システムアップデート(Plesk for Linux のみ)

Plesk の UI から[システムアップデート]ツールを使用して、システムパッケージのアップデートをインストールできます。このツールは、yum apt など、OS パッケージマネージャのネイティブ機能を使用してアップデートをインストールします。これにより、パッケージを簡単に監視し、最新状態に保つことができます。さらに、Plesk UI は一部の Plesk 管理者にとってシステムパッケージを制御する唯一の方法となります。

システムアップデートツールは、以下の 2 つの目的で便利です。

  • OS パッケージの更新管理
  • Plesk に付属するサードパーティコンポーネント(PHP、Apache、Dovecot など)の更新管理。これらのコンポーネントのアップデートは、Plesk インストーラを使用してもインストールできますが、このガイドでは、これらをシステムアップデートの一部とみなします。これは Plesk のデフォルトの挙動です。

システムアップデートツールにより、以下の操作が可能です。

  • 使用可能なアップデートを表示する
  • 個別のパッケージ更新または一括パッケージ更新を管理する
  • パッケージをロックして自動更新を防ぐ
  • パッケージのロックを解除して自動更新を可能にする
  • 更新関連の通知を構成する

システムアップデートツールは、Plesk パッケージのアップデートをインストールすることはありません。この目的には Plesk インストーラを使用します。Plesk の更新については、「Plesk アップデート」を参照してください。

重要:更新中に何らかの問題が発生した場合、OS で提供されている方法で解決を試みてください。システムアップデートツールは、yum apt などのシステムパッケージマネージャのフロントエンドに過ぎません。そのため、発生する問題はシステムパッケージマネージャに関連すると考えられます。

この章の内容:

システムアップデートツールの使用を開始するには

システムアップデートのリポジトリを変更する

システムパッケージを更新する

通知をセットアップする

更新ログを表示する

システムアップデートツールを無効にする

 

システムアップデートツールの使用を開始するには

システムアップデートツールは Plesk でデフォルトで有効化されています。このツールは、[ツールと設定]>[サーバ管理]セクションの[システムアップデート]から使用できます。あるいは、[ツールと設定]>[アップデートとアップグレードの設定]>[使用可能なアップデート]および[すべてのパッケージ]タブからでもアクセスできます。

以前にシステムアップデートツールを無効化した場合、以下の方法で panel.ini を編集します。

[updates]
systemUpdatesTool = on

 

 

システムアップデートのリポジトリを変更する

セーフアップデート

安定性と信頼性のために、システムアップデートツールは各パッケージのアップデートを、このパッケージを最初にインストールしたリポジトリからインストールします。このモードを「セーフアップデート」と呼び、Plesk のデフォルトとなっています。

パッケージの更新に使用されるリポジトリを確認するには:

  1. [ツールと設定]>[アップデートとアップグレードの設定]>[すべてのパッケージ]タブを開きます。
  2. [パッケージ]列を見ます。各パッケージのリポジトリが()内に表示されます。

    System Updates_Repo

別のリポジトリからパッケージを更新する必要がある場合は、セーフアップデートを無効化してください。

  

セーフアップデートを無効化する

セーフアップデートを無効化すると、システムアップデートツールによって最初のパッケージと同じリポジトリからアップデートをインストールすることを保証できなくなります。この場合、yum、apt などのシステムパッケージマネージャにより、Plesk がない場合と同じ方法でアップデートが管理されます。したがって、システムで使用可能なリポジトリが他にあれば、そこからアップデートがインストールされる可能性があります。

セーフアップデートを無効化するには:

  1. [ツールと設定]>[システムアップデート]に進みます。
  2. [システムパッケージのセーフアップデートを有効化]オプションをクリアします。

    safe_updates_option

  

別のリポジトリに切り替える

  1. セーフアップデートを無効化します。
  2. パッケージを更新します。
  3. セーフアップデートを有効化します。パッケージのアップデートが別のリポジトリからインストールされると、システムアップデートツールはこの新しいリポジトリをパッケージの更新に使用するようになります。[すべてのパッケージ][パッケージ]列にはこのリポジトリが表示されます。

  

不明なリポジトリ

インストールされたパッケージのソースリポジトリが不明である場合、このパッケージは以下のいずれかのリポジトリからのパッケージによって更新されます。

  • システムリポジトリ:たとえば、CentOS、RedHat Enterprise Linux、CloudLinux の場合は ID が "base" または "update" のリポジトリ。Debian、Ubuntu の場合はそれぞれ origin が "Debian"、"Ubuntu" のリポジトリ
  • Plesk リポジトリ:たとえば、CentOS、RedHat Enterprise Linux、CloudLinux の場合は ID の先頭が "PLESK_" のリポジトリ。Debian、Ubuntu の場合は origin が "Plesk" のリポジトリ

  

異なるリポジトリからのアップデートを禁止する

安全ではないアップデートを許可するために使用できる[システムパッケージのセーフアップデートを有効]オプションを非表示にすることによって、安全ではないアップデートを禁止することができます。このオプションは、[ツールと設定]>[システムアップデート]>[セーフアップデート]にあります。

以下の方法で panel.ini を編集します。

  • [システムパッケージのセーフアップデートを有効化]オプションを非表示にするには:
[updates]
safeUpdatesManagement = false
  • Plesk に[システムパッケージのセーフアップデートを有効化]チェックボックスを表示するには:
[updates]
safeUpdatesManagement = true

:現時点では、パッケージリポジトリの追加や削除はできません。ただし、サーバへの root アクセス権があれば、パッケージマネージャ yumapt の通常の場合と同様に、リモートリポジトリを登録することができます。

 

システムパッケージを更新する

システムアップデートツールはアップデートを毎日確認し、パッケージ一覧と Plesk ホームページに更新情報を表示します。また、構成されていれば、通知も送信されます。

システムパッケージを自動的に更新するには:

  1. [ツールと設定]>[サーバ管理]>[システムアップデート]>[設定]に進みます。

    あるいは、[ツールと設定]>[アップデートとアップグレードの設定]に進みます。

  2. [システムパッケージのアップデートを自動インストールする]を選択します。
  3. (オプション、非推奨)セーフアップデートを無効化するかどうかを指定します。詳しくは、「システムアップデートのリポジトリを変更する」を参照してください。
  4. (オプション)インストールされたアップデートに関する通知を受信するには、通知設定を指定します。

    System_Updates

システムパッケージを手動で更新するには:

  1. [ツールと設定]>[サーバ管理]>[システムアップデート]>[使用可能なアップデート]に進みます。

    リスト内の各パッケージについて、以下の情報を参照できます。

    • 使用可能なアップデートの詳細。表示するには、[アップデート]列でアップデートをクリックします。
    • パッケージの詳細。表示するには、[パッケージ]列でそのパッケージの名前をクリックします。
  2. すべてのパッケージまたは選択したパッケージを更新します。
    • アップデートが使用可能なパッケージをすべて更新するには、[すべて更新]をクリックします。
    • 特定のパッケージを更新するには、一覧からパッケージを 1 つ以上選択して[更新]をクリックします。

ロックされたパッケージを更新するには:

一部のパッケージがロックされていても、更新は可能です。

  1. [システムアップデート][更新](選択したパッケージのみを更新する場合)または[すべて更新]をクリックします。
  2. [パッケージを更新]ウィンドウで[パッケージをロック解除して、このアップデートのみを許可する]オプションをオンにします。

パッケージをロックして更新を防ぐには:

[ツールと設定]>[システムアップデート]で、パッケージを 1 つ以上選択して[ロック]をクリックします。

ロックされたパッケージは、システムアップデートでの自動更新中に自動的に更新されませんが、手動で更新することはできます。これには、これらを選択して[更新]をクリックし、[パッケージをロック解除して、このアップデートのみを許可する]をオンにします。この他にこのようなパッケージを更新する方法としては、OS のネイティブ機能を使用します。

ロックされたパッケージに依存するパッケージが他にある場合は、ロックされたパッケージの更新を許可するかどうか Plesk から確認があります。

パッケージのロックを解除して更新可能にするには:

[ツールと設定]>[システムアップデート]で、ロックされたパッケージを 1 つ以上選択して[ロック]をクリックします。

 

通知をセットアップする

Plesk パッケージおよびシステムパッケージのアップデートについて Plesk から通知を受けることができます。自動更新をオフにした場合でも、使用可能なアップデートについての通知が Plesk に表示されます。

設定を構成するには、[ツールと設定]>[システムアップデート]>[設定]>[通知]セクションの順に選択します。

 

更新ログを表示する

システムパッケージアップデートのログは /var/log/plesk/systemupdatestool.log にあります。

アップデートについて以下の詳細を参照できます。

  • 使用されたコマンド
  • システムパッケージマネージャからの出力
  • 処理の結果
 

システムアップデートツールを無効にする

システムアップデートツールを無効にするには、panel.ini に以下の行を追加します。

[updates]
systemUpdatesTool = off

システムアップデートツールを無効にすると、Plesk ユーザインターフェースに[ツールと設定]>[システムアップデート]セクションが表示されません。[ツールと設定]>[アップデートとアップグレードの設定]セクションは引き続き表示されますが、[システムアップデート]に関連するタブ(つまり[使用可能なアップデート]タブと[すべてのパッケージ]タブ)は表示されません。