Apache ウェブサーバ設定

デフォルトで、Plesk は Apache ウェブサーバhttp://ja.wikipedia.org/wiki/Apache_HTTP_Server)を使用して、ウェブサイトのページをクライアント(訪問者がウェブサイトへのアクセスに使用するブラウザなど)へ配信します。パフォーマンス向上のために、Apache は nginx という別のウェブサーバによって補完されます。nginx のみを使用するオプションもあります。

デフォルトのウェブサーバ設定は、サーバ管理者(ホスティング事業者)が指定します。これらの設定により、ウェブサーバが各種ファイルを処理する方法やウェブサーバが SSL/TLS を使用する方法、ログファイルの保存場所などが決まります。

ただし、ウェブサイトの所有者は、自分のウェブサイト向けのカスタムウェブサーバ設定をセットアップすることもできます。これにより、インデックスファイルのタイプを追加したり、サイトへのアクセスを制限することなどができます。

注: ホスティング契約に適切なパーミッションが設定されていれば、ウェブサイトのウェブサーバ設定を調整できます。

このセクションの内容:

Apache ウェブサーバ設定を調整する

 
Apache ウェブサーバ設定を調整する

カスタマイズ可能なウェブサーバ設定はすべて、[ウェブサイトとドメイン]> ドメイン名 >[Apache と nginx の設定]ページにあります。カスタム設定は、選択したウェブサイトにのみ適用されます。

設定は、以下の 2 つのグループに分かれています。

  • Apache 共通設定

    通常、これらの設定はサイト所有者が変更するものであり、特定の拡張子を持つファイルに対する MIME タイプの追加([MIME タイプ])、特定のファイルタイプに対する Apache ハンドラの指定([ハンドラ])、サイトへのアクセスの制限([サイトへのアクセスを拒否])、新しいタイプのインデックスファイルの追加([インデックスファイル])、などを目的として行います。

    Common_Apache_settings

  • nginx 設定

    この設定では、ウェブ要求の処理を Apache ウェブサーバと nginx ウェブサーバに分けて、特定のサイトに対するパフォーマンスを高める方法を定義します。

    nginx_settings

    重要:nginx 設定は上級ユーザ専用の機能です。

    以下のオプションを使用して、Apache と nginx が要求を処理する方法を調整します。

    • プロキシモード:

      このオプションはデフォルトでオンになっています。つまり nginx が Apache のプロキシとして機能します。その下のオプションは、プロキシモードがオンである場合のみアクティブになり、要求の処理を nginx と Apache にどのように振り分けるかを指定することができます。

      ウェブコンテンツに対する要求の処理に Apache なしで nginx だけ使用する場合は、プロキシモードをオフにしてください。これにより、nginx がすべての要求を処理するようになります。

    • スマート統計ファイル処理

      注:このオプションは、nginx に関する問題のトラブルシューティング時にのみオフにしてください。

      このオプションをオフにすると、nginx の役割が制限され、nginx は要求と応答に変更を加えずに受け渡すだけになります。nginx に関連する問題のトラブルシューティング時以外は、このオプションをオンにしておくことをお勧めします。

    • 静的ファイルを nginx で直接処理

      静的コンテンツ(画像、ビデオファイルなど)が多い、高負荷のサイトの場合は、静的ファイルの処理を nginx に委託すれば、パフォーマンスを向上させることができます。Apache は、指定した拡張子を持つファイルに対する要求の処理に一切関与しません。

      たとえば、Apache で jpg ファイルや gif ファイルを配信しないようにするには、[静的ファイルを nginx で直接処理]オプションをオンにして、次のようにファイル拡張子を指定する必要があります。

      gif jpg

      または

      gif|jpg

      注:静的ファイルに対する要求は Apache に到達しないため、Apache のハンドラによって処理されません。つまり、リライトルール、.htaccess ディレクティブなどが適用されないということです。

    • PHP を nginx で処理

      [PHP を nginx で処理]オプションがオンになっている場合、Apache は、PHP ファイルに対する要求の処理に一切関与しません。PHP ファイルに対するすべての要求は、PHP-FPM ハンドラを使用して nginx で処理されます。Apache で使用されているハンドラは、nginx では使用できません。PHP-FPM は、FastCGI の高度なバージョンであり、高負荷のウェブアプリケーションに大きな利点をもたらします。PHP-FPM については、http://php-fpm.org/about/ を参照してください。

      注:PHP ファイルに対する要求は Apache に到達しないため、Apache のハンドラ(CGI、FastCGI、または Apache モジュール)を通過しません。そのため、一部のウェブアプリケーションが予期しない動作をする場合があります。

 

サブドメインは独自のウェブサーバ設定になっているので、サブドメインを持つサイトのウェブサーバ設定を変更しても、サブドメインにこれらの変更は反映されません。

必要な設定が見つからない場合は、ウェブサイトのカスタム設定をセットアップできるサーバ管理者(ホスティング事業者)にお問い合わせください。

サーバ設定のデフォルト値

カスタム値を入力して各パラメータの値を設定することも、デフォルト値のまま残すこともできします。後者の場合、サーバ管理者(ホスティング事業者)が定義したデフォルトのウェブサーバ構成の値が使用されます。

入力した値はデフォルト値よりも優先されます。唯一の例外は[サイトへのアクセスを拒否]設定であり、デフォルト構成の IP アドレス、および指定した IP アドレスがウェブサイトに適用されます。デフォルト構成で拒否されている IP アドレスを「許可」に設定した場合など、競合が発生している場合、Apache は管理者が入力した設定を使用します。