Plesk には複数の言語パックがあり、各言語に翻訳されたユーザインターフェースが用意されています。サポートされる言語のリストは、『 Plesk localization guide 』を参照してください。Plesk のインストール(クリーンインストールまたはアップグレード)時に、サポートされるすべての言語がインストールされ、追加作業なしで使用できます。使用できる言語数は、購入した Plesk ライセンスに応じて決まります。許可されている言語数より多くの言語を使用しようとすると、警告が表示されます。

Plesk にインストールされたインターフェース言語を表示するには:

  1. [ツールと設定]> [言語][Plesk の外観] グループ内)に進みます。以下の情報が表示されます。

    • 言語パックの現在のステータスが言語ステータスアイコンに表示されます。 image-0 は、ユーザに提供されている言語パックです。 image-1 は、ユーザに提供されていません。 image-2 は、現在のライセンスで使用できる言語パックの上限に達したため、ユーザが使用できない言語パックです。

      注釈: ある言語をユーザがコントロールパネルで使用できないように設定することができます。これには、 image-3 アイコンをクリックします。ある言語をユーザに対して使用可能にするには、 image-4 をクリックします。

    • 言語パック: 4 文字の言語コードです。

    • 言語: 言語名を示します。

    • 国: この言語が話されている主な国を示します。

    • 使用済み: この言語を自分のインターフェースで使用しているすべてのレベルのコントロールパネルユーザ数を示します。

Plesk に新しいデフォルト言語を選択するには:

  1. [ツールと設定]> [言語][Plesk の外観] グループ内)に進みます。
  2. デフォルトに設定する言語のチェックボックスをオンにして、 [デフォルトに指定] をクリックします。