サブドメインの DNS ゾーン

Plesk では、各サブドメインに独自の DNS ゾーンを設定することができます。これらのサブドメインゾーンは、特定のサブドメインにカスタムネームサーバを指定したい場合や、ドメインの DNS レコードの一部を下位のゾーンに移し、レコードを短くしたい場合に便利です。基本的に、サブドメインの DNS ゾーンによって、ドメインのすべての DNS 機能をサブドメインレベルでも使用できます。

デフォルトで、Plesk はサブドメイン用に個別の DNS ゾーンを作成しません。ただし、以下のコマンドを使用すれば、この機能を試すことができます。

server_pref -u -subdomain-dns-zone own

この機能を無効化するには、以下のコマンドを実行します。

server_pref -u -subdomain-dns-zone parent

Plesk ユーティリティの実行については、以下のマニュアルを参照してください。

注: バージョン 10.4 の MU #9 までは、サブドメインに DNS ゾーンを作成するのがデフォルトの挙動でした。10.4 に MU #9 を適用した場合、この機能はアクティブなまま残されますが、それ以外の場合、サブドメインに個別ゾーンを作成しないのがデフォルトの挙動となります。

サブドメインゾーンをオフにした場合、顧客は特定のサブドメインゾーンの Plesk コントロールを無効化/有効化することによって親ドメインの DNS ゾーンを変更します。[ウェブサイトとドメイン]> <ドメイン名> > [DNS 設定]>[有効化]または[無効化]を選択すると、以下の状況が考えられます。

有効

親ドメインの DNS ゾーンに影響を与えない。

 

無効化

サブドメイン用に新しい DNS ゾーンが作成され、このサブドメインに紐付けられたすべての DNS レコードが親ドメインの DNS ゾーンから削除される。

このサブドメインの A レコードと AAAA レコードのみが親ドメインの DNS ゾーンに追加される。

 

 

Leave your feedback on this topic here

If you have questions or need support, please visit the Plesk forum or contact your hosting provider.
The comments below are for feedback on the documentation only. No timely answers or help will be provided.