外部データベースに接続する(Windows)

ユーザが外部データベース管理システムのデータにアクセスできるようにするには、ODBC(Open Database Connectivity)ドライバを使用する必要があります。たとえば、外部 Microsoft Access データベースへの接続を確立する Microsoft Access ODBC ドライバをインストールして、このデータベースにデータを保存するようにウェブアプリケーションをカスタマイズすることができます。

外部データベースは必ずしもリモートである必要はありません。ODBC はローカルデータベースへのアクセスにも使用することができます。

外部データベースへの接続を確立する新規 ODBC ドライバをインストールするには:

  1. [ツールと設定]>[ODBC データソース]に進みます。
  2. [ODBC DSN を追加]をクリックします。
  3. ODBC 接続名とその説明を、該当するフィールドに指定します。
  4. [ドライバ]フィールドに必要なドライバを指定します。
  5. [OK]をクリックします。
  6. ドライバの構成画面で適切なオプションを選択します。通常は、選択したドライバに応じて、データベースへのパス、ユーザクレデンシャル、およびその他の接続オプションを指定します。
  7. [テスト]をクリックして、指定した設定で正しく接続できることを確認します。[終了]をクリックして作成を完了します。

    ODBC_connection

既存の ODBC 接続設定を変更するには:

  1. [ツールと設定]>[ODBC データソース]に進みます。
  2. リストで、必要な接続名をクリックします。
  3. 必要に応じて設定を変更します。
  4. [テスト]をクリックして、新しい設定で正しく接続できることを確認します。[完了]をクリックして変更を保存します。

不要な ODBC 接続を削除するには:

  1. [ツールと設定]>[ODBC データソース]に進みます。
  2. 削除する接続のチェックボックスをオンにします。
  3. [削除する]をクリックして削除を確認し、[OK]をクリックします。