データベース管理者のクレデンシャルを変更する

ほとんどの場合、Plesk がデータベースサーバへのアクセス時に使用するクレデンシャルを変更するには、まずデータベースサーバでクレデンシャルを変更してから、Plesk でクレデンシャルを更新する必要があります。以下のような状況を除き、Plesk 経由でクレデンシャルを変更することはできません。

注: ほとんどの場合、Plesk でクレデンシャルを更新しても、データベースサーバではクレデンシャルが変更されません。

例外となるのは Plesk for Windows であり、データベース管理者のパスワードを Plesk で変更できます。また、PostgreSQL も例外で、Plesk で行われたデータベース管理者のクレデンシャルの変更を受信します。

Plesk でデータベース管理者のクレデンシャルを更新する

管理者のクレデンシャルをデータベースサーバで変更した場合は、Plesk でもクレデンシャルを変更する必要があります。

Plesk(Linux)でデータベースサーバ管理者のクレデンシャルを更新するには:

  1. [ツールと設定]>[データベースサーバ]を選択します。
  2. データベースサーバのホスト名をクリックします。
  3. データベースサーバ管理者の新しいユーザ名とパスワードを指定します。

Plesk でデータベースサーバ管理者のクレデンシャルを更新するには(Windows):

  1. [ツールと設定]>[データベースサーバ]を選択します。
  2. データベースサーバのホスト名をクリックし、[設定]をクリックします。
  3. データベースサーバ管理者の新しいユーザ名とパスワードを指定します。
データベース管理者のパスワードを変更する(Windows)

現在 Plesk がデータベースサーバへのアクセスに使用しているユーザのパスワードを変更することができます。Plesk UI でパスワードを変更すると、データベースサーバでもパスワードが自動的に変更され、Plesk のデータベースサーバ設定でパスワードが更新されます。

データベースサーバ管理者パスワードを変更するには:

  1. [ツールと設定]>[データベースサーバ]を選択します。
  2. データベースサーバのホスト名をクリックします。
  3. [パスワード変更]をクリックします。
  4. 新しいパスワードを入力して、[OK]をクリックします。
 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.