カスタム PHP バージョンを追加する(Linux)

Linux システムで、必要な PHP バージョンをインストールし、php_handler コマンドラインユーティリティに登録すると、そのバージョンを Plesk で使用できるようになります。

Plesk で任意の PHP バージョンのサポートを追加するには:

  1. 必要な PHP バージョンをサーバにインストールします。インストールのガイドラインについては、PHP の公式ドキュメント(http://php.net/manual/en/install.php)を参照してください。要約すると、インストールの主な手順は、以下のとおりです。

    警告:この手順は、デモンストレーションのためだけに用意されたものです。オペレーティングシステムおよび必要な構成によっては、インストール手順が大きく異なる場合があります。サーバに追加 PHP バージョンをインストールする場合は、インストールに関する正式な PHP ドキュメントを参照してください。

    1. サーバに root でログインします。
    2. 必要な PHP ソースを公式ウェブサイト(http://php.net/downloads.php)から入手して展開します。

      gunzip php-NN.tar.gz

      tar -xf php-NN.tar

    3. PHP を構成してビルドします。このとき、有効にする拡張など、各種オプションを指定して PHP をカスタマイズすることができます。使用可能なオプションのリストを表示するには、./configure --help を実行します。

      cd ../php-NN

      ./configure --prefix /usr/local/phpNN

      make

      make install

    4. php.ini をセットアップします。

      cp php.ini-development /usr/local/lib/php.ini

      .ini ファイルを編集して PHP オプションを設定することができます。php.ini を別の場所に格納する場合は、ステップ 3 で --with-config-file-path=/some/path オプションを指定して configure ユーティリティを実行します。

  2. php_handler ユーティリティを使用して、Plesk に新しい PHP バージョンを登録します。詳しくは、CLI ガイドを参照してください。
 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.