ビデオチュートリアルを再生

ドメインエイリアスを使用すると、複数のドメイン名に同じウェブサイトを紐付けることが可能になります。これは、ブランディング目的などで便利です。

Plesk でドメインエイリアスをセットアップするには:

  1. [ウェブサイトとドメイン] にアクセスし、 [ドメインエイリアスを追加] ウィザードを開始します。

    image-Add-domain-alias

  2. エイリアスを作成するドメイン( プライマリドメイン )とエイリアスのドメイン名( alias.tld など)を指定し、以下をセットアップします。

  • プライマリドメインとの DNS ゾーンの同期化

    このオプションを有効にすると、ドメインエイリアスの DNS ゾーンがプライマリドメインのゾーンと同期されます。プライマリドメインの DNS ゾーンに変更を加えると、エイリアスの DNS ゾーンに自動的に適用されます。たとえば、 blog.primary_domain.tld という CNAME レコードを作成すると、対応する blog.alias.tld レコードがエイリアスのゾーンに追加されます。

    注釈: ドメインエイリアスの DNS ゾーンがプライマリドメインと同期されている場合、エイリアスの DNS ゾーンのリソースレコードは変更できません。

  • メールサービス

    Plesk では、ドメインエイリアスでのメールボックスの作成が許可されず、代わりにプライマリドメインのメールボックスが使用されます。 [メールサービス] オプションをオンにすると、プライマリドメインの下に作成されたメールボックスがエイリアスでも使用できるようになります。エイリアスのメールボックスに送信されたメールをユーザが閲覧できるように、Plesk はプライマリドメイン下のメールボックスへこのメールをリダイレクトします。

    たとえば、

    mail@domain.tld というメールアドレスを使用しているとします。 domain.tld にエイリアス( alias.tld など)をセットアップします。 [メールサービス] オプションをオンにすると、 mail@alias.tld に送信されたすべてのメールが mail@domain.tld でも閲覧可能になります。このオプションをオンにしなければ、 mail@alias.tld 宛てに送信されたメールをメールボックス mail@domain.tld で読むことはできません。

  • ウェブサービス

    このオプションをオンにすると、ウェブサイトはエイリアスの URL でブラウザに表示されます。 [ウェブサービス] チェックボックスをオフにすると、エイリアスはメールにのみ使用されます( [メールサービス] がオンになっている場合に限る)。

  • HTTP 301 コードでリダイレクト

    Plesk はデフォルトで、ウェブサーバ内部のリダイレクトをエイリアスに使用します。この場合、エイリアスは、訪問者やウェブ検索エンジンからは個別のウェブサイトのように見えます。この方式では、検索エンジンがエイリアスのコンテンツを個別にインデックスするため、検索エンジンでプライマリドメインのランキングが低下してしまいます。

    これを回避するには、 [HTTP 301 コードでリダイレクト] をオンにして、HTTP 301 コード(恒久的な移動)でのリダイレクトを使用します。その結果、検索エンジンでプライマリドメインだけがランキング対象になります。詳しくは、 http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=en&answer=93633 を参照してください。

  • Java ウェブアプリケーション

    Linux プラットフォームのホスティングサービスを使用しており、サイトに Java アプリケーションをインストールしている場合、このアプリケーションへのドメインエイリアス経由のアクセスを可能にするには、 [Java ウェブアプリケーション] オプションをオンにします。