初めて Plesk にログインする

Plesk のインストールが完了したら、使い始める前に Plesk 開始画面でいくつかの設定を行う必要があります(下のスクリーンショットを参照してください)。このプロセスについて以下の手順で説明します。

image welcome screen

Plesk に初めてログインするには:

注釈: 既に Plesk 開始画面を開いている場合、最初の 2 ステップをスキップして ステップ 3 に進んでください

  1. ブラウザで以下の URL を開きます。

    https://<SERVER_HOSTNAME_OR_IP_ADDRESS>
    
  2. Plesk ログインページが表示されます。初回ログインでは、システムのパワーユーザ名とパスワードを入力してください。

    • (Linux) root とサーバの root パスワード
    • (Windows) Administrator とサーバ管理者パスワード

    image login screen

  3. Plesk 管理者のメールアドレスとパスワードを該当フィールドに入力します。次回 Plesk にログインするときは、このパスワードとユーザ名 admin を使用してください。

    注釈: 次回に Plesk にログインする際は、Google、GitHub、または Facebook アカウントを使用することもできます。それには、アカウントのメールアドレスを入力します。これで、次回から、リンクされたアカウントで Plesk にすぐにログインできます。また、Plesk [マイ・プロファイル]でいつでもアカウントをリンクできます。

  4. ライセンスを選択する:

    • 購入済みの Plesk ライセンスがある場合、受信したアクティベーションコードを[有料ライセンスで続ける]フィールドに貼り付けてください。ライセンスがない場合は Plesk オンラインストア でライセンスを購入できます。その後、アクティベーションコードがメールで届きます。
    • 有料ライセンスを購入する前に、Plesk Obsidian Web Pro edition で Plesk を 14 日間評価できます。これには、[すべての機能を使用できる評価版ライセンスで続ける]を選択します。
  5. エンドユーザライセンス契約(EULA)を読み、チェックボックスをオンにして確定し、[Plesk にログイン]をクリックします。

image init

簡単な初期化が完了したら、Plesk が完全に使用可能になります。

最初のウェブサイトの作成 から開始できます。

まず顧客を作成したいホスティング事業者は、サービスプロバイダビューに切り替えてください。

image service provider

下に Plesk ビューの概要が表示されます。

インターフェースタイプを選択する

さまざまなユーザのニーズに対応するために、Plesk には「ビュー」と呼ばれる 2 種類のユーザインターフェースがあります。

  • パワーユーザビューは、1 メールサーバの管理や個人的なウェブサイトの運営など、個人的なニーズのために Plesk を使用するユーザに最適です。
  • サービスプロバイダビューは、多数の顧客にサービスを提供することを予定している従来型のホスティング事業者のニーズに対応するように設計されています。サービスプロバイダビューは、Web Pro エディションと Web Host エディションに含まれています。

注釈: Plesk ではいつでもビューを変更できます。

Plesk ビューの詳細については こちら を参照してください。

Plesk のコントロールとツールを非表示にする

他のユーザの使用に備えて Plesk をセットアップする場合、 制限モード を有効にすると特定のコントロールとツールを使用できないように設定できます。

SSL/TLS Certificates Securing Plesk

By default, Plesk is automatically secured with an SSL/TLS certificate from Let’s Encrypt. The certificate secures the transferred data each time you and your customers (if any) access Plesk.

In certain cases, a new Plesk server does not have a resolvable hostname. In this case, Let’s Encrypt cannot issue a certificate, which could leave the Plesk server unprotected. Additionally, each time anyone visits Plesk, they would see a warning about an untrusted connection.

To prevent this from happening, Plesk generates a temporary server hostname if the actual server hostname is non-resolvable. The temporary server hostname is based on the server IP address and has a randomly generated prefix, which enhances security, for example, purple-bear.192-0-2-1.plesk.page, where:

  • purple-bear is a random prefix.
  • 192.0.2.1 is the server IP address.

Using the temporary server hostname, Let’s Encrypt issues a certificate that secures Plesk.

To ensure that the temporary server hostname does not get in the way of your configuration, the hostname is generated only if both of these conditions are met:

  • The actual server hostname is not resolvable during Plesk installation.
  • You did not provide the server hostname during the initial configuration of the Plesk server (via the CLI using the init_conf utility).

注釈: If you provided a server hostname after a temporary one had been already generated and after having worked in Plesk for some time, Plesk will not reissue the Let's Encrypt certificate securing the server. You need to issue a certificate for the new hostname manually.