PHP をインストールする

Plesk は、追加設定なしで複数の PHP バージョンとハンドラタイプをサポートできます。このトピックでは、Plesk 管理者がサーバに PHP をインストールする方法を説明します。

PHP のインストール/アンインストール

サーバに特定の PHP バージョンをインストールするか、サーバからいずれかの PHP バージョンをアンインストールするには、次の手順に従います。

  1. [ツールの設定]>[アップデートとアップグレード]に進み、[コンポーネントを追加/削除]タブを開きます。
    • (Plesk for Linux)[Web hosting]セクションを展開し、[PHP interpreter versions]セクションを展開します。
    • (Plesk for Windows)[Plesk hosting features]セクションを展開します。
  2. ここで、現在インストールされている PHP バージョンには緑色のチェックボックスアイコンが表示され、現在インストールされていないバージョンには赤いバツ印が表示されます。インストールしたい PHP バージョンを選び、そのアイコンをクリックして[Install]をクリックします。アンインストールしたい PHP バージョンを選び、そのアイコンをクリックして[Remove]をクリックします。以下の画面では、PHP 7.1 がインストール対象として選択されており、PHP 5.6 がアンインストール対象として選択されています。

  3. [Continue]をクリックして、選択した PHP バージョンのインストール/アンインストールを実行します。

追加 PHP バージョンをインストールするときはいつでも、Plesk が標準の PHP ハンドラタイプ(CGI、FastCGI、PHP-FPM)を自動的に構成します。

注:古い OS(CentOS 6.x など)で PHP-FPM ハンドラの使用を有効にするには、PHP-FPM support from OS vendor コンポーネントのインストールが必要になります。このコンポーネントは、[Web hosting]>[Nginx web server and reverse proxy server]セクションで[Add/Remove Components]タブにあります。

注:新しい OS(Debian 9 など)には、古い PHP バージョン(5.6 以前)をインストールできない可能性があります。これは、これらの OS に付属する最新鋭の OpenSSL バージョンに対応していないためです。

サーバにインストールされた PHP バージョンごとに、特定のハンドラタイプを顧客に対して使用可能/使用不可にすることができます(たとえば、PHP 7.1 では FastCGI と PHP-FPM の両方を使用可能にし、PHP 5.6 では PHP-FPM のみを使用可能にすることができます)。また、個々の PHP バージョンに対して PHP 設定を構成することもできます。