仮想ホストの構造(Linux)

以下の表は、各仮想ホストに対して作成されるディレクトリを示します。すべてのディレクトリがデフォルトで追加されるわけではありません。一部のディレクトリは、ウェブサイトの所有者が必要とする場合にのみ作成されます。そのようなディレクトリは、「作成」列に「オンデマンド」と記載されています。たとえば、顧客がウェブサイトを追加しても、このウェブサイトに /web_users ディレクトリはありません。Plesk は顧客が最初のウェブユーザを追加した後にのみ、このディレクトリを作成します。

次の表は、仮想ホストディレクトリ /var/www/vhosts/<vhost> のサブディレクトリの一覧です。

  ディレクトリツリー ユーザ グループ パーミッション 説明 作成

/<VHOST>

 

 

user

psaserv

755

 

常に

 

/anon_ftp

 

user

psaserv

750

匿名 FTP ファイル

オンデマンド

 

/error_docs

 

user

psacln

755

エラーメッセージファイル

常に

 

 

<doc>.html

user

psaserv

755

 

 

 

/httpdocs

 

user

psaserv

750

HTTP ドキュメント

常に

 

 

/cgi-bin

user

psaserv

755

CGI スクリプト

常に

 

/logs

 

user

root

700

../system/<vhost>/logs へのリンク

常に

 

/bin

 

root

root

755

chroot 環境ディレクトリ

 

オンデマンド

 

/dev

 

root

root

755

 

/etc

 

root

root

755

 

/lib

 

root

root

755

 

/tmp

 

root

root

755

 

/usr

 

root

root

755

 

/var

 

root

root

755

 

/web_users

 

root

root

755

ウェブユーザのディレクトリ

オンデマンド

 

 

/<web_user>

user

psaserv

750

ウェブユーザディレクトリ

オンデマンド

 

/<subdomain>

 

user

psaserv

750

サブドメインの HTTP および HTTP ドキュメント

オンデマンド

 

/<domain>

 

user

psaserv

750

追加ドメインの HTTP および HTTP ドキュメント

オンデマンド

注: /httpdocs ディレクトリおよびその下位にある /cgi-bin ディレクトリには owner:psaserv 所有権が必要です。/httpdocs ディレクトリ内の他のすべてのファイルとディレクトリには owner:psacln 所有権が必要です。

次の表は、/var/www/vhosts/system/<vhost> に仮想ホスト用に作成されるディレクトリの一覧です。

   ディレクトリツリー ユーザ グループ パーミッション 説明 作成

/<VHOST>

 

 

root

psaserv

744

 

常に

 

/conf

 

root

psaserv

750

構成ファイル

常に

 

/etc

 

root

root

755

構成ファイル

常に

 

/logs

 

psaadm

root

700

仮想ホストログ

常に

 

/pd

 

root

psaserv

710

保護ディレクトリのパスワード

常に

 

 

d..<dir1>@<dir2>

root

psaserv

310

 

常に

 

/statistics

 

root

psaserv

550

統計ディレクトリ

常に

 

 

/anon_ftpstat

root

root

755

匿名 FTP 統計

常に

 

 

/ftpstat

root

root

755

FTP ユーザ統計

常に

 

 

/logs

root

root

777

/logs へのリンク

常に

 

 

/webstat

root

root

755

HTTP ユーザ統計

常に

 

 

/webstat-ssl

root

root

755

HTTPS ユーザ統計

常に

旧バージョンとの違い

上記の構造は Plesk 11.5 で導入されました。以前の Plesk バージョンでの構造とは、以下のような相違点があります。

  • 一部のディレクトリがオンデマンドで作成されるようになっています。以前は、すべてのディレクトリがデフォルトで作成されました。
  • 以下のディレクトリが /var/www/vhosts/<VHOST> から /var/www/vhosts/system/<VHOST> に移動しています。
古いロケーション 新しいロケーション コメント

/<VHOST>/conf

/system/<VHOST>/conf

構成ファイル

/<VHOST>/pd

/system/<VHOST>/pd

保護ディレクトリのパスワード

 

/<VHOST>/statistics

/system/<VHOST>/statistics

統計ディレクトリ

 

/<VHOST>/statistics/logs

/system/<VHOST>/logs

仮想ホストログ

  • 以下のディレクトリは、Plesk 仮想ホストに含まれません。
    • /httpsdocs
    • /subdomains
    • /private