カスタム仮想ホストテンプレートを作成したい場合、ローカルファイルシステムにディレクトリを作成して、その内部に以下のディレクトリを 1 つ以上作成します。

  • cgi-bin: テンプレートにカスタムスクリプトを格納
  • httpdocs: ウェブページや画像などのカスタムドキュメントを格納
  • error_docs: カスタムエラーメッセージを格納
  • webspace: 契約のホームディレクトリにカスタムファイル(.bashrc、.vimrc など)を格納

ディレクトリを作成した後で、新規作成したドメインの仮想ホスト構造に含めたいファイルを必要なディレクトリに格納してください。必要に応じて、Linux では /var/www/vhosts/.skel/0 、Windows では C:\inetpub\vhosts\.skel\0 に格納されているデフォルトファイルを使用できます。

カスタム仮想ホストテンプレート内では変数も使用できます。これらの変数には、ドメイン作成後に該当する値が挿入されます。

  • @domain_name@ - この変数にはドメイン名が挿入されます。Linux と Windows で使用できます。
  • @client_email@ - この変数には顧客のメールアドレスが挿入されます。Windows のみで使用できます。ドメイン名が挿入されます。

必要なファイルをすべて追加したら、ディレクトリを tgz、tar、tar.gz、または zip アーカイブにまとめます。これらのディレクトリはアーカイブファイルのルートに配置します。サブディレクトリに配置しないようにしてください。その他のディレクトリやファイルをアーカイブのルートに含めても、Plesk はこれらをテンプレートに追加しません。

カスタム仮想ホストテンプレートをアップロードするには、 [ツールと設定]> [仮想ホストテンプレート] に進み( [ツールとリソース] グループ内)、 [参照] をクリックして、準備したアーカイブファイルを探し、 [ファイル送信] をクリックします。デフォルトの仮想ホストテンプレートに戻すには、 [デフォルト] をクリックしてください。