレビュー: Plesk でホストされている別のドメインをサイトプレビューに使用する場合は、このオプションを選択します。所有しているドメインからいずれかをサイトプレビュー用に選択する必要があります。選択したドメインでは、サイトプレビュー機能が無効になります。
  • 外部ドメイン名のクイックプレビュー: 外部でホストされている別のドメインをサイトプレビューに使用する場合は、このオプションを選択します。サイトプレビューに使用するドメイン名を指定する必要があります。また、このドメインに対して DNS の "A" レコードを構成する必要があります。このレコードは以下のような書式にします。
*.<Plesk_IP>.<ドメイン名>

ここで <ドメイン名> にはドメイン名、<Plesk_IP> には Plesk サーバの IP アドレスを指定し、IPv4 のドット(.)と IPv6 のコロン(:)はダッシュ(-)に置き換えてください。たとえば、Plesk の IP アドレスが 192.168.10.20 で、使用したいドメイン名が example.com であれば、"A" レコードは以下のようになります。

*.192-168-10-20.example.com

Plesk に複数の IP アドレスが登録されている場合は、IP アドレスごとにレコードを 1 つ追加してください。

  • クイックプレビューを無効にする: ウェブサイトプレビュー機能を無効にしたい場合、このオプションをオンにします。