カスタム PHP バージョンを追加する(Linux)

Linux システムで、必要な PHP バージョンをインストールし、php_handler コマンドラインユーティリティに登録すると、そのバージョンを Plesk で使用できるようになります。

Plesk で任意の PHP バージョンのサポートを追加するには:

  1. 必要な PHP バージョンをサーバにインストールします。インストールのガイドラインについては、PHP の公式ドキュメント(http://php.net/manual/en/install.php)を参照してください。要約すると、インストールの主な手順は、以下のとおりです。

    警告:この手順は、デモンストレーションのためだけに用意されたものです。オペレーティングシステムおよび必要な構成によっては、インストール手順が大きく異なる場合があります。サーバに追加 PHP バージョンをインストールする場合は、インストールに関する正式な PHP ドキュメントを参照してください。

    1. サーバに root でログインします。
    2. 必要な PHP ソースを公式ウェブサイト(http://php.net/downloads.php)から入手して展開します。

      gunzip php-NN.tar.gz

      tar -xf php-NN.tar

    3. PHP を構成してビルドします。このとき、有効にする拡張など、各種オプションを指定して PHP をカスタマイズすることができます。使用可能なオプションのリストを表示するには、./configure --help を実行します。

      cd ../php-NN

      ./configure --prefix /usr/local/phpNN

      make

      make install

    4. php.ini をセットアップします。

      cp php.ini-development /usr/local/lib/php.ini

      .ini ファイルを編集して PHP オプションを設定することができます。php.ini を別の場所に格納する場合は、ステップ 3 で --with-config-file-path=/some/path オプションを指定して configure ユーティリティを実行します。

  2. php_handler ユーティリティを使用して、Plesk に新しい PHP バージョンを登録します。詳しくは、CLI ガイドを参照してください。