Plesk でドメインが作成されると、必要な DNS レコードがすべて含まれる DNS ゾーンが自動的に作成されます。ただし、ホスティング事業者からパーミッションが付与されていれば、DNS レコードの追加、変更、削除が可能です。

DNS レコードを管理する

ドメインの DNS ゾーンに現在存在するレコードを表示するには、 [ウェブサイトとドメイン]> [DNS 設定] に進みます。また、この画面でレコードの追加、変更、削除も可能です。

image-DNS-setings

レコードを追加するには、 [レコードを追加] をクリックします。レコードを変更するには、レコードの名前をクリックします。レコードを削除するには、レコードの名前の横のチェックボックスをオンにして、 [削除] をクリックします。特定のレコードを削除すると、ドメインの機能に影響を与えます。たとえば、A レコードを削除すると、ドメイン解決ができなくなります。ウェブサイトの機能に影響を与える DNS ゾーンに変更を加えてしまった場合、 [デフォルトにリセット] をクリックしてデフォルトの DNS レコードを復元することができます。これにより、この DNS ゾーンに加えたすべての変更が取り消され、サーバ全体の DNS テンプレートに従って再作成されます。ゾーンに追加したカスタムレコードもすべて失われます。

DNS ゾーンには SOA レコードも含まれています。SOA レコードの値を表示・変更するには、 [ウェブサイトとドメイン]> [DNS 設定]> [SOA] を開きます。 [IETF と RIPE が推奨するシリアル番号フォーマットを使用] チェックボックスをオンにすると、Plesk が SOA シリアル番号を保存する方式が Unix タイムスタンプから RIPE が推奨する YYYYMMDDNN フォーマットに変わります。欧州を中心に多くのドメインレジストラが YYYYMMDDNN フォーマットの使用を求めています。レジストラに提供した SOA シリアル番号が拒否された場合、このオプションを有効にして対応できる可能性があります。

注釈: SOA シリアル番号が IETF と RIPE が推奨するフォーマットで保存されている場合、1 日あたりの SOA レコード変更回数は 98 回までに制限されます。ドメインの SOA レコードを 1 日に 98 回変更すると、SOA シリアル番号はそれ以上変更できなくなり、 [デフォルト] ボタンをクリックすると DNS ゾーンからのすべてのレコードが削除され、DNS ゾーンの DNS サービスのオン/オフやスレーブ/マスターモードへの切り替えができなくなります。

DNS テンプレートの変更を適用する(Plesk for Linux のみ)

Plesk for Linux には、サーバ全体の DNS テンプレートのレコードを自分のドメインの DNS ゾーンと同期する機能があります。この同期は、以下の規則に従って行われます。

  • ユーザが変更したレコードは常に維持される(つまり、どのような状況でも変更や削除は行われない)。
  • テンプレートにレコードを追加するとゾーンにも追加される。
  • テンプレートから削除されたレコードはゾーンからも削除される(変更されたレコードは削除されない)。
  • テンプレートで変更されたレコードはゾーンでも変更される(変更されたレコードは削除されない)。

DNS テンプレートと DNS ゾーンの間でレコードを同期するには、 [ウェブサイトとドメイン]> [DNS 設定] に進み、 [DNS テンプレートを適用] をクリックします。