Plesk 機能の説明

このセクションでは、チュートリアルに含まれない作業の実行方法を説明します。

この章の内容:

ユーザアカウントを管理する

ウェブホスティングを管理する

コンテンツをアップロードする

メールアカウントを管理する

DNS レコードを管理する

ウェブアプリケーションを管理する

統計を表示する

バックアップを管理する

 

ユーザアカウントを管理する

Plesk へのアクセス用のユーザ名を変更する

顧客が Plesk GUI で自分のユーザアカウントのログイン名を変更することはできません。ユーザアカウントのログイン名を変更するには、プロバイダまでお問い合わせください。

Plesk へのアクセス用のパスワードを変更する

パスワードを変更するには、ページ上部に表示されたユーザ名の上にカーソルを置いて[プロファイルを編集]をクリックするか、[マイ・プロファイル]に進みます。新しいパスワードを入力し、確認のためもう一度入力します。

MyProfile_General

インターフェース言語を変更する

インターフェース言語を変更するには、ページ上部に表示されたユーザ名の上にカーソルを置いて[プロファイルを編集]をクリックするか、[マイ・プロファイル]に進みます。Plesk 言語のリストから必要な言語を選択します。

MyProfile_Language

連絡先情報を変更する

連絡先情報を変更するには、ページ上部に表示されたユーザ名の上にカーソルを置いて[プロファイルを編集]をクリックするか、[マイ・プロファイル]に進みます。次に、[連絡先の詳細]タブを開きます。連絡先情報を変更し、確認します。

MyProfile_Contacts

Plesk からログアウトする

Plesk からログアウトするには、ページ上部に表示されたユーザ名の上にカーソルを置いて[ログアウト]をクリックします。

Log_out

 

ウェブホスティングを管理する

 

ドメインを追加する

契約で許可されている場合、単一の契約で複数のドメインを作成することができます。新たに追加されたドメインは、同じ契約に属する他のすべてのドメインと契約のリソースを共有します。ただし、新規作成されたドメインは他のあらゆる面で他のドメインから独立しており、独自のウェブホスティングおよび DNS 設定、データベース、メールアカウントを持ちます。

ドメインの追加は、以下のようなシナリオで役に立ちます。

  • 既存のどのウェブサイトとも無関係のウェブサイトを追加で作成し、独自の名前、ウェブコンテンツ、メールアカウントなどを持たせる。このシナリオでは、既にセカンドレベルドメイン名を登録していない限り、新規ウェブサイト用のセカンドレベルドメイン名を新たに登録する必要があります。セカンドレベルドメイン名は、固有の名前と .com や .net などのトップレベルドメインサフィックス(TLD)から構成された、「example.com」のような名前です。ドメイン名はプロバイダを通して登録できます。お好きなドメインレジストラから購入することもできます。
  • 別の事業者でホストしてきたドメインを移管する。このシナリオでは、ドメインレジストラに対し、Plesk ネームサーバへ移管したいウェブサイトのドメイン名について権威ネームサーバの変更を申請する必要があります。さらに、ウェブサイトのコンテンツを移管する必要があります。コンテンツは FTP またはファイルマネージャ経由でアップロードできます(「コンテンツをアップロードする」セクションを参照)。
  • 訪問者を別のウェブサイトへリダイレクトするためのウェブサイトをセットアップする。このようなリダイレクトをセットアップする理由については、「ドメインエイリアスを追加する」セクションでいくつか説明しています。ドメインエイリアス用に個別のドメイン名が必要です。

新しいドメインを追加するには、[ウェブサイトとドメイン]>[ドメインを追加]に進みます。

Add_domain

 

サブドメインを追加する

契約で許可されている場合、各ドメインに対して 1 つ以上のサブドメインまたはサードパーティドメインを作成することができます。サブドメインは、同じ契約に属する他のすべてのドメインおよびサブドメインと契約のすべてのリソースを共有します。ただし、各サブドメインは独自のウェブホスティングおよび DNS 設定を持つことができます。

サブドメインの追加は、以下のようなシナリオで役に立ちます。

  • ウェブサイトの構造を論理的にまとめたい。たとえば、「info.example.com」で会社情報を提供して、「store.example.com」でウェブストアにアクセスできるようにします。
  • シンプルなウェブサイトを多数ホストしたいが、それぞれに独自のドメイン名を購入する必要はない。たとえば、「johndoe.example.com」や「janedoe.example.com」のようなアドレスを使用して個人的なウェブサイトをホストすることができます。

サブドメインを追加するには、[ウェブサイトとドメイン]>[サブドメインを追加]に進みます。

Add_subdomain

 

ドメインエイリアスを追加する

契約で許可されている場合、1 つ以上のドメインエイリアスを作成することができます。ドメインエイリアスは、固有のコンテンツを持たず、訪問者は別のウェブサイトにリダイレクトされます。既に他のセカンドレベルドメイン名を登録していない限り、ドメインエイリアス用のセカンドレベルドメイン名を新たに登録する必要があります。ドメイン名はプロバイダを通して登録できます。あるいは、お好きなドメインレジストラから購入することもできます。

ドメインエイリアスの追加は、以下のようなシナリオで役に立ちます。

  • どのような TLD を指定したとしても、訪問者がウェブサイトを閲覧できるようにしたい。たとえば、「example.net」と「example.org」を登録して、これらをウェブサイト「example.com」をポイントするドメインエイリアスとして使用することができます。
  • ドメイン名を誤入力したとしても、訪問者がウェブサイトを閲覧できるようにしたい。たとえば、「exmaple.com」を登録して、ウェブサイト「example.com」をポイントするドメインエイリアスとして使用することができます。
  • ウェブサイトのドメイン名を変更したいが、訪問者が変更前のドメインを指定してもウェブサイトを閲覧できるようにしたい。たとえば、ウェブサイトのドメイン名を「example.com 」から「anotherexample.com」に変更する場合、「example.com」を、新しいウェブサイト「anotherexample.com」をポイントするドメインエイリアスとして構成することができます。

新しいドメインエイリアスを追加するには、[ウェブサイトとドメイン]>[ドメインエイリアスを追加]に進みます。

Add_domain_alias

 

カスタムエラーページをセットアップする

訪問者から要求されたウェブサイトページを正しく表示できないというエラーがウェブサーバで発生した場合、対応エラーコードを示すエラーページが表示されます。デフォルトで、このようなページは一般的すぎるため、提供する情報が十分ではありません。このような場合、標準のエラーページをカスタムエラーページに置き換えることができます。

Linux でカスタムエラーページをセットアップする
  1. [ウェブサイトとドメイン]>[ホスティング設定]に進みます。
  2. [カスタムエラードキュメント]チェックボックスをオンにして、[OK]をクリックします。

    Custom_error_pages_Linux

  3. FTP アカウントに接続して error_docs ディレクトリに移動します。
  4. 必要なファイルを編集するか、置き換えます。ファイル名が正しいことを確認します。
    • 400 Bad File Request - bad_request.html
    • 401 Unauthorized - unauthorized.html
    • 403 Forbidden/Access denied - forbidden.html
    • 404 Not Found - not_found.html
    • 405 Method Not Allowed - method_not_allowed.html
    • 406 Not Acceptable - not_acceptable.html
    • 407 Proxy Authentication Required - proxy_authentication_required.html
    • 412 Precondition Failed - precondition_failed.html
    • 414 Request-URI Too Long - request-uri_too_long.html
    • 415 Unsupported Media Type - unsupported_media_type.html
    • 500 Internal Server Error - internal_server_error.html
    • 501 Not Implemented - not_implemented.html
    • 502 Bad Gateway - bad_gateway.html
    • 503 Service Temporarily Unavailable - maintenance.html

ウェブサーバを再起動すると、カスタムエラードキュメントが使用されるようになります。

Windows でカスタムエラーページをセットアップする
  1. [ウェブサイトとドメイン]>[ホスティング設定]に進みます。

    [カスタムエラードキュメント]チェックボックスをオンにして、[OK]をクリックします。

    Custom_error_pages_Windows

  2. [仮想ディレクトリ]をクリックして、[エラードキュメント]タブをクリックします。ルートウェブディレクトリ用のエラードキュメントのリストが表示されます。これらは、選択されたサイトのすべてのウェブページに対して使用されます。特定の仮想ディレクトリ用のエラーページをカスタマイズするには、まずそのディレクトリに進んでください。
  3. 変更したいエラードキュメントをクリックします。以下のオプションが使用できます。
    • IIS がこのエラーページ用に提供するデフォルトドキュメントを使用するには、[タイプ]メニューから[デフォルト]を選択します。
    • ドメインの仮想ホストディレクトリにある error_docs ディレクトリに存在するカスタム HTML ドキュメントを使用するには、[タイプ]メニューから[ファイル]を選択し、[ロケーション]フィールドにファイル名を指定します。
    • error_docs 以外のディレクトリに存在するカスタム HTML ドキュメントを使用するには、[タイプ]メニューから[URL]を選択して[ロケーション]フィールドにドキュメントへのパスを入力します。これは、仮想ホストルート(%plesk_vhosts%\<domain_name>\httpdocs folder)を起点にした相対パスにする必要があります。

      たとえば、「forbidden_403_1.html」というファイルを作成し、httpdocs ディレクトリにある my_errors ディレクトリに保存したとします。このファイルをエラードキュメントとして使用するには、次のパスを[ロケーション]フィールドに入力します。 /my_errors/forbidden_403_1.html

注: カスタムエラードキュメントをサーバにアップロードするには、FTP またはファイルマネージャを使用することができます。デフォルトで、エラードキュメントはすべて %plesk_vhosts%\<domain_name>\error_docs\ ディレクトリに保存されます。

ウェブサーバを再起動すると、カスタムエラードキュメントが使用されるようになります。

 

HTTP 301 リダイレクトをセットアップする

Plesk には、ウェブサイトからウェブサイトへの検索エンジンフレンドリーな HTTP 301 リダイレクトのために、2 種類のセットアップ方法が用意されています。これにより、ウェブサイトの検索エンジンでのランキングを、リダイレクト先でも保つことができます。たとえば、「example.com」から「www.example.com」への HTTP 301 リダイレクトをセットアップすると、検索エンジンが「www」付きのバージョンと「www」無しのバージョンを同一のサイトとして取り扱うようになります。一方、HTTP 302 リダイレクトを使用すると「www」付きのバージョンと「www」無しのバージョンが別々のサイトとして処理されます。その結果、ランキングが分散されます。

ドメインエイリアスを使用して HTTP 301 リダイレクトをセットアップするには、[ウェブサイトとドメイン]>[ドメインエイリアスを追加]に進みます。

Add_domain_alias

ホスティングタイプを「転送」にして HTTP 301 リダイレクトをセットアップするには、[ウェブサイトとドメイン]>[ドメインを追加]に進みます。

Add_domain

 

優先ドメインを構成する

原則的に、どのウェブサイトでも「www」プレフィックス付きの URL(www.example.com など)と「www」プレフィックス無しの URL(example.com など)の両方を使用することができます。いずれかを優先ドメインとして選び、もう一方から訪問者をリダイレクトさせることをお勧めします。通常は「www」無しのバージョンをすべての訪問者の受け入れ先として選びます。たとえば、「www」無しのバージョン(example.com)を優先ドメインとして構成すると、ブラウザのアドレスバーに「www.example.com」と入力した訪問者も「example.com」にリダイレクトされます。

優先ドメインを構成または無効化するには、[ウェブサイトとドメイン]>[ホスティング設定]に進みます。

Hosting_Settings

Plesk は検索エンジンフレンドリーな HTTP 301 コードをリダイレクトに使用します。これにより、サイト(優先ドメイン)の検索エンジンランキングを維持することができます。リダイレクトを無効化すると、検索エンジンで「www」付きのバージョンと「www」無しのバージョンが異なるサイトとして処理されるようになります。その結果、ランキングが分散されます。

 

デフォルトホームページを設定する

Plesk for Linux でデフォルトのインデックスページを変更するには:
  1. [ウェブサイトとドメイン]>[Apache と nginx の設定]に進みます。

    Apache&Nginx

  2. [インデックスファイル]セクションで[カスタム値を入力]オプションを選択します。デフォルトページとして使用するファイル名を指定します。スペースで区切って複数のファイルを指定することもできます。たとえば、「index.htm index.php」のように指定すると、ウェブサーバは index.htm をデフォルトページとして扱い、この名前のファイルが見つからない場合は index.php が使用されます。


    Apache_Index_files

Plesk for Windows でデフォルトのインデックスページを変更するには:
  1. [ウェブサイトとドメイン]>[IIS 設定]に進みます。

    Windows_IIS_settings

  2. [デフォルトドキュメント]セクションで[カスタム値を入力]オプションを選択します。ファイル名をリストに追加するか、リストから削除します。ウェブサーバは、リストの一番上に表示されたエントリから順にデフォルトページファイルを探します。たとえば、「index.htm」の下に「index.php」を指定すると、ウェブサーバは index.htm をデフォルトページとして扱い、この名前のファイルが見つからない場合は index.php が使用されます。


Windows_default_documents

 

ドキュメントルートディレクトリを変更する

Plesk でウェブサイトホスティング付きでドメインを作成すると、サーバのファイルシステムに専用のディレクトリが作成されます。デフォルトで、このディレクトリのパスは以下のようになります。

  • Linux の場合:/var/www/vhosts/<ドメイン名>
  • Windows の場合:C:\Inetpub\vhosts\<ドメイン名>

このフォルダに、このドメインのすべてのウェブコンテンツが保存されるドキュメントルートディレクトリが含まれています。デフォルトでは httpdocs フォルダですが、Plesk で変更することができます。

ドキュメントルートディレクトリを変更するには、[ウェブサイトとドメイン]>[ホスティング設定]に進み、[ドキュメントルート]フィールドでディレクトリ名を変更します。

Document_root

 

PHP バージョンを選択する

PHP バージョンを変更するには、[ウェブサイトとドメイン]>[ホスティング設定]に進み、[PHP バージョン]メニューで必要なバージョンを選択します。

PHP_version

 

PHP 設定を構成する

PHP 設定を変更するには、[ウェブサイトとドメイン]>[PHP 設定]に進みます。

PHP_Settings

 

ASP.NET バージョンの選択

ASP.NET バージョンを変更するには、[ウェブサイトとドメイン]>[ホスティング設定]に進み、[Microsoft ASP.NET サポート]チェックボックスの近くにある[バージョン]で必要なバージョンを選択します。

ASP_Net_version

 

MIME タイプを設定する

MIME(Multipurpose Internet Mail Exchange)タイプは、サーバから受信するファイルをウェブブラウザまたはメールアプリケーションがどのように処理するのかを決定します。たとえば、ウェブブラウザは、サーバ上のアイテムを要求するときに、そのオブジェクトの MIME タイプも同時に要求します。グラフィックなど一部の MIME タイプは、ブラウザ内で表示することができます。ワープロ文書など、その他のタイプを表示するためには、外部のアプリケーションが必要になります。

カスタム MIME タイプを設定することで、クライアント側で特定のファイルタイプを開くときに使用すべきアプリケーションを決定することができます。

Plesk for Linux で MIME タイプを構成するには、[ウェブサイトとドメイン]>[Apache と nginx の設定]をクリックします。

Apache&Nginx

Plesk for Windows で MIME タイプを構成するには、[ウェブサイトとドメイン]>[IIS 設定]をクリックします。

Windows_IIS_settings

次に、ファイル拡張子とファイルタイプを紐付ける MIME タイプを指定します。たとえば「text/plain .mytxt」のように指定します。

MIME_types

 

コンテンツをアップロードする

Plesk は、ドメイン用のコンテンツのために、2 種類のアップロード方法を提供しています。

  • FTP 経由でコンテンツをアップロードする。FTP クライアントというプログラムを使ってサーバに接続し、コンテンツをアップロードします。
  • ファイルマネージャでコンテンツをアップロードする。Plesk では、ウェブインターフェースを使用してコンテンツをアップロード・編集することができます。
 

FTP 経由でコンテンツをアップロードする

FTP 経由でサーバに接続する場合、必要な情報は以下のとおりです。

  • FTP サーバのアドレス: FTP アドレスがドメイン名、つまりサイトのインターネット上のアドレスである場合。
  • FTP ユーザ名: システムユーザ名と同じです。システムユーザ名を確認するには、[ウェブサイトとドメイン]>[ウェブホスティングアクセス]に進みます。システムユーザ名は[ユーザ名]で確認できます。必要に応じてシステムユーザを変更することができます。
  • FTP パスワード: システムユーザのパスワードと同じです。システムユーザのパスワードがわからない場合、[ウェブサイトとドメイン]>[ウェブホスティングアクセス]に進みます。[パスワード]でパスワードをリセットできます。

FTP クライアントというプログラムも必要になります。FileZilla や FireFTP などの様々な FTP クライアントがインターネット上で無償で提供されています。ダウンロードしたクライアントをコンピュータにインストールして、FTP サーバに接続します。FTP クライアントのインストール方法と構成方法については、各 FTP クライアントの手順に従ってください。

FTP アカウントのユーザ名またはパスワードを変更するには、[ウェブサイトとドメイン]>[ウェブホスティングアクセス]に進みます。

Web_hosting_acess

次に、[システムユーザ]で新しいユーザ名とパスワードを指定します。

System_user

 

ファイルマネージャでコンテンツをアップロードする

コンテンツをアップロードするには、[ファイル]に移動して、コンテンツをアップロードしたいフォルダを開き、[アップロード]をクリックしてアップロードするファイルを選択し、[開く]をクリックします。

複数のファイルをアップロードする場合は、これらのファイルをアーカイブに格納してアップロードし、アーカイブからファイルを抽出すると、時間の節約になります。現時点では ZIP 形式のアーカイブファイルのみがサポートされています。

File_Manager_upload

ファイルをダウンロードするには、[ファイル]に進み、ダウンロードしたいファイルまで移動してこのファイルの横にある Box_menu アイコンをクリックし、メニューから[ダウンロード]を選択します。

File_Manager_download

ファイルを圧縮するには、[ファイル]に進み、圧縮したいファイルまたはフォルダまで移動して、その横にあるチェックボックスをオンにして[アーカイブに追加]をクリックします。

File_Manager_compress

アーカイブからファイルを抽出するには、[ファイル]に移動して、展開したいファイルのチェックボックスをオンにして[ファイルを展開]をクリックします。

File_Manager_extract

ファイルを編集するには、[ファイル]に進んで、編集したいファイルの場所に移動して、以下のいずれかを実行します。

  • ファイルをコードエディタで編集するには、編集したいファイルの横にある アイコンをクリックし、[コードエディタで編集]を選択します。
  • ファイルを HTML エディタで編集するには、編集したいファイルの横にある アイコンをクリックし、[HTML エディタで編集]を選択します。
  • ファイルをテキストエディタで編集するには、編集したいファイルの横にある アイコンをクリックし、[テキストエディタで編集]を選択します。

    File_Manager_edit

 

メールアカウントを管理する

メールサービスにより、インターネットユーザ同士でメールメッセージをやりとりすることができます。Plesk はメールサーバとして機能させることができます。また、メールアカウントを作成して管理することができ、多種多様なメール関連処理を実行可能です。たとえば、メールアカウントのパスワードの変更、自動応答の有効化などができます。

メールアカウントを作成するには:

[メール]>[メールアドレスを作成]に進みます。

Create_mail_address

ウェブメールを使用してメールアカウントにアクセスするには:

  • ウェブブラウザで webmail.example.com という URL にアクセスします(example.com はウェブサイトのインターネットアドレス)。プロンプトが表示されたら、ユーザ名としてメールアドレス(例:mail@example.com)と、メールアドレスのパスワードを指定します。
  • Plesk にログインしたら[メール]に進み、メールアドレスのリストから該当するメールアドレスの横の webmail アイコンをクリックします。

注: ウェブメールページが開かない場合、ウェブメールソリューションが有効であることを確認してください。[メール]>[メール設定]に進み、ウェブメールにアクセスできなくなっているドメインの名前をクリックして、[ウェブメール]メニューでウェブメールクライアントを選択します。

メールクライアントを使用してメールアカウントにアクセスするには:

コンピュータにメールクライアントプログラムをインストールして起動します。通常、このようなプログラムでは、以下の設定を指定する必要があります。

  • ユーザ名: メールアドレスを完全に入力します(例:johndoe@example.com)。
  • パスワード:メールアカウントのパスワードを指定します。
  • メールサーバのプロトコル: メッセージのコピーをサーバに残すかどうかを決定します。コピーをサーバに残したい場合は、IMAP オプションを選択します。サーバに残したくない場合は、POP3 オプションを選択します。IMAP を選択した場合は、サーバで SpamAssassin が有効になっていれば、受信したメールメッセージを SpamAssassin スパムフィルタに学習させることもできます。
  • 受信用メールサーバ(POP3/IMAP): ドメイン名を指定します(例:example.com)。デフォルト POP3 ポートは 110 です。デフォルト IMAP ポートは 143 です。
  • 送信メールサーバ(SMTP):ドメイン名を指定します(例:example.com)。デフォルト SMTP ポートは 25 です。サーバで認証が必要かどうかを指定します。

メールクライアントの構成方法について詳しくは、お使いのメールクライアントのマニュアルを参照してください。

注:このセクションの手順でメールボックスにアクセスできない場合、メールサーバの設定が原因である可能性があります。たとえば、メールサービスが標準以外のポートを listen している場合や、メールサービスへのアクセスがブロックされている場合があります。ホスティング事業者に連絡して、この問題を解決してください。

 

DNS レコードを管理する

ドメイン名とは、人間が判読できるウェブサイトのインターネットアドレスであり、ウェブサイトに到達するために使用します。人間が判読できる名前からマシンが判読できる名前への変換は、ドメインネームシステム(略称「DNS」)で実行されます。自分のウェブサイトの DNS 設定が正しく設定されていることは非常に重要で、正しくない場合にはサービスの動作に支障をきたします。たとえば、ドメインが利用できなくなったり、メールがメールサーバに届かなくなります。Plesk は、ドメインのプライマリ(マスター)またはセカンダリ(スレーブ)ネームサーバとして機能します。DNS 設定は自動的に構成されますが、インターフェースから変更することができます。ドメインの DNS サービスがサードパーティのネームサーバによって提供されている場合、Plesk で DNS サービスを無効にすることができます。

 

DNS レコードを追加・変更する

注: このセクションは上級ユーザ向けの機能です。DNS 設定を正しく構成しないと、ウェブサイトとメールへのアクセスに悪影響を与える可能性があります。

Plesk では、新しいドメイン名ごとに、サービスプロバイダで構成された設定に従って DNS ゾーンが自動作成されます。ドメイン名は自動作成された構成のままで正しく機能します。ただし、Plesk NS サーバを使用しており、ドメイン名ゾーンをカスタムで変更する必要がある場合は、コントロールパネルで変更を実行することができます。

ドメインの DNS ゾーンのリソースレコードを表示するには、[ウェブサイトとドメイン]>[DNS 設定]に移動します。

DNS_settings

ゾーンにリソースレコードを追加するには、[ウェブサイトとドメイン]>[DNS 設定]>[レコードを追加]に進みます。

Add_DNS_record

リソースレコードのプロパティを変更するには、[ウェブサイトとドメイン]>[DNS 設定]を選択し、レコードをクリックします。

上記で説明したリソースレコードに加えて、SOA(Start of Authority)レコードもあります。このレコードは、この DNS ネームサーバがドメインの DNS ゾーン用であることを表します。また、ドメインネームシステム内の DNS ゾーンに関する情報の伝搬に影響を与える設定も含まれています。

 

外部 NS サーバを使用する

自社のアカウントでウェブサイトをホストする時にプライマリ(マスター)NS サーバとして Plesk を使用したくない場合は、以下のオプションがあります。

  • Plesk ネームサーバをセカンダリ(スレーブ)ネームサーバとして使用する。このオプションは、自社のウェブサイトのプライマリ(マスター)ネームサーバとして機能するスタンドアロンのネームサーバがある場合に選択します。
  • Plesk でドメインの DNS を無効にする。このオプションは、自社のウェブサイトに対して権威を持つプライマリおよびセカンダリネームサーバが外部にある場合に選択します。

Plesk DNS サーバをセカンダリネームサーバに変更するには、[ウェブサイトとドメイン]>[DNS 設定][マスター/スレーブ]をクリックします。

Plesk DNS サーバをプライマリネームサーバに戻すには、[ウェブサイトとドメイン]>[DNS 設定][マスター/スレーブ]をクリックします。

権威を持つネームサーバが外部にあるサイトに対して Plesk の DNS サービスをオフにする場合、[ウェブサイトとドメイン]>[DNS 設定][無効化]をクリックします。

 

ウェブアプリケーションを管理する

ウェブアプリケーションとは、ウェブサイトにインストールして機能を追加したりユーザエクスペリエンスを向上するために設計されたソフトウェア製品です。Plesk のアプリケーションヴォルトでは、各種ユーザシナリオに対応する各種アプリケーションを提供しており、Plesk インターフェースからアプリケーションを簡単にインストールできます。

アプリケーションをインストールするには、[アプリケーション][インストール][インストール(カスタム)、または[インストールバージョン]を選択します。

Application_install

 

統計を表示する

サイト訪問統計

ウェブ統計を有効にするか、ウェブ統計アプリケーションを変更するには、[ウェブサイトとドメイン]>[ホスティング設定]に進み、[ウェブ統計]メニューから、ウェブサイト訪問者に関するグラフィカルレポートとチャートの表示に使用したいウェブ統計ソフトウェアを選択します。

Web_statistics_enable

ウェブ統計を表示するには、[ウェブサイトとドメイン]>[ウェブ統計]に進みます。

Web_statistics_view

注: 上記の手順に従ってもウェブ統計が表示されない場合、当該ドメインの統計がまだ生成されていない可能性があります。ドメインの作成やウェブ統計の有効化からあまり時間が経っていない可能性が高いため、24 時間後に同じ手順を再実行してください。それでもウェブ統計が表示されない場合、プロバイダまでお問い合わせください。

ディスクおよびトラフィック使用量レポート

ディスクおよびトラフィック使用量レポートを表示するには、[統計]に進みます。

Statistics

 

バックアップを管理する

アクシデントや悪意ある攻撃に対する対策として、ウェブサイトコンテンツのバックアップコピーを保持しておくことをお勧めします。Plesk でバックアップコピーを作成するには、バックアップおよび復元機能を使用します。この機能で、構成およびコンテンツ(ウェブサイトコンテンツ、メールアカウント、データベースなど)のバックアップを作成でき、必要な場合にはデータを復元できます。さらに、Plesk で作成したバックアップファイルのダウンロードや、バックアップファイルのアップロードができます。旧バージョンの Plesk で作成したバックアップファイルであってもアップロード可能です。作成したバックアップは、ローカルに保存することもリモート FTP ストレージに保存することもできます。

 

アカウントとウェブサイトをバックアップする

自分のアカウントとすべての契約に関連するすべてのデータをバックアップするには、[アカウント]>[マイ・アカウントとウェブサイトのバックアップ]を選択します。

Back_up_account_websites

現在選択している契約に関連するウェブサイトをバックアップするには、[アカウント]>[ウェブサイトのバックアップ]に進みます。

Back_up_websites

次に、[バックアップ]をクリックして、新規バックアップを作成します。

Back_up

 

バックアップを復元する

Plesk Onyx までのバージョンで作成したバックアップを復元できます。ただし、Plesk 8.6 より古い場合は復元できません。以下の復元オプションがあります。

  • Plesk 11.5 以前のバージョンでバックアップを復元するか、Plesk 11.5 以前のバージョンで作成したバックアップを復元する。バックアップファイル内のすべてのオブジェクトが復元されます。同じ名前のオブジェクトがサーバに存在する場合は、既存のオブジェクトが上書きされます。たとえば、ドメインコンテンツを含む example.com ドメインのバックアップファイルを復元する場合、サーバ上に example.com ドメインのコンテンツがもしあれば、バックアップファイルに含まれるデータによって上書きされます。
  • Plesk 12.0 以降のバージョンでバックアップを復元するか、Plesk 12.0 以降のバージョンで作成したバックアップを復元する。バックアップファイル内のどのオブジェクトを復元するか選択することができます。特定のサイト、ファイル、データベースなどを選んで復元できます。これにより、復元したいオブジェクトだけを復元でき、他のオブジェクトは上書きされません。たとえば、ドメイン example.com の DNS ゾーンだけを復元したい場合、他のドメインの構成はどれも復元する必要がありません。

バックアップファイルを復元するには、[アカウント]>[ウェブサイトのバックアップ]または[ウェブサイトとドメイン]>[バックアップマネージャ]に進みます。次に、必要なバックアップをクリックし、復元するオブジェクトを指定して、[復元]をクリックします。

Restore