Watchdog(システム監視)コンポーネント

Watchdog コンポーネントは、サーバをマルウェアから解放し、すべてのサービスを問題なく稼働させ、サーバに十分な空き容量を確保するためのソリューションです。

Watchdog で監視できるのは、以下のようなサービスです。

  • Plesk ウェブサーバ
  • Plesk PHP エンジン
  • ウェブサーバ(Apache)
  • SMTP サーバ(Postfix)
  • SMTP サーバ(Qmail)
  • Courier POP3 サーバ
  • Courier POP3 サーバ、SSL/TLS サポート付き
  • Courier IMAP サーバ
  • Courier IMAP サーバ、SSL/TLS サポート付き
  • Courier 認証デーモン
  • Dovecot IMAP および POP3 サーバ
  • DNS サーバ(BIND)
  • Tomcat
  • MySQL
  • PostgreSQL
  • Plesk SpamAssassin
  • Plesk Premium Antivirus
  • Kaspersky Antivirus
  • Plesk Postfix メールフィルタ
  • ウェブプロキシサーバ(Nginx)
  • PHP-FPM(FastCGI プロセスマネージャ)
  • Fail2Ban 認証失敗モニタ

監視対象のサービスを起動、停止、再起動したり、一定期間内のサービスの安定性に応じて異なる措置をとるように構成することができます。

他のユーティリティを実行すれば、指定した上限にディスクスペース使用量が達したときに通知することが可能です。

サービスおよびディスクスペース使用量を監視するために、Watchdog は monit ユーティリティを使用します。monit ユーティリティの詳細は、monit デベロッパーのウェブサイト http://www.tildeslash.com/monit/ を参照してください。

Watchdog は、ルートキット、バックドア、脆弱性の悪用、トロイの木馬などの不正ソフトウェアを検出するために、オンデマンドで(または定期的に)サーバのファイルシステムをスキャンします。スキャン結果は、メールで通知することも、コントロールパネルにレポートを表示することもできます。スキャンの前に、インターネットでセキュリティナレッジベースが更新されます。

マルウェア検出のためにサーバをスキャンするには、Rootkit Hunter ユーティリティを使用します。Rootkit Hunter の詳細は、Rootkit Hunter デベロッパーのウェブサイト http://www.rootkit.nl を参照してください。

このセクションの内容:

Watchdog 設定を構成する

システムサービスを監視する

ディスク使用量を監視する

サーバでマルウェアをスキャンする

CPU および RAM の使用率統計を表示する

トラブルシューティング