Panel.ini 構成ファイル

Plesk および各種 Plesk 拡張の挙動の中には、GUI、XML API、コマンドラインでは管理できない要素もあります。これらは構成ファイル panel.ini で制御します。たとえば、このファイルを編集して、以下のことが可能です。

  • 「root」または「Administrator」ユーザによる Plesk へのログインを禁止する。
  • Plesk に登録された IP アドレスを非表示にする。これらはインターフェースに表示されず、契約やリセラーに紐付けられなくなります。
  • 拡張カタログ用にカスタム URL を指定する。

panel.ini ファイルは以下の場所にあります。

  • (Plesk for Linux) /usr/local/psa/admin/conf/panel.ini
  • (Plesk for Windows) %plesk_dir%\admin\conf\panel.ini

サーバにこのファイルがない場合、指定された場所に空のファイルを作成して、panel.ini という名前にします。また、同じディレクトリにある panel.ini.sample ファイルの名前を panel.ini に変更することもできます。これにより、参照用に使用できるさまざまな事前構成済みの設定がファイルに含まれるようになります。

このセクションの内容:

panel.ini 内の設定を構成する

デフォルト設定を復元する

参考情報

 

panel.ini 内の設定を構成する

panel.ini ファイルで設定を構成するには、以下のいずれかの方法でファイルを編集する必要があります。

  • テキストエディタで panel.ini ファイルを編集します。
  • Panel.ini Editor 拡張インストールし、Plesk GUI で panel.ini ファイルを編集するために使用します。

選択したオプションに関わらず、panel.ini ファイルで 1 つ以上の設定を構成するには、以下のパターンに従ってエントリを追加する必要があります。

[Section name]
Setting name = Value

注:設定がブール値('yes' または 'no')をとる場合、'true'、'on'、または 'yes' を使用して有効にでき、'false'、'off'、'no'、または 'none' を使用して無効にできます。

変更はファイルを保存するとすぐに有効になります。サービスを再起動する必要はありません。

たとえば、IP アドレス禁止(Fail2Ban)を無効にするには、panel.ini ファイルに以下の行を追加します。

[fail2ban]
enabled = false

この結果、IP アドレス禁止(Fail2Ban)[ツールと設定]画面の[セキュリティ]グループに表示されなくなり、CLI コマンドを使用して管理することもできなくなります。

panel.ini ファイルで構成できるすべての設定は、事前定義されたセクションに属しています。設定をカスタマイズするには、panel.ini ファイル内のこの設定が属するセクションに追加する必要があります。個々のセクションを複数回追加しないでください。1 つのセクションに属する複数の設定をカスタマイズするには、このセクションを 1 つだけ追加して、カスタマイズしたいすべての設定をこの中に記述します。

たとえば、アプリケーションカタログの URL をカスタマイズし、アプリケーションカタログのカスタマイズを有効にするには、panel.ini ファイルに以下の行を追加します。

[aps]
catalogUrl = "http://catalog.pp.plesk.ru"
catalogsCustomization = on

Panel.ini Editor 拡張を使用して設定を構成するには、[拡張]>[自分の拡張]> Panel.ini Editor >[拡張に移動]の順に選択します。

ここで、[Viewer]タブに、panel.ini ファイルで管理できるすべての設定がセクション別に表示されます。[Setting]列にはマシン読み取り可能なパラメータ名が、[Value]列には現在割り当てられている値が表示されます。

panel.ini ファイルに追加されているパラメータは太字で表示されます。値がカスタマイズされたパラメータの場合、現在割り当てられている値の横に、デフォルト値が括弧で括られて表示されます。たとえば、上のスクリーンショットの場合、パラメータ "catalogUrl" にはデフォルト値("http://apps.plesk.com")の代わりに値 "http://apps.example.com" が割り当てられています。

特定のパラメータを検索するには、 ボタンをクリックして検索メニューを開きます。

panel.ini ファイルを編集するには、[Editor]タブを開き、上の説明に従ってエントリを追加します。

 

デフォルト設定を復元する

panel.ini ファイルを使用してカスタマイズした設定をデフォルト値に戻すには、ファイルを編集用に開き、該当する行を削除するか、該当する行の先頭に「;」文字を追加してコメントアウトします。

[fail2ban]
; enabled = false

設定は、ファイルを保存するとすぐにデフォルト値に戻ります。

panel.ini ファイルを使用してカスタマイズしたすべての設定をデフォルト値に戻すには、以下のいずれかを行います。

  • SSH または RDP 経由でサーバにログインして、panel.ini ファイルを削除するか、ファイル名を変更する。
  • Panel.ini Editor 拡張を開き、[Reset to defaults]をクリックします。
 

参考情報

ここでは、panel.ini ファイルで導入できるカスタマイズ関連のユーザシナリオをいくつか紹介します。これはすべてではありません。特定の Plesk 拡張の動作をカスタマイズするには、panel.ini ファイルを使用します。詳しくは拡張のドキュメントを参照してください。