Plesk ビューを変更する

Plesk には、目的に応じて 2 種類のビューがあり、作業中に切り替えることができます。

  • Plesk を使用してウェブホスティングサービスを販売する場合、「 サービスプロバイダ 」ビューを選択します。
  • VPS 上でホスティングを管理するなど、自社のニーズのために Plesk を使用する場合は、「 パワーユーザ 」ビューを選択します。

ビューについては、「 インターフェースビュー 」を参照してください。

ビューを切り替えるには、 [ツールと設定]> [インターフェース管理] に進みます。

image-Interface-Management

また、画面の左下隅にある [ビュー変更] ボタンをクリックして必要なビューを選択しても、インターフェースビューを変更できます。

image-Change-View

Plesk のコントロールを非表示にする

Plesk に事前定義されたコントロールを非表示にして、Plesk のインターフェースを用途に合わせて調整することができます。たとえば、デフォルトでは、MyPlesk.com オンラインストアで提供されているドメイン名と SSL/TLS 証明書が顧客に対して提示されますが、 他のプロバイダのドメイン名または SSL/TLS 証明書を再販する場合は、MyPlesk へのリンクを非表示にすることができます。

Plesk のコントロールを非表示にするには、 [ツールと設定]> [インターフェース管理]> [インターフェースコントロールの表示設定] タブに進みます。ここで、以下の項目を表示または非表示にすることができます。

  • ドメイン登録ボタンを隠す: MyPlesk.com オンラインストアから提供されるドメイン登録サービスへのリンクを非表示にします。ドメイン登録サービスを別のレジストラから再販する場合に、このオプションを選択します。
  • 証明書購入サービスのボタンを隠す: MyPlesk.com オンラインストアから提供される SSL/TLS 証明書購入サービスへのリンクを非表示にします。SSL/TLS 証明書を別のレジストラから再販する場合に、このオプションを選択します。
  • 拡張サービスボタンを隠す: MyPlesk.com オンラインストアから提供される拡張サービスへのリンクを非表示にします。
  • 存在しないメールアドレスに対する拒否メッセージ設定用のコントロールを隠す: ドメイン内に存在しない受信者宛てのメールに対してメールバウンスポリシーを独自に設定できないようにする場合に、このオプションを選択します。
  • Customer & Business Manager を接続解除: このオプションは、サーバに Parallels Customer and Business Manager がインストールされている場合にのみ表示されます。Parallels Customer and Business Manager を誤ってインストールした場合や、その使用を停止する場合に、このオプションを選択します。左側のナビゲーションペインの Parallels Customer and Business Manager リンクが非表示になり、Parallels Customer and Business Manager とのインタラクションが停止します。これにより、サーバから Parallels Customer and Business Manager 自体が削除されるわけではありません。