外部データベースに接続する(Windows)

ユーザが外部データベース管理システムのデータにアクセスできるようにするには、ODBC(Open Database Connectivity)ドライバを使用する必要があります。たとえば、外部 Microsoft Access データベースへの接続を確立する Microsoft Access ODBC ドライバをインストールして、このデータベースにデータを保存するようにウェブアプリケーションをカスタマイズすることができます。

外部データベースは必ずしもリモートである必要はありません。ODBC はローカルデータベースへのアクセスにも使用することができます。

外部データベースへの接続を確立する新規 ODBC ドライバをインストールするには:

  1. [ツールと設定]>[ODBC データソース]に進みます。
  2. [ODBC DSN を追加]をクリックします。
  3. ODBC 接続名とその説明を、該当するフィールドに指定します。
  4. [ドライバ]フィールドに必要なドライバを指定します。
  5. [OK]をクリックします。
  6. ドライバの構成画面で適切なオプションを選択します。通常は、選択したドライバに応じて、データベースへのパス、ユーザクレデンシャル、およびその他の接続オプションを指定します。
  7. [テスト]をクリックして、指定した設定で正しく接続できることを確認します。[終了]をクリックして作成を完了します。

    ODBC_connection

既存の ODBC 接続設定を変更するには:

  1. [ツールと設定]>[ODBC データソース]に進みます。
  2. リストで、必要な接続名をクリックします。
  3. 必要に応じて設定を変更します。
  4. [テスト]をクリックして、新しい設定で正しく接続できることを確認します。[完了]をクリックして変更を保存します。

不要な ODBC 接続を削除するには:

  1. [ツールと設定]>[ODBC データソース]に進みます。
  2. 削除する接続のチェックボックスをオンにします。
  3. [削除する]をクリックして削除を確認し、[OK]をクリックします。
 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.