PHP 設定

Plesk は PHP スクリプティング言語に完全対応します。つまり、複数の PHP バージョンやハンドラタイプを追加設定なしでサポートします。このトピックでは、Plesk の顧客が顧客パネルを使用してドメインとサブドメインの PHP 設定をどのように管理できるかを説明します。

ドメインレベルでの PHP 管理には、次の 3 つの側面があります。

  • PHP バージョンの選択
  • PHP ハンドラタイプの選択
  • 追加 PHP 設定の構成

注:契約の設定に応じて、以下で説明するいくつかの設定のみを管理できるか、どの設定も管理できない可能性があります。管理対象ではない PHP 設定を管理する必要がある場合、ホスティング事業者までお問い合わせください。

PHP バージョンを選択する

Plesk は、追加設定なしで複数の PHP バージョンをサポートします。ドメインまたはサブドメイン用に PHP バージョンを選択するには、[ウェブサイトとドメイン]>[PHP 設定]で必要な PHP バージョンをメニューから選択します。

必要な PHP バージョンがメニューにない場合、ホスティング事業者までお問い合わせください。

異なる PHP バージョンの互換性は 100% ではありません。ドメイン用に PHP バージョン 5.4 を構成している場合、PHP 5.3 で記述されたウェブサイトが正しく機能しない可能性があります。どの PHP バージョンを選択すべきかわからない場合、デフォルト設定を使用するか、最新バージョンを使用してください。ウェブサイトが正しく表示されない場合、別の PHP バージョンに切り替えます。

ハンドラタイプを選択する

Plesk は、追加設定なしで多数の PHP ハンドラをサポートします。ドメインまたはサブドメイン用に PHP ハンドラタイプを選択するには、[ウェブサイトとドメイン]>[PHP 設定]で必要な PHP ハンドラタイプをメニューから選択します。

どの PHP ハンドラタイプを選択すべきかわからない場合、PHP ハンドラタイプについてこちらをお読みください。

追加設定を構成する

PHP バージョンとハンドラタイプに加え、さまざまな PHP 設定を[ウェブサイトとドメイン]>[PHP 設定]で管理できます。これらの設定は、主にパフォーマンスとセキュリティに関連するものですが、一部はウェブサイトの機能に関係します。オプションの横の アイコンをクリックすると説明が表示されます。

これらの設定を変更すると、ウェブサイトのパフォーマンスに影響を与える場合や、ウェブサイトが正しく表示されない場合があることに注意が必要です。どのような変更を加えるべきかよくわかっている場合を除き、追加設定はすべてデフォルト値のままにすることをお勧めします。PHP 設定に変更を加えた後で、ウェブサイトが遅くなったり読込が停止したりした場合は、すべての PHP 設定をデフォルト値に戻します。

PHP アクセラレーションを有効にする

ホスティング事業者が許可する場合、ウェブサイトに対して PHP アクセラレーション(opcode キャッシュモジュール)をオンにすることができます。PHP で記述されたウェブサイトの場合、opcode キャッシュモジュールを有効にすると、処理速度が 2 倍以上向上します。PHP アクセラレーションをオンにするには、[ウェブサイトとドメイン]>[PHP 設定]に進み、opcache.enable の値を on に設定します。

PHP 設定を表示する

サーバレベルで構成されている設定を含め、現在ドメインに対して構成されている PHP 設定を表示するには、[phpinfo() ページを表示]をクリックします。

PHP 設定の継承について

ある契約に属するドメインは、契約レベルで定義されている PHP 設定を継承します。サブドメインは、親ドメインのレベルで定義されている PHP 設定を継承します。必要なパーミッションが契約に付与されていれば、各ドメインとサブドメインの PHP 設定を独立して変更することができます。