サーバヘルスを追跡する

ヘルスモニタでは、サーバのリソース使用状況に関する情報が 2 つの方法で表示されます。

  • 主要ヘルスパラメータすべてに関する概要レポート
  • 各ヘルスパラメータの変化を示すグラフ付きの詳細レポート
 

概要レポート

概要レポートには、すべての主要サーバヘルスパラメータがわかりやすくグループ分けされて含まれています。このレポートは、各グループのステータス、瞬間的なパラメータ値、およびそのトレンドを示します。ヘルスモニタの概要レポートを参照するには、サーバ管理パネルで[ホーム]>[サーバヘルス]の順に選択します。

概要レポートには、瞬間的な(つまり、[ホーム]ページが更新された瞬間の)パラメータ値が示されます。

注:サーバに複数の CPU コアが搭載されている場合、使用可能な CPU 使用率は「100% * CPU コア数」に等しくなります。たとえば、サーバに 4 つの CPU コアが搭載されている場合、使用可能な CPU 使用率は 400% です。

以下に、概要レポートの例を示します(値はサンプル)。

Health Monitor alarm example

黄色と赤のアラーム

パラメータの 1 つがしきい値を超えており、ヘルスモニタが黄色のハイライトによってアラームを発しています。それぞれのパラメータには 2 種類のアラームがあります。

  • 黄色のアラーム - パラメータがしきい値に近づいています。
  • 赤のアラーム - パラメータがしきい値を超えました。

これらのアラームのしきい値は、構成ファイルを使用して設定できます。

トレンド

ヘルスモニタは、いずれかのパラメータの値が急上昇した場合にも警告が可能です。これは、トレンドによって行われます。トレンドは、パラメータ値が時間の経過とともにどのように変化したのかを示します。この例では、アラームの発生しているパラメータは、この 1 時間で 1.87 倍に上昇(Trend)しています(デフォルトのトレンド測定間隔は 1 時間です)。パラメータ値が統計的に有意ではない場合、トレンドは表示されません。

 

詳細レポート

詳細レポートにより、リソースの使用量が最大(最小)になる時間帯を特定することができます。レポートを表示するには、[サーバ管理]>[ヘルスモニタリング]の順に選択します。時間の経過とともにサーバヘルスパラメータがどのように変化したのかを確認するには、該当するチェックボックスをオンにします。グラフを生成する期間を、過去 3 時間 〜 1 週間から選択できます。

グラフに利用されるパラメータ値も瞬間的な値であり、ページが更新された瞬間の値です。