リセラーのパーミッションは、そのリセラーが Plesk で実行できるオペレーションや、そのリセラーの顧客の契約において有効化できるサービスと権限を定義します。リセラー契約内で特定のパーミッションを オフ に設定すると、それに関連するサービスまたは権限をサービス契約で提供できなくなります。また、パーミッションを無効にすると、リセラーは指定されたアクションを顧客パネルで実行できません。たとえば、スケジューラを使用する権限がリセラーの契約に含まれていない(つまり、 スケジューラ管理オフ になっている)場合、リセラーの契約者とリセラーのいずれも、スケジューラを使用することができません。

(顧客に対してリセラーが作成するサービス契約には影響を与えない)リセラー固有のパーミッションには、次のようなものがあります。

  • リセラーパネルでの契約作成と顧客パネルでのドメイン作成: リセラーがホスティングサービス契約の作成、ドメインの追加、ウェブサイトの作成、ウェブ転送のセットアップを実行できるかどうかを示します。

  • XML API の利用: カスタムアプリケーション経由でウェブサイトをリモート管理できるかどうかを示します。リモート API とは、ウェブサイトに統合されたカスタムアプリケーションの開発に使用できるインターフェースです。リモート API を使用すると、ホスティングアカウントをセットアップしたり、サイトでホスティングサービスを購入した顧客に対してサービスをプロビジョニングすることなどができます。詳しくは『 Plesk Onyx: XML API Protocol Reference 』を参照してください。

  • Plesk へのアクセス: リセラーが Plesk の GUI を使用できるかどうかを示します。

  • 顧客アカウントを作成: リセラーが Plesk 内で顧客に対してユーザアカウントと契約を作成できるかどうかを示します。

  • 販売超過を許可: 販売超過ポリシーをセットアップできます。つまり、リセラーによる販売超過が許可されるかどうかをリセラー自身が設定できます。

    販売超過が可能な場合、リセラーはプランで割り当てられている容量を超過してリソースを販売できます。販売超過が許可される場合、リセラーは最初のリソース割当量ではなく実際のリソース使用量で管理されます。販売超過とは、たとえばあるリセラーにディスク容量が 10 ギガバイト割り当てられていると仮定した場合に、「割り当てられたディスク容量を使い切る顧客はいない」という前提に立って、各顧客にディスク容量を 5 ギガバイトずつ割り当てるようなマーケティング戦略です。

その他のパーミッションは、サービス 契約 と同義です。

すべての契約パーミッションのリストを表示するには、 [ホーム]> [自社のリソースとパーミッションの概要]> [パーミッション] タブに進みます。

image-76975.png