ディスクスペース使用量の計算について

Plesk ユーザが契約を作成すると、Plesk はこのエンティティのディスクスペース使用量の計算を開始します。消費されるディスクスペースは、以下のタイプに分類されます。

  • (常に含まれる)ウェブサイト、FTP、ウェブユーザのコンテンツ
  • ログファイルおよび統計レポート
  • データベース
  • リモートデータベース
  • メールボックス
  • Java アプリケーション
  • メーリングリスト
  • 契約のバックアップファイル
  • サーバレベルバックアップの一部である契約バックアップ

このセクションでは、Linux および Windows の Plesk でこうした各カテゴリのディスクスペース使用量がどのように計算されるかについて説明します。ディスクスペースの計算にオプションを適用または除外したい場合、[ツールと設定]>[サーバ設定]ページで設定することができます。

ディスクスペースの合計使用量は、[ツールと設定]>[概要レポート]に進んで確認することができます。概要レポートには、すべての契約によるディスクスペース使用量の合計が表示されます。

契約ごとのディスクスペース使用量を参照したい場合には、 [契約]に進み、契約名をクリックして、クラシックリストビューモードに切り替えます(Mode_button アイコンをクリックし、[クラシックリスト]を選択します)。メインドメインと追加ドメインおよびサブドメインのディスクスペース使用量が [ディスク使用量] 列に表示されます。

Subscriptions_DiskUsage

サブドメインおよび追加ドメインのコンテンツが占有するディスクスペースが、メインドメインに対して計算されるディスクスペース使用量の値に加算されます。

サブドメインおよび追加ドメインに対して計算されるディスクスペース使用量は少ない場合が多く、ドメインの構成やログなどのシステムファイルのみが含まれています。

変数

このセクションでは、説明をわかりやすくするために、次の変数を使用します。

  • HTTPD_VHOSTS_D:仮想ホストのディレクトリの絶対パス
  • CATALINA_HOME: Tomcat インストールディレクトリの絶対パス
  • PRODUCT_ROOT_D: Plesk インストールディレクトリの絶対パス
  • PLESK_MAILNAMES_D: メールボックスのディレクトリの絶対パス
  • PGSQL_DATA_DMYSQL_VAR_D: それぞれ、MySQL および PostgreSQL データベースのディレクトリの絶対パス

変数の値は OS に応じて異なります。Linux では、/etc/psa/psa.conf で値を参照できます。

ウェブサイト、コンテンツ、匿名 FTP コンテンツ、ウェブユーザのコンテンツ

このカテゴリのコンテンツは、ディスクスペース使用量の計算に常に含められます。

Windows では、ウェブサイトコンテンツのサイズを "%plesk_vhosts%\<ドメイン名>" ディレクトリの合計サイズから以下のディレクトリを差し引いて計算します。

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\anon_ftp"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\<サブドメイン名>\anon_ftp"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\<アドオンドメイン名>\anon_ftp"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\.plesk\statistics"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\<サブドメイン名>\.plesk\statistics"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\<アドオンドメイン名>\.plesk\statistics"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\web_users"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\<サブドメイン名>\web_users"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\<アドオンドメイン名>\web_users"

Linux では、ウェブサイトコンテンツのサイズは以下のディレクトリの合計サイズとなります。

HTTPD_VHOSTS_D/<ドメイン名>/cgi-bin

HTTPD_VHOSTS_D/<ドメイン名>/error_docs

HTTPD_VHOSTS_D/<ドメイン名>/httpdocs

HTTPD_VHOSTS_D/<ドメイン名>/<サブドメイン名>

HTTPD_VHOSTS_D/<ドメイン名>/<アドオンドメイン名>

HTTPD_VHOSTS_D/system/<ドメイン名>/pd

Windows では、匿名 FTP コンテンツのサイズは以下のディレクトリの合計サイズとなります。

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\anon_ftp"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\<サブドメイン名>\anon_ftp"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\<アドオンドメイン名>\anon_ftp"

Linux では、匿名 FTP コンテンツのサイズは以下のディレクトリの合計サイズとなります。

HTTPD_VHOSTS_D/<ドメイン名>/anon_ftp

Windows では、ウェブユーザのコンテンツのサイズは以下のディレクトリの合計サイズとなります。

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\web_users"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\<サブドメイン名>\web_users"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\<アドオンドメイン名>\web_users"

Linux では、ウェブユーザのコンテンツのサイズは以下のディレクトリの合計サイズとなります。

HTTPD_VHOSTS_D/<ドメイン名>/web_users

注: Plesk 11.5 以降では、上記のディレクトリにハードリンクが含まれている場合、各リンクのサイズは、リンクインスタンスの数に関わらず、一度しか計算に使用されません。

ディスクスペースの合計使用量の計算式では、ウェブサイト、FTP、ウェブユーザのコンテンツを WEB_CONTENT と表記します。

ログファイルおよび統計レポート

Windows では、ログとレポートのサイズは以下のディレクトリの合計サイズとなります。

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\.plesk\statistics"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\<サブドメイン名>\.plesk\statistics"

"%plesk_vhosts%\<ドメイン名>\<アドオンドメイン名>\.plesk\statistics"

Linux では、ログとレポートのサイズは以下のディレクトリの合計サイズとなります。

HTTPD_VHOSTS_D/system/<ドメイン名>/statistics

ディスクスペースの合計使用量の計算式では、ログとレポートの合計サイズを LOG_AND_STATで表記します。

データベース

データベースのサイズは、ウェブサイトごとに計算した後で、合計サイズに集計されます。

Windows では、MySQL データベースのサイズは、クエリ SHOW TABLE STATUS FROM <db_name> のデータ長とインデックス長の合計です。

MS SQL データベースのサイズを取得するために、システムは特定のウェブサイト下の各データベースに対して、クエリ exec sp_databases を実行します。結果を合計して 1024 を掛けます。

Linux では、PostgreSQL データベースのサイズは PGSQL_DATA_D/base/db_oid ディレクトリの合計サイズとなります。ここで db_oid は、特定のウェブサイト下のデータベースの OID を示します。

Linux では、MySQL データベースのサイズは MYSQL_VAR_D/db_name ディレクトリのサイズとなります。ここで db_name は、特定のウェブサイト下のデータベースの名前を示します。

ディスクスペースの合計使用量の計算式では、データベースの合計サイズを DATABASES と表記します。

リモートデータベース

Plesk Onyx 以降は、リモートホストのデータベースをディスクスペース使用量の計算に含めることができます。Linux では、リモート MySQL データベースのみを含めることができます([リモート MySQL データベース]オプション)。Windows では、あらゆる種類のリモートデータベースを計算に含めることができます([リモートデータベース]オプション)。

メールボックス

ウェブサイトごとのメールボックスサイズは、各メールボックス用のディレクトリの合計サイズです。メールボックスへのパスは、メッセージ転送エージェント(MailEnable など)に応じて異なります。

  • (Windows、MailEnable)mailbox_dir\<ドメイン名>\MAILROOT\mailbox_name mailbox_dir は、Windows レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Mail Enable\Mail Enable\Connectors\SF に保存されます。
  • (Windows、SmarterMail)mailbox_dir\Users\mailbox_namemailbox_dir は、svcDomainAdmin ウェブサービスの GetDomainSettings メソッドを呼び出して取得します。
  • (Linux)PLESK_MAILNAMES_D/<ドメイン名>

ディスクスペース使用量の合計の計算式では、メールボックスの合計サイズを MAILBOXES と表記します。

Java アプリケーション

Windows では、Java アプリケーションの合計サイズは CATALINA_HOME\psa-wars\domain_name ディレクトリのサイズとなります。ここで CATALINA_HOME は、Windows レジストリの HKLM\SOFTWARE\Apache Software Foundation\Tomcat\<Tomcat のバージョン> の InstallPath パラメータの値です。

Linux では、Java コンテンツのディレクトリは CATALINA_HOME/psa-wars/<ドメイン名> です。

ディスクスペース使用量の合計の計算式では、この合計サイズを JAVA_APPS と表記します。

バックアップファイル

Linux では、バックアップのサイズは以下のユーティリティ呼び出しによって取得されます。

PRODUCT_ROOT_D/admin/bin/pmm-ras --get-domain-dumps-disc-usage --domain-guid <domain_guid> --session-path PRODUCT_ROOT_D/PMM/logs

管理者が、サーバレベルのバックアップでネストされたウェブサイトバックアップをユーザクォータから除外するように指定すると、ユーティリティは追加オプション --skip-server-dumps 付きで実行されます。

Windows では、バックアップのサイズはキャッシュされ、ファイル名 size_xxxxxx の size_ 部分に続く数字の合計となります。この size_ ファイルは、"%plesk_dir%\Backup\backups_dir\<ドメイン名>\.discovered\*\" に保存されます。

backups_dir は、以下のディレクトリです。

/domains - バックアップが管理者に所有されている場合。

/resellers/<リセラーのユーザ名>/domains - ウェブサイトがリセラーに所有されている場合。

/resellers/<リセラーのユーザ名>/clients/<顧客のユーザ名>/domains - ウェブサイトがいずれかのリセラーの顧客に所有されている場合。

/clients/<顧客のユーザ名>/domains - ウェブサイトが管理者の直下の顧客に所有されている場合。

"%plesk_dir%\Backup\dumps_dir\<ドメイン名>\.discovered\*\ownertype_server" ファイルが存在する場合、サーバレベルのバックアップでネストされるウェブサイトバックアップのサイズは、ディスクスペース使用量に加算されません。

ディスクスペース使用量の合計の計算式では、バックアップサイズを BACKUPS と表記します。

ディスクスペース使用量の合計を計算する

ディスクスペース使用量の合計の計算式は、次のようになります。

TOTAL = WEB_CONTENT

+ LOG_AND_STAT[ツールと設定]>[サーバ設定][ログファイルおよび統計レポート]オプションが選択されている場合)

+ DATABASES[データベース]オプション(Linux)、[MySQL データベース][Microsoft SQL データベース]に応じる)

+ MAILBOXES[メールボックス]オプションが選択されている場合)

+ JAVA_APPS[Java アプリケーション]オプションが選択されている場合)

+ BACKUPS[ドメインバックアップファイル]オプションが選択されている場合。値は[管理者が作成したバックアップファイル]に応じる。)

ここでの各プレースホルダ(例:WEB_CONTENT)は、それぞれのカテゴリの合計です。

 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.