NAT によりルータの背後で Plesk を実行する

お使いの Plesk サーバが NAT 環境内にある場合、Plesk インターフェースで、サーバ上のプライベート IP アドレスを対応するパブリック IP アドレスとマッチングすることができます。この方法では、プライベート IP アドレスではなくパブリック IP アドレスが Plesk のインターフェースに表示されるため、顧客とリセラーが NAT の存在を意識することはありません。

パブリック IP アドレスとプライベート IP アドレスをマッチングするには、[ツールと設定]>[IP アドレス]に進み、パブリック IP アドレスとマッチングしたい IP アドレスをクリックして、[パブリック IP アドレス]フィールドに該当するパブリック IP アドレスを入力します。

1 つ以上のパブリック IP アドレスをプライベートアドレスにマッチングすると、すべての既存ドメインの DNS ゾーン内のすべての A レコードが、対応する IP アドレスに自動的に再マッピングされます。また、ドメインの作成後、新たに作成されるドメインの DNS ゾーン内の A レコードは、対応する(パブリック)IP アドレスをポイントするようになります。