リモート SQL Server のバックアップ設定を構成する

以前に Plesk に登録したリモート Microsoft SQL Server でホストされているデータベースのバックアップを作成するには、その Microsoft SQL Server のデータベースバックアップ設定を構成する必要があります。

リモート Microsoft SQL Server のバックアップ設定を構成するには:

  1. [ツールと設定]>[データベースサーバ]の順に選択し、対象となるリモート SQL Server 名をクリックします。
  2. [一時ディレクトリ]フィールドに、リモート SQL Server の一時物理ディレクトリを指定します(たとえば C:\db_pleskbackup)。

    この一時物理ディレクトリは、リモート SQL Server データベースのバックアップおよび復元に必要です。バックアップ時には SQL Server がこのディレクトリに一時バックアップファイルを保存し、復元時には Plesk がこのディレクトリに一時バックアップファイルを保存します。このディレクトリをリモートサーバ上に作成し、MS SQL Server から読み取り/書き込みアクセスできるようにする必要があります。

  3. 前のステップで作成した物理ディレクトリを共有し、[一時ネットワークディレクトリ]フィールドにこのディレクトリへのネットワークパスを指定します(たとえば \\ServerName\db_pleskbackup)。

    Plesk サーバは、一時バックアップファイルのダウンロードおよびアップロードにこのディレクトリを使用します。このネットワークディレクトリをリモートサーバ上に作成して前のステップで作成した一時物理ディレクトリにマウントし、次のステップで作成するユーザがネットワーク経由でアクセスできるようにする必要があります。

  4. リモートサーバ上にユーザ(ServerName\db_backup_user など)を作成し、このユーザが一時ネットワークディレクトリに読み取り/書き込みアクセスできるようにします。

    Plesk サーバは、一時ディレクトリへのアクセスにこのユーザを使用します。

  5. 一時ネットワークディレクトリへのアクセスに必要なユーザ名およびパスワードを入力します。
  6. [OK]をクリックします。