PHP ハンドラを構成する

Plesk は PHP スクリプティング言語に完全対応します。つまり、複数の PHP バージョンやハンドラタイプを追加設定なしでサポートします。このトピックでは、Plesk 管理者が顧客に対して PHP ハンドラタイプを使用可能にする方法と、PHP バージョンごとに PHP 設定を構成する方法を説明します。

顧客が使用できるハンドラタイプを設定する

特定の PHP バージョンとハンドラタイプの組み合わせを顧客に対して使用可能/使用不可にするには、[ツールと設定]>[PHP 設定]に進みます。サーバで使用できるすべての PHP バージョンとハンドラタイプの組み合わせが一覧表示されます。

PHP バージョン + ハンドラタイプの組み合わせの横の アイコンは、これが顧客に対して使用可能になっており、顧客が選択できることを示します。一方、 アイコンは、顧客に対して使用不可になっていることを示します。このアイコンをクリックして、特定の PHP バージョン + ハンドラタイプの組み合わせを使用可能/使用不可に設定します。PHP バージョンとハンドラタイプを自分のドメイン用に選択するパーミッションを持つ顧客であれば、使用可能に設定されている PHP バージョン + ハンドラタイプの組み合わせをどれでも選択することができます。PHP バージョン + ハンドラタイプの組み合わせの右横に、この組み合わせを使用しているドメインの数が表示されます。数字をクリックすると、この組み合わせを使用しているドメインが一覧表示されます。

セキュリティの強度とリソースの消費量は、ハンドラタイプによって様々です。この機能によって、顧客が特定のハンドラタイプや特定の PHP バージョンを使用することを禁止できます(これには、当該 PHP バージョンを使用する PHP バージョン + ハンドラタイプの組み合わせをすべて使用不可に設定します)。たとえば、デフォルトで CGI PHP ハンドラはすべての PHP バージョンに対して使用不可になっていますが、 特定の PHP バージョン(またはすべての PHP バージョン)に対しては使用可能にすることができます。どの PHP ハンドラを使用可能にすべきかわからない場合は、こちらで PHP ハンドラタイプの説明をお読みください。

 

PHP 拡張および設定

Plesk では、特定の PHP 拡張を有効化/無効化したり、様々な PHP 設定を手動で構成することができます。これらの設定は、PHP バージョンごとに構成することができます(たとえば、PHP 5.3 と PHP 5.4 でまったく異なる拡張を有効化することが可能)。また、設定はすべての PHP ハンドラタイプに適用されます(たとえば、PHP 5.3 に対して xdebug 拡張を有効化すると、ハンドラタイプが CGI、FastCGI、PHP-FPM のどれであっても、PHP 5.3 を使用するすべてのドメインに対してこの拡張が有効化されます)。

個別の PHP バージョンの PHP 設定を変更するには、[ツールと設定]>[PHP 設定]に進み、設定を変更したい PHP バージョンが含まれる PHP バージョン + ハンドラタイプの組み合わせの名前をクリックします。たとえば、PHP 5.3 の設定を変更したい場合、「5.3.3 Apache モジュール」または「5.3.3 FastCGI アプリケーション」のどちらかをクリックします。以下の PHP 設定を管理できます。

  • 事前定義されたリストから PHP 拡張を有効化/無効化する。
  • php.ini ファイルを編集して、必要な PHP 設定を構成する。

すべての変更内容は、該当する PHP バージョンを使用するすべてのウェブサイトに影響を与えます。PHP 設定を管理するパーミッションを持つ顧客は、自分のドメインとサブドメインの PHP 設定を構成することができます。ドメインレベルで構成した設定は、サーバ全体での共通設定より優先されます。