統計とレポート

Plesk は統計情報を保持し、送信試行数が上限を超えた場合のレポートを Plesk オブジェクト(メールボックス、ドメイン、契約)ごとに提供します。統計情報は 1 ヶ月分保存されますが、レポートはレポート期間、つまり過去 1 ヶ月以内の期間(1 日、2 日、1 週間など)に対して作成されます。この期間は[ツールと設定]>[メールサーバ設定]>[送信メールメッセージ数の上限を設定する]>[レポート対象とする統計情報の取得期間]で変更できます(期間を指定します)。

上限を超えた送信試行に関するレポートを表示するには:

[ツールと設定]>[送信メールの制御]に進み、必要な情報に応じたタブを選択します。

  • 概要を参照するには、[全般]タブを選択します。ここには、送信試行が上限を超えた Plesk オブジェクトの数とオブジェクトの一覧が表示されます。
  • 上限を超過していないオブジェクトのメールステータスは「送信中」です。一方、上限に達したオブジェクトでは、メールステータスが「送信なし」に変わります。

    注: Plesk に SmarterMail をインストールしている場合、送信メールの上限は SmarterMail 側で SmarterMail API を使用して設定します。その場合、Plesk によるフィルタリングは行われないため、 Plesk オブジェクトのメールステータスを確認することはできません。

  • 特定の Plesk オブジェクトの詳細を参照するには、対応するタブ([メールアドレス][ドメイン]、または[契約])を開き、必要なオブジェクトをクリックすると、[上限を超過した送信試行]レポートが表示されます。

    また、[送信済みメッセージ]セクションに、特定の Plesk オブジェクトの 1 日ごとの統計(1 時間単位)が表示されます。特定の日の 1 時間ごとの上限を超過しようとする送信試行数を参照できます。

注: [送信メールの制御]リンクは、メールサーバ設定で上限が有効になっている場合にのみ表示されます。