システムアップデート(Plesk for Linux のみ)

Plesk の UI から[システムアップデート]ツールを使用して、システムパッケージのアップデートをインストールできます。このツールは、yum apt など、OS パッケージマネージャのネイティブ機能を使用してアップデートをインストールします。これにより、パッケージを簡単に監視し、最新状態に保つことができます。さらに、Plesk UI は一部の Plesk 管理者にとってシステムパッケージを制御する唯一の方法となります。

システムアップデートツールは、以下の 2 つの目的で便利です。

  • OS パッケージの更新管理
  • Plesk に付属するサードパーティコンポーネント(PHP、Apache、Dovecot など)の更新管理。これらのコンポーネントのアップデートは、Plesk インストーラを使用してもインストールできますが、このガイドでは、これらをシステムアップデートの一部とみなします。これは Plesk のデフォルトの挙動です。

システムアップデートツールにより、以下の操作が可能です。

  • 使用可能なアップデートを表示する
  • 個別のパッケージ更新または一括パッケージ更新を管理する
  • パッケージをロックして自動更新を防ぐ
  • パッケージのロックを解除して自動更新を可能にする
  • 更新関連の通知を構成する

システムアップデートツールは、Plesk パッケージのアップデートをインストールすることはありません。この目的には Plesk インストーラを使用します。Plesk の更新については、「Plesk アップデート」を参照してください。

重要:更新中に何らかの問題が発生した場合、OS で提供されている方法で解決を試みてください。システムアップデートツールは、yum apt などのシステムパッケージマネージャのフロントエンドに過ぎません。そのため、発生する問題はシステムパッケージマネージャに関連すると考えられます。

この章の内容:

Starting to Use the System Updates Tool

Changing the Repositories of System Updates

システムパッケージを更新する

通知をセットアップする

更新ログを表示する

Disabling the System Updates Tool

 

Starting to Use the System Updates Tool

The System Updates tool is enabled in Plesk by default. It is located in Tools & Settings > the Server Management section > System Updates. Alternatively, you can access it in Tools & Settings > Update and Upgrade Settings > the Available Updates and All Packages tabs.

If you previously disabled the System Updates tool, then edit panel.ini in the following way:

[updates]
systemUpdatesTool = on

 

 

Changing the Repositories of System Updates

Safe Updates

For stability and reliability reasons, the System Updates tool installs updates for each package from the repository from which this package was initially installed. Such a mode is called safe updates and is used in Plesk by default.

To view which repository is used to update a package:

  1. Go to Tools & Settings > Update and Upgrade Settings > the All Packages tab.
  2. Look at the Package column. For each package, the repository is displayed in the round brackets.

    System Updates_Repo

If you need to update a package from a different repository, disable safe updates.

  

Disabling Safe Updates

If you disable safe updates, the System Updates tool no longer ensures that the updates are installed from the same repository as an initial package. The system package manager, such as yum or apt, manages updates in this case in the same way as it does without Plesk. Therefore, if there are other repositories available in the system, updates can be installed from them.

To disable safe updates:

  1. Go to Tools & Settings > System Updates.
  2. Clear the option Enable safe updates for system packages.

    safe_updates_option

  

Switching to Another Repository

  1. Disable safe updates.
  2. Update the package.
  3. Enable safe updates. If updates for the package were installed from a different repository, the System Updates tool will use the new repository for updating this package. The repository is displayed in the Packages column in All Packages.

  

Unknown Repositories

If the source repository of an installed package is unknown, the package can be updated with a package from one of the following repositories:

  • System repositories (such as the repositories with the "base" or "update" ID on CentOS, RedHat Enterprise Linux, or CloudLinux, or with the "Debian" or "Ubuntu" origin on Debian and Ubuntu correspondingly);
  • Plesk repositories (such as the repositories with the ID beginning with "PLESK_" on CentOS, RedHat Enterprise Linux, or CloudLinux, or the "Plesk" origin on Debian or Ubuntu).

  

Prohibiting Updates from Different Repositories

To prohibit unsafe updates, you can hide the option Enable safe updates for system packages, which can be used to allow unsafe updates. This option is located in Tools & Settings > System Updates > Safe Updates.

Edit panel.ini in the following way:

  • To hide the option Enable safe updates for system packages:
[updates]
safeUpdatesManagement = false
  • To make Plesk show the checkbox Enable safe updates for system packages:
[updates]
safeUpdatesManagement = true

Note: At the moment, you cannot add or remove a package repository. But if you have a root access to the server you can register a remote repository as it is usually done for package managers, such as yum or apt.

 

システムパッケージを更新する

システムアップデートツールはアップデートを毎日確認し、パッケージ一覧と Plesk ホームページに更新情報を表示します。また、構成されていれば、通知も送信されます。

システムパッケージを自動的に更新するには:

  1. [ツールと設定]>[サーバ管理]>[システムアップデート]>[設定]に進みます。

    あるいは、[ツールと設定]>[アップデートとアップグレードの設定]に進みます。

  2. [システムパッケージのアップデートを自動インストールする]を選択します。
  3. (オプション、非推奨)セーフアップデートを無効化するかどうかを指定します。詳しくは、「システムアップデートのリポジトリを変更する」を参照してください。
  4. (オプション)インストールされたアップデートに関する通知を受信するには、通知設定を指定します。

    System_Updates

システムパッケージを手動で更新するには:

  1. [ツールと設定]>[サーバ管理]>[システムアップデート]>[使用可能なアップデート]に進みます。

    リスト内の各パッケージについて、以下の情報を参照できます。

    • 使用可能なアップデートの詳細。表示するには、[アップデート]列でアップデートをクリックします。
    • パッケージの詳細。表示するには、[パッケージ]列でそのパッケージの名前をクリックします。
  2. すべてのパッケージまたは選択したパッケージを更新します。
    • アップデートが使用可能なパッケージをすべて更新するには、[すべて更新]をクリックします。
    • 特定のパッケージを更新するには、一覧からパッケージを 1 つ以上選択して[更新]をクリックします。

ロックされたパッケージを更新するには:

一部のパッケージがロックされていても、更新は可能です。

  1. [システムアップデート][更新](選択したパッケージのみを更新する場合)または[すべて更新]をクリックします。
  2. [パッケージを更新]ウィンドウで[パッケージをロック解除して、このアップデートのみを許可する]オプションをオンにします。

パッケージをロックして更新を防ぐには:

[ツールと設定]>[システムアップデート]で、パッケージを 1 つ以上選択して[ロック]をクリックします。

ロックされたパッケージは、システムアップデートでの自動更新中に自動的に更新されませんが、手動で更新することはできます。これには、これらを選択して[更新]をクリックし、[パッケージをロック解除して、このアップデートのみを許可する]をオンにします。この他にこのようなパッケージを更新する方法としては、OS のネイティブ機能を使用します。

ロックされたパッケージに依存するパッケージが他にある場合は、ロックされたパッケージの更新を許可するかどうか Plesk から確認があります。

パッケージのロックを解除して更新可能にするには:

[ツールと設定]>[システムアップデート]で、ロックされたパッケージを 1 つ以上選択して[ロック]をクリックします。

 

通知をセットアップする

Plesk パッケージおよびシステムパッケージのアップデートについて Plesk から通知を受けることができます。自動更新をオフにした場合でも、使用可能なアップデートについての通知が Plesk に表示されます。

設定を構成するには、[ツールと設定]>[システムアップデート]>[設定]>[通知]セクションの順に選択します。

 

更新ログを表示する

システムパッケージアップデートのログは /var/log/plesk/systemupdatestool.log にあります。

アップデートについて以下の詳細を参照できます。

  • 使用されたコマンド
  • システムパッケージマネージャからの出力
  • 処理の結果
 

Disabling the System Updates Tool

To disable the System Updates tool, add the following lines to panel.ini:

[updates]
systemUpdatesTool = off

When the System Updates tool is disabled, the Tools & Settings > System Updates section is not displayed in the Plesk user interface. The section Tools & Settings > Update and Upgrade Settings is still available, but the tabs related to System Updates are not displayed (namely, the Available Updates and All Packages tabs).

 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.