パワーユーザビューをカスタマイズする

パワーユーザビューには、カスタムビュー[ツールと設定]>[インターフェース管理])というサブタイプがあり、主に次の 2 つの用途で使用します。

  • マネージドホスティングを使用する管理者に、シンプルなユーザエクスペリエンスを提供する。

    一部の管理者は、基本的な管理作業(システムサービスの監視、ユーザアカウントの管理など)しか行わず、サーバやサービスの構成などの複雑な作業はサービスプロバイダのサポートサービスに任せています。このようなユーザグループのために、不要なツールを非表示にして、必要なツールだけ表示することができます。

  • Plesk の安全性と快適性を高める。

    管理者は、一部のパーミッションを無効化して日常業務に必要のないツールを非表示にしておき、システムのチューニング(サーババックアップの有効化など)を実行する必要がある場合にのみ、全機能が揃ったパワーユーザビューに戻すことができます。

[ツールと設定]>[カスタムビュー設定]ページ([管理ツール]セクション)で、このビューで管理者に対して提供されるツールを選ぶことができます。Plesk へのアクセスを管理しているサービスプロバイダがカスタムビューをロックしている場合には、ビュー設定を実行できません。

カスタムビューをロックし、カスタムビュー設定を非表示にするには

カスタムビューのロックとは、管理者が利用できる Plesk 機能に制限を加え、機能リストを変更できないようにすることです。つまり、カスタムビューをロックすると、GUI(または XML API)でビューを切り替えたり、カスタムビュー設定を変更することができなくなります。サービスプロバイダは、一部のツールを管理者に提供しないようにして、Plesk 管理業務を 2 種類に分類することができます。

  • 日常業務:ウェブホスティングを購入して使用する Plesk 管理者が行う作業です。
  • 複雑な構成と保守:サポートチームが実行するオペレーションです。たとえば、ネットワーク、DNS、ウェブサーバなどの構成が含まれます。

Plesk 管理者が何らかの機能を必要としているにも関わらず、その機能が使用できなくなっている場合、サポートチームはカスタムビューのロックを解除し、ビュー設定を調整してこの機能をオンにしてから、再度ビューをロックします。

カスタムビューをロックするには、コマンドラインで poweruser ユーティリティを呼び出す必要があります。

poweruser --on -simple true -lock true

ロックを解除するには、poweruser --on -lock false を実行します。

カスタムビューおよび管理者自身の契約

カスタムビューでは、このビューで作成したすべての契約のパーミッション、ホスティングパラメータ、PHP 設定などの契約パラメータを簡単に調整できます。これが可能なのは、このビューで作成したすべての契約が、プランリストには表示されない人工的なカスタムサービスプランに紐付けられるためです。このプランの設定は、[ツールと設定]>[カスタムビュー設定]で行います。設定を変更すると、変更内容がこのカスタムプランの下のすべての契約に自動的に適用されます(可能な場合)。

他に注意すべき特長として、カスタムプランには「契約の作成、削除および切り替え」という特別なパーミッションがあります。GUI でこのパーミッションをクリアすると、カスタムビューで契約を作成できなくなります。

コマンドラインでカスタムビュー設定を調整する必要がある場合は、admin ユーティリティを使用します。このユーティリティについては、『Plesk Onyx for Linux(Windows)版コマンドラインリファレンス』を参照してください。