Plesk クイックスタート

この章は、ウェブホスティングを初めて利用する方を対象としています。ウェブサイトを初めて作成する場合、こちらから読み始めてください。

ビジネスをオンライン化することによって、次のようなメリットが実現します。

  • 顧客の目に留まりやすくなる
  • ビジネスの宣伝や重要情報の提供に利用できる
  • フィードバックを得やすくなる

会社のウェブサイトには様々な形態があります。問い合わせページのみのシンプルなサイトも、ERP システムへのアクセスを伴う大規模企業の複雑なサイトもあります。ウェブサイトの開設は、以下の 3 ステップだけで簡単です。

  • ドメイン名を登録する
  • ホスティング事業者からウェブホスティングを購入する
  • ウェブサイトを作成する

これらのステップについて、以下で詳しく説明していきます。

ドメイン名を登録する

ドメイン名とは、会社の住所のようなものです。顧客はこれを頼りにオンライン上で会社を探すため、よい名前にする必要があります。短くて入力しやすく、覚えやすいのがよいドメイン名です。ドメイン名は「example.com」のような形式です。ドメイン名の登録は、「ドメインレジストラ」と呼ばれる組織を通して行います。通常、ホスティング事業者がドメイン名登録をサポートしています。ドメイン名登録は多くの場合、ウェブホスティングサービスと組み合わせて販売されています。

注: ホスティング事業者を通じてドメイン名を登録する際は、そのドメイン名がホスティング事業者ではなく自社の名前で登録されることを確認してください。ホスティング事業者の名義で登録されると、将来ホスティング事業者を変更する時に問題が生じる可能性があります。

ホスティング事業者から顧客アカウントを購入する

顧客アカウントの購入は、オフィスの賃貸と似ています。顧客アカウントとは、ウェブサイトを格納するスペースであり、インフラです。従って、顧客アカウントには、インターネット接続やウェブサイトコンテンツの保存用ディスクスペースなどが含まれます。Plesk の顧客アカウントについては、「顧客アカウント管理」の章を参照してください。

ウェブサイトを作成する

ウェブサイト用のコンテンツを作成するには 3 つの方法があり、それぞれに長所と短所があります。ここでは、3 つの方法すべてについて簡単に説明します。

  • Presence Builder を使用する。 Plesk に付属する Presence Builder ツールのウェブインターフェースを使用してウェブサイトを作成します。ツールに含まれるテンプレートを使用すると、プロフェッショナルなウェブサイトがわずか数分で完成します。
  • コンテンツ管理システムを使用する。 コンテンツ管理システム(略称「CMS」)とは、ウェブサイトの作成と保守に使用できるサードパーティ製のアプリケーションです。柔軟性が高く、オプションのアドオンが多数用意されています。Presence Builder と比べてより詳細にカスタマイズできる反面、技術的な知識が必要になります。
  • プロのデザイナーを利用し、完成したコンテンツをアップロードする。このオプションでは、期待通りのウェブサイトを確実に作成できますが、最もコストがかかります。自社のホスティングアカウントに、ウェブデザイナーから納品されたファイルをアップロードする必要があります。アップロードには FTP またはファイルマネージャを使用できます。

この章では、これら 3 通りのウェブサイト作成方法を詳しく説明していきます。また、サイトのユーザ用にメールボックスを作成する方法や、サイトの訪問者統計を参照する方法も説明します。

高度なホスティング機能

Plesk の基本機能に習熟したら、続いて高度なホスティング機能もお試しください。ウェブアプリケーションのインストールSSL/TLS 証明書によるサイトの保護データベースの導入などの高度な機能を利用して、ウェブサイトの機能を拡張することができます。

注:顧客パネルをシンプルに、使いやすくするために、ホスティング事業者は高度な機能を無効化することができます。本ガイドでは、そのような機能を説明するセクションに「(高度)」と付記しています。これらの機能が必要な場合には、ホスティング事業者までご相談ください。

この章の内容:

Plesk へのログイン

Plesk インターフェースの概要

最初のウェブサイトをセットアップする

メールアカウントをセットアップする

サイト訪問統計を表示する