プランに顧客の契約を作成する

課金自動化ソリューションを使用しない場合、Plesk で顧客へのサービス提供を開始するには、顧客アカウントを作成して、サービスプランにこの顧客の契約を作成する必要があります。各ユーザは一度に複数のサービスプランの契約を持つことができます。これらは、カスタム契約でも、異なるアドオンプランやサービスプランに紐付けられたサービス契約でも構いません。

一般に、新しい顧客の契約を作成するときには、顧客アカウントの作成とともに最初の契約が作成されます。ただし、契約なしで顧客アカウントを作成することもできます。現時点で顧客用にウェブサイトをセットアップする必要がなく、他の顧客アカウントから契約を移管したい場合や、後で契約をセットアップしたい場合などに、この機能が便利です。ただし、契約を持たない顧客はコントロールパネルにログインできません。

契約なしで顧客アカウントを新規作成するには:

  1. [顧客]に進み、[顧客を追加]をクリックします。

    Customer_create

  2. 顧客の連絡先および課金情報と、顧客パネルアカウントのユーザ名およびパスワードを指定します。
  3. [顧客に契約を作成]チェックボックスをオフにします。
  4. [OK]をクリックします。

サービスプランに(オプションでアドオンにも)新しい顧客の契約を作成するには:

  1. [顧客]に進み、[顧客を追加]をクリックします。
  2. 顧客の連絡先/課金情報、ユーザ名とパスワード、契約に紐付けられるドメインの属性を指定します。
  3. 契約を紐付けるサービスプランを選択します。
  4. 追加したいものがあれば、アドオンプランを選択します。
  5. [...契約パラメータのカスタマイズに進む...]チェックボックスはオフにしておきます。
  6. [OK]をクリックします。

    Customer_subscribe

特定の条件でサービスプランやアドオンに新しい顧客の契約を作成するには(プランに紐付けられた契約のカスタマイズ):

  1. [顧客]に進み、[顧客を追加]をクリックします。
  2. 顧客の連絡先/課金情報、ユーザ名とパスワード、契約に紐付けられるドメインの属性を指定します。
  3. サービスプランとアドオンを選択します。
  4. [...契約パラメータのカスタマイズに進む...]チェックボックスをオンにします。
  5. [OK]をクリックします。

    顧客アカウントと契約が作成され、Plesk でこれらの契約プロパティをリソースおよびパーミッションとしてカスタマイズできるようになります。ホスティング、メール、DNS サービスパラメータのカスタマイズは、サーバ管理パネルでは実行できません。

  6. 契約のプロパティをカスタマイズします。
  7. [更新してロック]をクリックします。

    カスタマイズされた契約は同期に対してロックされます。つまり、サービスプランやアドオンが変更されても同期されません。詳しくは、「プランと契約の関係」セクションを参照してください。

特定の条件で自社のサービスに新しい顧客の契約を作成するには(カスタム契約の作成):

  1. [顧客]に進み、[顧客を追加]をクリックします。
  2. 顧客の連絡先/課金情報、ユーザ名とパスワード、契約に紐付けられるドメインの属性を指定します。
  3. [サービスプラン]の横で[なし]を選択します。

    契約プロパティは、Plesk のデフォルトサービスプランに従って設定されます。

  4. [...契約パラメータのカスタマイズに進む...]チェックボックスをオンにしておきます。
  5. [OK]をクリックします。

    顧客アカウントとそのカスタム契約が作成されます。カスタム契約については、「プランと契約の関係」セクションを参照してください。

    Plesk では、これらの契約プロパティを、リソースおよびパーミッションとしてカスタマイズすることができます。ホスティング、メール、DNS サービスパラメータのカスタマイズは、サーバ管理パネルでは実行できません。

  6. 契約のプロパティをカスタマイズします。
  7. [OK]をクリックします。

自らのウェブサイトとメールをホスティングするために契約を追加するには:

  1. [契約]に進み、[契約を追加]をクリックします。
  2. 契約、サービスプラン、アドオンでプロビジョニングするドメインの属性を指定します。
  3. オプションで、[...契約パラメータのカスタマイズに進む...]チェックボックスをオンにします。
  4. [OK]をクリックします。

ホスティングにファイルを転送するために Git サポートを有効化するには:

  1. [契約]に進み、[契約を追加]をクリックします。
  2. 契約、サービスプラン、アドオンでプロビジョニングするドメインの属性を指定します。
  3. [ホスティングへコピーするファイル]セクションで[Git サポートを有効化]をオンにします。

    Plesk は契約のドメイン用に Git リポジトリを作成します。このリポジトリを使用して、ターゲットパブリックディレクトリへファイルが転送されます。コードを保存する場所に応じて、以下の 2 種類の Git リポジトリのいずれかを選択できます。

    1. GitHub や BitBucket などのリモート Git ホスティング: この場合、このリモートリポジトリに変更を送信すると、Plesk がリモートリポジトリから変更をプルしてウェブサイトにデプロイします。このシナリオは、既に GitHub(github.com)や BitBucket(bitbucket.org)などのリモートリポジトリを使用している場合に便利です。
    2. ワークステーションのローカルリポジトリ: この場合、ローカルリポジトリから Plesk へ変更を送信すると、Plesk によってこの変更がウェブサイトにデプロイされます。
  4. Git リポジトリのプロパティを指定します(詳しくは「Git のサポート」を参照してください)。
  5. [OK]をクリックします。

注: Git サポートを無効にしておき、後でドメインの設定に Git リポジトリを追加することもできます。

Create_customer_git