場合によっては、メール関連のウェブアプリケーション(ウェブメール、アンチスパムなど)の機能の一部を顧客パネルで直接使用できます。たとえば、メールアカウントを Open-Xchange ウェブメールのアカウントに紐付けることで、メールユーザに、ウェブメールへのリンクが顧客パネルで表示されるようにすることができます。

そのような方法でアプリケーションを統合するには、そのアプリケーションで特定のメールアカウントにアクセスできるようにする必要があります。この作業は、アカウントの作成中または編集中にメールアカウント設定で行うことができます。

特定のアプリケーションでメールアカウントにアクセスできるようにするには:

  1. [メール] > メールアドレスを選択 > [追加サービス]タブに進みます。
  2. メール関連サービスを提供するインストール済みアプリケーションのリストで、このメールアカウントにアクセスする必要があるアプリケーションの**[付与]**オプションをオンにします。
  3. [OK]をクリックします。

特定のアプリケーションによるメールアカウントへのアクセスを禁止するには:

  1. [メール] > メールアドレスを選択 > [追加サービス]タブに進みます。
  2. メール関連サービスを提供するインストール済みアプリケーションのリストで、このメールアカウントにアクセスしてはならないアプリケーションの**[拒否]**オプションをオンにします。
  3. [OK]をクリックします。