スキンおよびカラースキーム 拡張を使用すれば、Plesk インターフェースの外観をクリック 1 つで変更できます。

カラースキームを変更するには:

  1. [拡張][Skins and Color Schemes] を選択し、Plesk インターフェースに適用したいカラースキームを選択します。このページには、Plesk Onyx および Plesk 12.5 用に事前定義されたカラースキームが多数表示されます。Plesk 12.0 のカラースキームに変更するには、 [Plesk 12.0 のカラースキームに切り替える] リンクをクリックします。

    image-78088.png

  2. Plesk インターフェース要素に独自の色を指定したい場合、空の四角をクリックして、ナビゲーション背景、選択中のメニューアイテム、強調表示された要素の色を選びます。

    image-78089.png

この拡張でカラースキームを変更できるのは管理者のみです。デフォルトで、リセラーには選択されているカラースキームが継承されます。特定のリセラーのカラースキームを変更する必要がある場合は、以下の手順が追加で必要です。

特定のリセラーのカラースキームを変更するには:

  1. [拡張][Skins and Color Schemes] を選択し、リセラーのユーザインターフェースに適用したいカラースキームを選択します。

  2. Plesk サーバに管理者として接続し、コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

    plesk bin branding_theme -p -name <theme name> -vendor admin -destination <path/filename.zip>
    

    ここで <theme name> とは、Plesk テーマの名前です。選択したカラースキームが [Skins and Color Schemes] ページの [ダーク] 列に表示されている場合、テーマ名は heavy-metal にする必要があります。選択したカラースキームが [ライト] 列に表示されている場合、テーマ名は sunny-day にする必要があります。Plesk 12.0 用のカラースキームを選択した場合、テーマ名は plesk-12-0 にする必要があります。例:

    plesk bin branding_theme -p -name sunny-day -vendor admin -destination /usr/local/psa/tmp/theme.zip
    
  3. 受信したアーカイブを展開して meta.xml ファイルを開き、 <name> 要素の値を変更します。たとえば、 <name>sunny-day</name><name>sunny-day-reseller</name> に変更します。

  4. 以下のコマンドを実行して、変更したカラースキームをリセラーにインストールします。

    plesk bin branding_theme --install -vendor <reseller's name> -source <path/filename.zip>
    

    例:

    plesk bin branding_theme --install -vendor "reseller1" -source /usr/local/psa/tmp/theme.zip
    
  5. [拡張]> [Skins and Color Schemes] でカラースキームを元に戻します。