データベース管理者のクレデンシャルを変更する

ほとんどの場合、Plesk がデータベースサーバへのアクセス時に使用するクレデンシャルを変更するには、まずデータベースサーバでクレデンシャルを変更してから、Plesk でクレデンシャルを更新する必要があります。以下のような状況を除き、Plesk 経由でクレデンシャルを変更することはできません。

注: ほとんどの場合、Plesk でクレデンシャルを更新しても、データベースサーバではクレデンシャルが変更されません。

例外となるのは Plesk for Windows であり、データベース管理者のパスワードを Plesk で変更できます。また、PostgreSQL も例外で、Plesk で行われたデータベース管理者のクレデンシャルの変更を受信します。

Plesk でデータベース管理者のクレデンシャルを更新する

管理者のクレデンシャルをデータベースサーバで変更した場合は、Plesk でもクレデンシャルを変更する必要があります。

Plesk(Linux)でデータベースサーバ管理者のクレデンシャルを更新するには:

  1. [ツールと設定]>[データベースサーバ]を選択します。
  2. データベースサーバのホスト名をクリックします。
  3. データベースサーバ管理者の新しいユーザ名とパスワードを指定します。

Plesk でデータベースサーバ管理者のクレデンシャルを更新するには(Windows):

  1. [ツールと設定]>[データベースサーバ]を選択します。
  2. データベースサーバのホスト名をクリックし、[設定]をクリックします。
  3. データベースサーバ管理者の新しいユーザ名とパスワードを指定します。
データベース管理者のパスワードを変更する(Windows)

現在 Plesk がデータベースサーバへのアクセスに使用しているユーザのパスワードを変更することができます。Plesk UI でパスワードを変更すると、データベースサーバでもパスワードが自動的に変更され、Plesk のデータベースサーバ設定でパスワードが更新されます。

データベースサーバ管理者パスワードを変更するには:

  1. [ツールと設定]>[データベースサーバ]を選択します。
  2. データベースサーバのホスト名をクリックします。
  3. [パスワード変更]をクリックします。
  4. 新しいパスワードを入力して、[OK]をクリックします。