注釈: 復元できるのは、Plesk Onyx 17.0 以降で作成したバックアップのみです。

Plesk にバックアップファイルをアップロードするには、[ツールと設定] > [バックアップマネージャ]([ツールとリソース]の下)で、[アップロード]をクリックします。アップロードが開始される前に、以下のバックアップパラメータを指定するよう求められます。

  • バックアップファイル:[ファイルを選択]をクリックして、アップロードするバックアップファイルを選択します。デフォルトで、最大ファイルサイズは 2 GB に制限されています。それより大きいファイルをアップロードする必要がある場合、Plesk 設定でアップロードファイルの最大サイズを変更してください(詳しくは『Advanced Administrator Guide (Windows) 』および『Advanced Administrator Guide (Linux)』を参照してください)。

  • 有効な署名のないバックアップファイルをアップロード

    デフォルトで、バックアップファイルの復元を試みると、Plesk による構造の検証に加え、証明書が有効であることもチェックされます。このチェックでは、以下のようなバックアップファイルが検出され、復元が防止されます。

    • 破損している
    • サーバからのダウンロード後に手動で改変された
    • 別のサーバで作成された

    このチェックをスキップするには、[有効な署名のないバックアップファイルをアップロード]チェックボックスをオンにしてください。それにより、Plesk は問題の可能性がある場合でも、アップロードされたバックアップを復元するようになります(ただし、顧客やリセラーがアップロードしたバックアップは除く)。

    ご用心: 有効な署名のないバックアップファイルをアップロードすると、セキュリティ侵害が発生したりサーバの処理が妨げられる可能性があります。バックアップのソースを信頼できる場合にのみ、このチェックボックスを使用してください。

    有効な署名のないバックアップを顧客とリセラーが復元することを許可する方法は、こちらを参照してください

  • パスワード保護を使用する:このチェックボックスは、バックアップファイルの保護にパスワードを使用しており、このファイルのアップロード時にパスワードを指定する場合にオンにします。

  • パスワード:バックアップデータの保護に使用したパスワードを入力します。

    注釈: パスワード保護されたバックアップに対して[パスワード保護を使用する]オプションをオンにしなかった場合や正しくないパスワードを入力した場合にも、バックアップはサーバにアップロードされます。バックアップの復元時に、パスワードの入力が再び要求されます。

    image 78113

有効な署名のないバックアップを顧客とリセラーが復元することを許可する

[有効な署名のないバックアップファイルをアップロード]チェックボックスをオンにしても、顧客とリセラーに影響はありません。Plesk は潜在的に問題のあるバックアップファイルを引き続き検出し、顧客とリセラーがこうしたファイルを復元することを防止します。

有効な署名のないバックアップの復元を顧客とリセラーに対して許可するには、追加のセットアップが必要になります。

ご用心: 有効な署名のないバックアップファイルをアップロードすると、セキュリティ侵害が発生したりサーバの処理が妨げられる可能性があります。顧客やリセラーのバックアップソースを信頼できる場合にのみ、これらのファイルのアップロードを顧客とリセラーに対して許可するようにしてください。

有効な署名のないバックアップを顧客とリセラーが復元することを許可するには:

  1. panel.ini ファイルを編集用に開きます。ファイルは以下の場所にあります。

    • (Plesk for Linux) /usr/local/psa/admin/conf/panel.ini
    • (Plesk for Windows) %plesk_dir%admin\conf\panel.ini

    Panel.ini Editor 拡張を使用すると、Plesk インターフェースでもファイルを編集できます。

  2. panel.ini に以下の行を追加して保存します。

    [pmm]
    allowRestoreModifiedDumps = true