ファイルに変更を加える

パッケージアーカイブを入手した後で、その内容をディレクトリに展開し、ファイルに必要な変更を加える必要があります。あるいは、ダウンロードしたテーマを変更せずにサーバにインストールしてから(「Plesk にテーマをインストールする」を参照)、サーバでファイルに直接変更を加えることができます。

重要:この方法を選択する場合、テーマをインストールする前に、「テーマの情報を編集する」セクションの説明に従ってテーマの情報を設定してください。

テーマのパッケージ構造

以下の表は、テーマパッケージに含まれるディレクトリとファイルの構造と内容を示します。

注:変更が必要なスタイルまたは画像ファイルを簡単に特定するために、Firebug for Mozilla Firefox や Inspect Elements for Google Chrome などのウェブ開発ツールの使用をお勧めします。これらのツールを使用することで、いずれかのインターフェース要素を選択し、それにどのようなスタイルが適用されているか、どのファイルのどの行に定義されているかを確認できます。

 

css

このディレクトリにある custom.css ファイルは、テーマパッケージをダウンロードした時点では空になっています。すべてのスタイルは、Plesk テーマに含まれる変更できないファイルに定義されています。ただし、特定のインターフェース要素のスタイルを再定義したい場合には、ダウンロードした custom.css ファイルにスタイル定義を追加し、Plesk にアップロードすることができます。この場合、再定義したスタイルがこの要素に適用されるだけで、他の要素は変更されません。

ページ背景、メインのフォント、テキストの色、ハイパーリンクの色、フォーム要素の境界の色などについてスタイル定義を追加できます。

icons

アイコンのみを格納するディレクトリであり、アイコンがサイズ別にサブディレクトリに収納されます。Retina ディスプレイに対応する場合には、アイコンのサイズが 2 倍になります。

カスタマイズする予定がないアイテムは、カスタムテーマのアーカイブから削除できます。変更を加えたアイテムや追加したアイテムだけを残すことができます。

images

インターフェース要素の背景に使用する画像を格納します。

画像ファイルの中には、複数の画像から成るスプライトシートもあり、製品インターフェースのさまざまな場所で使用されます。このため、背景画像を変更する前に、このファイルが別の場所でも使用されていないことを確認してください。ファイルを置き換えるのではなく、新しいグラフィックファイルを作成し、これを使用するようにスタイルシートを変更することをお勧めします。

カスタマイズする予定がないアイテムは、カスタムテーマのアーカイブから削除できます。変更を加えたアイテムや追加したアイテムだけを残すことができます。

 

logos

Plesk に表示する会社ロゴや製品ロゴを格納します。ロゴを変更するには、同じ名前のファイルを準備して、フォルダ内のファイルと置き換えます。

meta.xml

このファイルには、テーマパッケージに関する情報(名前や説明など)を格納します。

変更を元に戻し、デフォルトのスタイルまたは画像を使用するときは、カスタム CSS 定義を custom.css ファイルから削除し、カスタムテーマの /images/ および /images/logos/ ディレクトリからカスタム画像を削除します。

テーマ情報を編集する

テーマ情報を編集するには:

meta.xml ファイルを開き、以下のプロパティを指定します。

  • name:このテーマの参照名を設定します。名前にはアルファベットとマイナス記号('-')のみを使用してください。
  • description:テーマの概要を指定します。
  • version:テーマのバージョンを指定します。
  • vendor:会社または担当者の名前を指定します。