メールキュー(Linux)

サーバから送受信されたメールは、メールキューを通過します。様々な理由から、このキューにメッセージが滞留する場合があります。大量のメッセージがキューに滞留すると、メールサーバの誤作動を引き起こす場合があります。Plesk for Linux には、メールキューを監視し、キューからメッセージを個別または一括で削除する機能があります。

現在キューに含まれるメッセージをすべて表示するには、[ツールと設定]>[メールサーバ設定][メール]グループ内)に進み、[メールキュー]タブを開きます。特定のメッセージを探している場合、 アイコンをクリックして検索ツールバーを開きます。キューから削除したいメッセージを見つけたら、チェックボックスをオンにして[削除]をクリックします。あるいは、[クリア]をクリックすると、現在キューに含まれるすべてのメッセージが削除されます。クリアオプションを使用すると、現在キューに含まれるメッセージが、悪意あるものも正当なものも含めてすべて消去されるため、慎重に使用する必要があります。

この機能が役に立つシナリオには、送信メッセージの不達または大幅な遅配について顧客が苦情を申し立てている状況があります。このような場合、サーバがスパムを発信しており、キューが詰まっていることが考えられます。遅延キューで疑わしいメッセージをチェックしてください。遅延キューでスパムメッセージを見つけたら、アウトバウンドスパムフィルタをセットアップすることをお勧めします。遅延キューにスパムが見つからず、未送信のメッセージが大量に含まれている場合、メールサーバで問題が発生していることが考えられます。Plesk 修復ツールを使用してメールサーバの問題を自動的に解決することをお勧めします。