様々なウェブアプリケーションを使用して、ウェブサイトの機能を大幅に拡大できます。ウェブサイトにインストールしたアプリケーションにより、様々な作業が可能になります。個人ユーザの場合は、自分のブログを作成したり、メディアファイル用のオンラインストレージを構成することができます。企業の場合は、e-コマースや CRM ウェブアプリケーションなどを使用して、業務の一部をオンラインに移行することができます。顧客パネルの [アプリケーション] セクションからこれらすべてのアプリケーションをインストールできます。

使用可能なアプリケーションは、ホスティングプランによって異なります。無償のアプリケーションのみが含まれる場合もあれば、アプリケーションが何も含まれない場合もあります。使用可能なアプリケーションについては、ホスティング事業者までお問い合わせください。

アプリケーションの種類

ウェブアプリケーションには、以下の 2 つのタイプがあります。

  • ウェブサイトに直接インストールするアプリケーション( WordPress ブログプラットフォーム、 Joomla! コンテンツ管理システムなど)。
  • 外部サーバにインストールされた、サードパーティが提供するアプリケーション。

インストールのタイプにかかわらず、アプリケーションは 無償 または 有償 です。有償アプリケーションの使用を開始するためには、ライセンスキーを取得する必要があります。

アプリケーションのインストールとメンテナンス

インストール作業は完全に自動化されているので、特別なスキルは不要です。顧客パネルからウェブアプリケーションをインストールする方法については、「 アプリケーションをインストールする 」セクションを参照してください。

アプリケーションの更新や削除を Plesk で直接実行できるため、インストール後のアプリケーション管理も簡単です。さらに、アプリケーションにログインすることなく、アプリケーションの一部の機能を顧客パネルで実行できます。たとえば、SugarCRM のユーザアカウントを顧客パネルで直接追加できます。アプリケーションのこのような機能は、アプリケーションが提供する「 サービス 」です。

アプリケーションのインストール後に、他の追加ユーザアカウントにもアクセス権を付与すれば、これらのユーザもアプリケーションを使用できるようになります。アプリケーションの管理を始めるには、「 アプリケーションを管理する 」セクションを参照してください。

アプリケーションデータベース

アプリケーションでデータベースが必要な場合は、アプリケーションのインストール中に自動的に作成されます。データベースの作成時に、Plesk は アプリケーションデータベースの設定 を使用します。この設定は、アプリケーションのインストール時に [メインの構成セクション][すべての設定を表示] リンク)で変更することができます。

  • データベース名と、アプリケーションがデータベースを保存するデータベースサーバ
  • Plesk でアプリケーションデータベースへのアクセスに使用される、データベースのユーザクレデンシャル。すべてのデータベースにアクセスできるデータベースユーザを 1 つ導入すると便利です。この場合、共通のユーザアカウントを作成し、アプリケーションのインストール時に指定します。詳しくは「 データベースユーザアカウントを管理する 」セクションを参照してください。

契約で許可されるデータベース数の上限に達すると、新しいアプリケーション用にデータベースが作成されなくなります。代わりに、既存のデータベースのいずれかにテーブルが追加され、テーブル名に プレフィックス が追加されます。このプレフィックスで、どのアプリケーションのテーブルなのか簡単に識別できます。たとえば、WordPress アプリケーションのテーブル名に追加されるプレフィックスは「 wpress_ 」です。

アプリケーションへのアクセス

デフォルトで、インストールが完了したアプリケーションを使用できるのは、 所有者 の役割を持つユーザのみです。特定の追加ユーザに対してアプリケーションを使用可能にするには、当該ユーザのパーミッションを変更します。追加ユーザに対してアプリケーションへのアクセス権をセットアップする方法については、「 追加ユーザにアプリケーションへのアクセス権を付与する 」セクションを参照してください。

アプリケーションと追加ユーザアカウント

一部のアプリケーションでは、ユーザアカウントの作成と管理を Plesk で直接実行することができます。たとえば SugarCRM アプリケーションの場合、アプリケーションにログインせずに SugarCRM ユーザを追加できます。このような「アカウントサービス」が提供されているすべてのアプリケーションでは、そのユーザアカウントを Plesk 契約のユーザ(追加ユーザ)に紐付けることができます。紐付けを行うには、追加ユーザにアカウントサービスへのアクセス権を付与する必要があります(アプリケーションにアクセス権を付与する作業と同じです)。アカウントの紐付けについては、「 アプリケーションと追加ユーザアカウントを紐付ける 」セクションを参照してください。

Installing Apps

Depending on your needs and expertise level, you can choose one of the following ways to install an app:

  • Quick. This is the easiest way to install an app. If you choose this way, Plesk will perform a typical installation of the latest app version of the selected app, Plesk will use the default values for the app settings. For example, your Plesk access credentials will be used as the app administrator's credentials. Some apps require you to fill in certain settings even if you select the quick installation.

  • Custom. This way allows you to customize app installation settings such as administrator credentials and location, installation path, and other. Particularly, you should use custom installation if you want to switch off automatic upgrades of the app.

    注釈: Many applications are unable to function if the safe_mode PHP directive is in effect. To check if safe_mode is switched on for your account, go to Websites & Domains, click PHP settings, and search for safe_mode in the Common settings section. If safe_mode is on, switch it off. If you are unable to make changes to the PHP settings, contact your provider.

To install an app:

  1. Go to Applications and find the app you need.

  2. Click either the Install button for the quick installation or the Install (Custom) for the custom installation.

  3. (Optional) Turn off automatic upgrades of the app.

    If you do not want the app to be updated automatically, deselect the option Automatically update this app when updates are available on the installation settings page.

  4. (Optional) Select the app version.

    Sometimes, you may need to install a specific version of an app. For example, if you plan to use app extensions that are incompatible with the latest app version. In this case, click the app name > Install version to select the version you need. Then install the app.

    image-Applications-install

アプリケーションを管理する

基本的には、顧客パネルですべてのアプリケーションのメインパラメータを構成できます。このアプリケーションの設定にアクセスするには、 [アプリケーション]> [マイ・アプリケーションを管理] で、一覧からアプリケーションを選択します。アプリケーションを選択してから、以下を構成できます。

  • 全般設定 基本設定(アプリケーション管理者のパスワード)であり、 [設定を変更] で変更できます。
  • サービス設定 アプリケーションの機能の一部が Plesk にサービスとして提供されている場合、構成を変更するオプションがあります。たとえば SugarCRM アプリケーションの場合、ユーザアカウントの作成機能が顧客パネルにサービスとして提供されています。 [提供されているサービス] でこのサービスを選択すると、すべてのアプリケーションユーザアカウントの表示や新規作成ができるようになります。 一部のアプリケーションでは、アプリケーションアカウントと追加ユーザアカウントを紐付けることができます。アカウントの紐付けについては、「 アプリケーションと追加ユーザアカウントを紐付ける 」セクションを参照してください。

注釈: サーバに WordPress Toolkit がインストールされている場合は、これを使用して当該サーバの WordPress を集中管理することが推奨されます。詳しくは、「 WordPress Toolkit 」セクションを参照してください。

image-Applications-manage

追加ユーザにアプリケーションへのアクセス権を付与する

デフォルトで、インストールが完了したアプリケーションにアクセスできるのは、 所有者 の役割を持つユーザのみです。他の契約ユーザがアプリケーションにアクセスできるようにするには:

  • [ユーザ]> [ユーザ役割] で、該当アプリケーションへのアクセスパーミッションを特定のユーザグループに付与します。

  • 必要なユーザを、このグループに追加してください。

    image-Application-user-role

ユーザに対してアプリケーションへのアクセスを許可すると、 [ウェブサイトとドメイン] ページの該当するウェブサイト名の下にアプリケーションへのリンクが表示されます。 アプリケーションへのアクセスは、ユーザグループ単位でコントロールします。 従って、既存のグループのパーミッションを変更するか、新しいグループを作成してユーザを割り当てます。

デフォルトで、アプリケーションの管理者とは、「 所有者 」の役割を持つ契約ユーザです。このユーザは 、[ウェブサイトとドメイン] ページでアプリケーションにアクセスできるほか、契約内のアプリケーションをインストールして管理することもできます。これらの目的のために、ユーザのインターフェースに [アプリケーション] タブが追加されます。他の契約ユーザに対して、同じ管理権限を付与するには、 [ユーザ]>[ユーザ役割] で該当ユーザに「 アプリケーションのインストールと管理 」パーミッションを付与します。これによって、契約内の すべて のアプリケーションに対するフル管理アクセスがユーザに提供されます。管理者と同じく、このパーミッションを持つユーザも、顧客パネルの [アプリケーション] タブでアプリケーションをインストール、構成、更新、削除することができます。

アプリケーションと追加ユーザアカウントを紐付ける

一部のアプリケーションでは、アプリケーションにログインせずにユーザアカウントを作成および管理できます。アプリケーションにこのような「 アカウントサービス 」機能があれば、Plesk 契約のユーザをアプリケーションのアカウントに紐付けることができます。紐付けを行うには:

  1. ユーザを 1 つのグループにまとめます( [ユーザ]>[ユーザ役割] )。
  2. 次のグループパーミッションのいずれかを付与します。
    • パブリックアクセス これを付与すると、グループ内の全ユーザが [ウェブサイトとドメインホーム ページのリンクからアプリケーションにアクセスできるようになります。
    • パーソナルアクセス これを付与すると、グループ内の全ユーザに対して アプリケーションでアカウントの自動作成 が行われます。その後、ユーザの [ウェブサイトとドメイン] ページにリンクが追加され、アプリケーションのパーソナルアカウントにログインできるようになります。 パーソナルアクセス パーミッションを却下すると、 アプリケーションはこのグループに紐付けられた全アカウントを自動的に削除します

アプリケーションを更新する

自動更新

Plesk のデフォルトでは、アプリケーションの新バージョンが提供されるとただちに最新バージョンがインストールされ、アプリケーションが更新されます。ただし、アプリケーションを更新すると、その機能が大きく変わる場合があります。たとえば、特定のアプリケーションバージョン向けに開発されたプラグインや拡張は、より新しいバージョンと互換性がない場合があります。従って、特定のアプリケーションに対しては自動更新を無効にした方がよい場合があります。

自動更新を有効/無効にするには:

  1. [アプリケーション]> [マイ・アプリケーションを管理] を選択し、アプリケーションの名前をクリックします。
  2. [設定を変更] をクリックします。
  3. [アップデートの公開後、このアプリを自動更新] オプションをオンまたはオフにします。

手動更新

アプリケーションの自動更新を禁止すると、より新しいバージョンが利用可能かどうかがわかるように、 [アプリケーション]> [マイ・アプリケーションを管理] のアプリケーション名の下に [更新可能] のリンクが追加されます。このリンクをクリックして、新しいバージョンの変更点を確認し、アプリケーションを更新するか現行バージョンのまま維持するかを決定します。

Managing PHP Project Dependencies with Composer

Composer is a tool that helps find, install, and update library packages that your PHP project depends on. Libraries are installed in the project's root directory. The Composer utility is available as part of Plesk. You do not need to install Composer in your project manually. Plesk installs the updates for Composer once a week.

Composer uses two files for storing the list of modules necessary for the project:

  • composer.json - lists libraries on which your project depends directly.

    Add file composer.json to the root directory of your project and specify packages. You can use the 'composer init' command to create composer.json .

  • composer.lock - lists all libraries on which the libraries in composer.json depend directly and indirectly, thus containing all libraries necessary for your project.

For more information, refer to the Composer documentation at https://getcomposer.org/doc/.

Plesk offers two ways to use Composer:

  • Through the command line. Refer to the Composer documentation for instructions.

    注釈: Use normal environment (not chrooted).

  • Through Websites & Domains > Applications. See the instructions below.

Using the UI for Managing PHP Project Dependencies with Composer

To find all applications that have composer.json, so that you can manage dependencies, click Scan in Websites & Domains > Applications. The applications will appear in the list in the Applications section. The commands described below are available only for applications with the composer.json file.

Installing Dependencies

To install all modules necessary for your project, in Websites & Domains > Applications > Manage My Applications > click the application name in the list > Install Dependencies.

Updating Dependencies

To update module dependencies, run Websites & Domains > Applications > Manage My Applications > click the application name > Update Dependencies.

Editing Dependencies

The Edit Configuration button opens composer.json in Plesk's Code Editor for manual editing.

Removing Dependencies Management from Your App

When you click Remove, the application no longer appears in the list of applications in My Apps. However, the composer.json and composer.lock files remain in the application directory, so you can add the application to the list by clicking Scan.