ドメイン名とは、人間が判読できるウェブサイトのインターネットアドレスであり、ウェブサイトに到達するために使用します。人間が判読できる名前からマシンが判読できる名前への変換は、ドメインネームシステム(略称「DNS」)で実行されます。自分のウェブサイトの DNS 設定が正しく設定されていることは非常に重要で、正しくない場合にはサービスの動作に支障をきたします。たとえば、ドメインが利用できなくなるか、メールがメールサーバに届かなくなる可能性があります。Plesk は、ドメインのプライマリ(マスター)またはセカンダリ(スレーブ)ネームサーバとして機能します。DNS 設定は自動的に構成されますが、インターフェースから変更することができます。ドメインの DNS サービスがサードパーティのネームサーバによって提供されている場合、Plesk で DNS サービスを無効にすることができます。

DNS レコードを追加・変更する

注釈: このセクションは上級ユーザ向けの機能です。DNS 設定を正しく構成しないと、ウェブサイトとメールへのアクセスに悪影響を与える可能性があります。

Plesk では、新しいドメイン名ごとに、サービスプロバイダで構成された設定に従って DNS ゾーンが自動作成されます。ドメイン名は自動作成された構成のままで正しく機能します。ただし、Plesk NS サーバを使用しており、ドメイン名ゾーンをカスタムで変更する必要がある場合は、コントロールパネルで変更を実行することができます。

ドメインの DNS ゾーンのリソースレコードを表示するには、 [ウェブサイトとドメイン]> [DNS 設定] に移動します。

image-77086.png

ゾーンにリソースレコードを追加するには、 [ウェブサイトとドメイン]> [DNS 設定]> [レコードを追加] に進みます。

image-77088.png

リソースレコードのプロパティを変更するには、 [ウェブサイトとドメイン]> [DNS 設定] を選択し、レコードをクリックします。

上記で説明したリソースレコードに加えて、SOA(Start of Authority)レコードもあります。このレコードは、この DNS ネームサーバがドメインの DNS ゾーン用であることを表します。また、ドメインネームシステム内の DNS ゾーンに関する情報の伝搬に影響を与える設定も含まれています。

外部 NS サーバを使用する

自社のアカウントでウェブサイトをホストする時にプライマリ(マスター)NS サーバとして Plesk を使用したくない場合は、以下のオプションがあります。

  • Plesk ネームサーバをセカンダリ(スレーブ)ネームサーバとして使用する。このオプションは、自社のウェブサイトのプライマリ(マスター)ネームサーバとして機能するスタンドアロンのネームサーバがある場合に選択します。
  • Plesk でドメインの DNS を無効にする。このオプションは、自社のウェブサイトに対して権威を持つプライマリおよびセカンダリネームサーバが外部にある場合に選択します。

Plesk DNS サーバをセカンダリネームサーバに変更するには、 [ウェブサイトとドメイン]> [DNS 設定][マスター/スレーブ] をクリックします。

Plesk DNS サーバをプライマリネームサーバに戻すには、 [ウェブサイトとドメイン]> [DNS 設定][マスター/スレーブ] をクリックします。

権威を持つネームサーバが外部にあるサイトに対して Plesk の DNS サービスをオフにする場合、 [ウェブサイトとドメイン]> [DNS 設定][無効化] をクリックします。