ウェブメールソフトウェア

複数のウェブメールソフトウェアパッケージをサーバにインストールしておき、ユーザにどれを提供するかを選択できます。外部ウェブメールサービスにユーザをリダイレクトすることも可能です。これには、外部ウェブメールサービスアドレスのレコードを追加することにより、Plesk にこのサービスを登録します。

ホスティングプランと契約のメール設定に、インストールされたウェブメールパッケージと登録された外部ウェブメールサービスがすべて表示されます([ウェブメール]セクション)。ここで、ユーザにプロビジョンするウェブメールを選択できます。

サポートされているウェブメールソフトウェア

デフォルトで、Plesk for Linux には Horde および RoundCube ウェブメールが、Plesk for Windows には Horde のみがインストールされています。これらに加え、Plesk for Linux では Atmail がサポートされ、Plesk for Windows では以下のウェブメールクライアントがサポートされます。

  • MailEnable Web Client
  • SmarterMail Web Client
  • IceWarp(Merak)Mail Server Web Client
  • Atmail Open

重要: 顧客に RoundCube を提供する場合、Plesk バックアップに RoundCube データベースのバックアップが含まれないことに注意が必要です。つまり、特定の契約またはサーバ全体を復元しても、RoundCube データ(顧客のカレンダーや連絡先など)は復元されません。

外部ウェブメールサービス

外部ウェブメールサービスを登録するには:

  1. [ツールと設定]>[ウェブメール][メール]グループ内)の順に選択します。
  2. [ウェブメールを登録]をクリックします。
  3. 以下を指定します。
    1. ウェブメールのサービス名
    2. ウェブメールサービスの URL:先頭に接頭辞 http:// または https:// を付けてアドレスを指定します。
    3. 登録されたウェブメールサービスをホスティングプランの設定で選択できるようにするには、[有効]チェックボックスはオンにしておきます。
  4. [OK]をクリックします。

    Webmail_Services

外部ウェブメールレコードのプロパティを変更するには:

  1. [ツールと設定]>[ウェブメール][メール]グループ内)の順に選択します。
  2. [名前]列で該当エントリのリンクをクリックします。
  3. 必要な変更を行い、[OK]をクリックします。

ウェブメールサービスをホスティングプランに含めないようにするには:

  1. [ツールと設定]>[ウェブメール][メール]グループ内)の順に選択します。
  2. 以下のいずれかを行います。
    • サービスを削除せず、一時的に選択できないようにするには、該当するチェックボックスをオンにして[無効化]を選択します。

      これは、インストールされたウェブメールソフトウェアパッケージおよび外部ウェブメールサービスへのリンクが対象となります。

    • サービスレコードを恒久的に削除するには、チェックボックスをオンにして[削除]をクリックします。

      これで削除できるのは、外部ウェブメールサービスへのリンクのみです。インストールされたソフトウェアパッケージを削除するには、Plesk インストーラ([ツールと設定]>[アップデート])から行う必要があります。